« クマ出没 | トップページ | 「3本の矢」・・・は架空のお話し »

2016年5月27日

オバマ大統領の広島訪問

戦後に現職アメリカ大統領が原爆投下地の広島記念公園に訪問したことは、これから日本歴史上の最も重大な出来事の一つとなっていくことだろうことは間違いないでしょう。

中継を視ていた私は、その感情の説明はうまくできませんが、しいて言えば‘意味も無く’涙がとめどなく溢れて止まりませんでした。

やっと太平洋戦争が終わったような、そんな気にもなりました。

大統領のスピーチの内容にに関しては、演説作家が書いたものでしょうから、大統領らしいものだったと思います。

ただ、その後の(集団的自衛権を認めた)安倍総理の挨拶は選挙を意識した思いが見え隠れし興ざめでした。
できるなら、オバマ大統領のスピーチだけで終了してもらいたかったです。

それより、私が最も印象に残ったのは、オバマ大統領が原爆ドームへ行く前に原爆資料館に寄ったときの表情です。

資料館に入る前はどこか(観光・好奇心的な)リラックスムードの表情だったのが、資料館から出てきたときの表情は未だかつてない険しい、悲痛とも言える顔に変化していました。

あの顔が、オバマ大統領の本音のすべてだった気がします。

そして、まるで世界中にマイクを通さず肉声を届けようとするかのような驚くほど大きな声の演説、それは演出なのかもしれないが、資料館を見学したことによって新たにしたオバマ大統領の強い思いだと信じたいです

広島市では数年前から独自の授業の取り組みとして、地元プロ野球球団の広島東洋カープについて考える授業」というものを行っているそうです。

その内容は、新聞資料の比較、順位と観客数の推移、ユニフォームやキャッチフレーズの変遷、ライバルチームの情報など、多種多彩で、現在広島市内の小学校142校で行われているというのです。

これは、子供たちが資料を読み解く思考力や文章を書く表現力を養うことが目的だそうです。

さらに「カープの歴史」を学ぶ授業があるらしい です。

たぶん、カープファンではない人、ましてやプロ野球に興味のない人は知らないでしょうが、広島カープの歴史=原爆です。

広島への原爆投下により荒廃した広島の人々が自発的に復興のシンボルとして、市民自らが寄付を募り作り上げたのが広島カープと言う球団です。

つまり、広島カープの歴史を学ぶことは、被爆体験を学ぶことになるのです。

そして今回のオバマ大統領の広島訪問は、カープの他にまた一つ原爆の被爆・被曝体験のの教本材料が増えたことになったのではないでしょうか。

|

« クマ出没 | トップページ | 「3本の矢」・・・は架空のお話し »

コメント

広島カープの誕生については聞いたことがあります。
オバマ大統領の広島訪問は歴史的にも価値があると思います。原爆が使われないような世の中になるといいですね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2016年5月28日 12:00

吉田かっちゃんへpencil

使われなくても、劣化した核爆弾の処理が問題になっています。
核燃料も核爆弾も、核のゴミの処理が最も厄介のようです

投稿: 玉井人ひろた | 2016年5月28日 14:06

原爆資料館見学の時間が少ないと思いました。
ま~見ないよりマシですが。

投稿: もうぞう | 2016年5月28日 19:02

もうぞうさんへpencil

私は逆に、被爆者が待っているのにずいぶんゆっくり資料館を見ているものだと思って視ていました

投稿: 玉井人ひろた | 2016年5月28日 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/63691835

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領の広島訪問:

» 伊勢志摩サミット評価 [反戦塾]
 安倍首相にプラスのポイントをつけるのは、当塾開設以来初めてのことである。それは2点ある。  ひとつは、主要国の首脳を伊勢神宮に案内したことである。塾頭は、当初 [続きを読む]

受信: 2016年5月28日 10:40

» バラク・オバマってどんな人? [岩下俊三のブログ]
あらためて言うまでもなく僕は時代遅れの「反帝・反スタ」の旗を死ぬまで降ろさない昭和の耄碌爺である。 しかも 胴長短足黒目黒髪に誇りすら持っている列記とした東洋人であ ... [続きを読む]

受信: 2016年5月28日 16:44

« クマ出没 | トップページ | 「3本の矢」・・・は架空のお話し »