« 国際試合に‘日本式’が浸透? | トップページ | 北朝のミサイルの射程内に原発 »

2016年9月 5日

護摩木に込める家内安全

ついに、秋の遠藤ヶ滝不動尊祭礼の日が近いづいてきました。各地区の世話人が、その時に行われる護摩炊きに使う「護摩木」というお札の希望を取りに来ました。

Img_2934←は説明と、ビラです。

わが家では、毎回3枚を買い求め、「家内安全」、厄災消除」、「交通安全」の文字を書き、祈祷してもらいます。

気分的なものでしょうけれど、(年に2回)これをやっておくと落ち着く気がします。

こうしてきょうも無事に居るのは、そのご利益なんだと思います。

ただ、最近はこいうのを持ってまわると、毛嫌いされる家庭も増えているのも事実です。

田舎も、難しいことが増えつつありますが、秋は着実ですね

|

« 国際試合に‘日本式’が浸透? | トップページ | 北朝のミサイルの射程内に原発 »

コメント

当地では、「人形お祓い」=ひとがたお祓い。が年2回あります。

1人100円ですが。

投稿: もうぞう | 2016年9月 6日 17:55

もうぞうさんへpencil

こう言う伝統行事存続には、やはり「観光」の要素が不可欠のようです

投稿: 玉井人ひろた | 2016年9月 6日 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/64161470

この記事へのトラックバック一覧です: 護摩木に込める家内安全:

« 国際試合に‘日本式’が浸透? | トップページ | 北朝のミサイルの射程内に原発 »