« 季節の道具 | トップページ | オバマ大統領が広島へ »

2016年5月10日 (火)

「人の噂も七十五日」の‘75’とは

「人の噂も七十五日」ということわざが有りますが、改めて考えるとここに出てくる「75日」とは中途半端であり、とても不思議な思いにに駆られるものです。

「75日」とは、どういう根拠か?との答えの結論を先に言うと・・・なんと「にはこれといって深い意味がない」ということのようですが、それに続いて「・・一説によると・・」という但し書きが付随してきます。

さてその諸説とは?

    <諸 説>

  1. 野菜などの種をまいて収穫するまで約75日かかると言う事で、ひとつの区切りとして75日になった。
  2. 昔は、春夏秋冬の他に、その四季の境ににあたるところの「土用」(18日間×4季節=72日間)を含めた五季節という考え方があり、1年の“365日”を5で割ると73になることから転じた。
  3. 『二十四節季』では一節季がほぼ『15日』で、『五節季(75日)も過ぎる頃には季節もまったく違う物になっている』ということを意味する。
  4. 中国の陰陽道の影響で、七や五はめでたい数字とされて、噂というのはそのめでたい「七」や「五」がつく日には消えているだろうとした。
  5. 昔の暦は春夏秋冬の一つの季節の期間が年によって70~75日あることから由来。

この説の中でよく出ているのは1番と2番の説ですが、2番の説には決定的な間違いがあります。
日本の旧暦の1年は「35日(閏年=35日)」が正しく、365日は西暦の1年ですから誤りです。

さて、鎌倉時代後期(西暦の14世紀前半)に書かれた『源平盛衰記』の中に「人の上は‘日’こそ申すなれ」とあるそうで、「人の上(ひとのうえ)とは「人事・他人事」の意味で、古い時代には「出来事も‘100日’もあれば忘れられてしまう」と言うようなことが記載があるそうです。

それが‘75日’として出てくるのが江戸時代になるようで、文政13年(1830)に書かれた『人情本・春色辰巳園』の記述↓

人の噂も七十五日、過ぎた昔は兎も角も、今じゃあ実の兄弟どうぜん」

そして、明治19年(1886)作の歌舞伎『盲長屋梅加賀鳶』の五幕↓

「たとへ世間でとやかうとおまえの事を言はうとも、人の噂も七十五日、僅か一月か二月だ」

と言う記述が出てくるそうです。

いずれにしても、最初に結論を言ったように大した意味は無く‘熱しやすく冷めやすい江戸っ子は「2ヶ月半」もあれば同じ内容の噂話には飽きて、新たな話題に移っていく’という意味なんだろうと思うことにしました。

|

« 季節の道具 | トップページ | オバマ大統領が広島へ »

コメント

そんな説があるとは・・・
単に語呂が良いからだと思っていました。

投稿: もうぞう | 2016年5月17日 (火) 19:24

もうぞうさんへ

案外、「ごろあわせ」のほうが正しいのかもしれませんよ

投稿: 玉井人ひろた | 2016年5月17日 (火) 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人の噂も七十五日」の‘75’とは:

« 季節の道具 | トップページ | オバマ大統領が広島へ »