« 号外 | トップページ | 訓読・・・難読・・・大和言葉 »

2016年8月19日

野内与吉、アンデス文明、大山忠作

現在、福島県の二本松市の二本松駅前にある「二本松市民交流センター」では、【マチュピチュ村長・野内与吉と古代アンデス文明 】と銘打った、マチュピチュ村と大玉村の友好都市締結と野内与吉氏が日本からペルーへ渡ってから渡航100年を記念しての展示会が開催されています。

展示期間は8月7日(日)~8月28日(日)まで(但し、22日(月)は休館)で、大人=500円、高校生以下は無料になっています。

主な展示物は、高さ3m、幅10mのマチュピチュ遺跡の大パノラマ写真、岡山県のBIZEN中南米美術館の協力による、ペルーの古代遺跡から発掘された3千年以上前の土器や織物、ミイラの頭部、日本の調査団が掘り出したアメリカ大陸最古の黄金の冠や耳飾りのレプリカです。

そして、現地で鉄道建設に携わった野内与吉氏が手作りした工事用のスパナやハンマー、家族に宛てたスペイン語の手紙や洗礼を受けた際の書類など、マチュピチュ村との関わりを紹介するものです。

詳しくは、放送大学のサイト↓それに「日本マチュピチュ協会」のサイト↓で確認できます。
http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/2016/280630.html
http://japanmachupicchu.wixsite.com/peru/blank-3

わが家でも同じ村民として、その展示会に行ってまいりました。

会場に入り、入場料を払っていたらボランティアで展示会のガイドをしている野内与吉氏の甥にあたる人に直面し、野内与吉氏について詳しい説明をしてもらいました。

母や妻は、感心して聞いていましたが、わたしは何度か村の集会や新聞で事前に知っていますこと、それに説明されることが好きじゃないので、妻たちとは離れて単独で展示会場をウロウロと歩き回っていました(coldsweats01

私の関心はどちらかと言うとナスカ高原の地上絵などで知られる「古代アンデス文明」、それらの土器や織物は興味深いものでした。

土器や織物の特徴は、必ず人物が描かれていることなのですが、妻が「宇宙人みたい」いったようにどうしても普通の人間に見えない、‘抽象化された人物’と言えばそれまでですが・・・

わたしが、気づいたのは人物の指です。それは、3本指の人、4本指の人、6本指の人が描かれてあったのです。
「古代の人が、指の数を数えられなかったのでは・・・?」という疑問は、両手両足の指の数が必ず同一ナノを見れば、打ち消されます。

視れば見るほど、不思議に思える織物の柄絵でした。

さて、同センターの3階では二本松市出身で益社団法人日展の元事務局長、そして元理事長であった故大山忠作画伯の絵画の展示会(9月30日まで)も行っていますので、それも見に行きました。

その絵を目の当たりにした途端、けっして絵心が有るわけじゃない我々でしたが、それは息をのむ素晴らしさでした。
母などは目と口が開きっぱなしでした。

展示された絵画36点の中には、今年急死した北の湖関のもあり、そのそばには北の海から大山画伯が頂いた横綱も展示されていて、感慨深いものでした。

退館するときに、母が展示されている絵の値段を聞きました。そしたら、一枚が時価1000万円だというので、母はまたまたビックリ仰天をしていました。

つまり、展示されている絵の総額は約2億円以上と言うことになります。

金額を聞いたからじゃないですが、良い見学になりました。

|

« 号外 | トップページ | 訓読・・・難読・・・大和言葉 »

コメント

ペルーとかアルゼンチン、アンデスのふもとにあって日本からの移民も多い国ですが、まだ直行便がないんですかね。
米・アトランタにいった時、周りの席はほとんど乗り継ぎの人でした。

投稿: ましま | 2016年8月20日 11:00

マチュピチュは生きている間に一度は
行ってみたい、と思っていたところですが、
余命いくばくもなくなった今、叶わぬ夢に
なりそうです。
それにしても、日本人とこれほど深いアメリカ遺跡の街と
いうのは他にあるのでしょうか?

投稿: あね | 2016年8月20日 19:34

こんばんわ。
この様な場所、初めて聞きましたね。

投稿: H.K | 2016年8月20日 21:59

ましまさんへpencil

今オリンピックが開催されているブラジルもそうですが、直行便はありません。
マチュピチュまでの所要時間は、うまくいって片道60時間(2日と半日)になります
我が村の使節団は、帰国に際し70日以上(3日と半日)かかりました。まだまだ遠い国です。


あねさんへpencil

最近、マヤ文明とは別の文明が見つかって調査中ですすが、いずれにしても日本の弥生人の文明と共通点が有ることが判明し、世界の研究者の話題だそうです


H.Kさんへpencil

初めてでしたか?まだ有名な遺跡じゃないんですねcoldsweats01


投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月21日 07:58

マチュピチュ・・・いきましたよ。もう20年くらい前でしょうか。相棒が数年前に行った時は交通機関もきれいでコーヒーサービスもあったそうですが、わたしが行った時は、も・お・お・・・・人間ってこれほど臭いかというくらいでしたし、車の下面からは地面がスースー。でも・・・・感動でした。

投稿: 山口ももり | 2016年8月23日 09:21

山口ももりさんへpencil

大山忠作さんのほうにもコメントが有るかと期待したのですが、、ちょっと残念

投稿: 玉井人ひろた | 2016年8月23日 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/64080837

この記事へのトラックバック一覧です: 野内与吉、アンデス文明、大山忠作:

« 号外 | トップページ | 訓読・・・難読・・・大和言葉 »