« オランダには○○○が無い | トップページ | 国際試合に‘日本式’が浸透? »

2016年9月 3日

魚が休養する?!

東京都江戸川区にある‘葛西臨海水族園’では、平成21年(2009)から長さ14メートルの水槽に小型のサメやエイ約10匹を放し、それらの魚の背中をなでるなどの触れ合い他県こーである「タッチンフィーリン」というのを設置し、誘客の目玉としているそうです。

ところが、7年目にして初めて9月2日から臨時閉鎖してしまったそうです(閉鎖期間は未定だが、1ヵ月程度とされる)。

その理由は↓

  • 今年7~8月の夏休み中の来園者が多く、水質が悪化した
  • 魚も餌を食べなくなるなどの異常が見られた
  • 対策として、しばらく魚を休ませ、水質を改善させる必要があると判断した

と言うものですが・・・

このコメントだけ読めば、「今年の夏休は異常に子供たちなどが多かったのだろう」、ぐらいにしか思えませんが、その詳細にはもっと別の理由があったのです。

葛西臨海水族園によると、「タッチンフィーリン」で魚と触れ合う体験をする場合は、係員3人が事前に手を洗うよう指導しているのですが、それを守らない家族連れや外国人の利用が相次ぎ、日焼け止めクリームが水質を悪化させたというのです。

さらに、中国人観光客らは、魚を引っ張ったり、爪で引っかいたりとマナーを守らない行動が続発し、その事によって魚が弱ったとみているそうです。

水族館もそうですが、一番迷惑をしたのは魚たちでしょう。それでなくても、逃げようがない水槽に入れられているんですから、ストレスは少なくないはずですからね。

福島県のいわき市にも巨大な水族館「http://www.marine.fks.ed.jp/」があります。ここにも体験型の人工の磯辺が作られていますが、子供は喜んで魚を追いかけ回します。

とても、微笑ましい光景ですが、言い換えれば‘魚虐待’ではないでしょうかね。

|

« オランダには○○○が無い | トップページ | 国際試合に‘日本式’が浸透? »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
そうですか、それは仕方が無いですね。

投稿: H.K | 2016年9月 3日 22:15

私も水族館に行ったときにやはりタッチフィーリング
できるところがあって(沖縄だったかな)「ひとで」なんか
ひっくりかえしてみちゃいました。
うちの庭の鯉たちでいえば、近づくと寄ってきて
くれます。でも触ろうとすると逃げる。
魚をさわる、というのは捕獲目的でないかぎり
どうなんでしょうね。
虐待、ともいいがたいし・・・。

投稿: あね | 2016年9月 3日 22:23

魚を犬・猫と一緒にするのが間違い。エサをくれるから人になつくと思うのは、人間の勝手。

投稿: ましま | 2016年9月 4日 07:53

H.Kさんへpencil

もしかすると、死んでいたかもしれませんからね


あねさんへpencil

私の近くにある、公園(有料)にある池にも鯉が飼われていますが、エサどころか、人の姿で寄ってきて、手を出そうものなら、逃げるどころかその手にかぶりついてきますよ


ましまさんへpencil

爬虫類を飼う人は、犬猫のような態度とは違うところが魅力だと言いますが、魚類を飼う人はどう思うのでしょう?

投稿: 玉井人ひろた | 2016年9月 4日 08:35

よく見受けられるのが、魚のつかみ取りです。
微笑ましいようにも思われますが、まさに魚への虐待であると思いますね。

投稿: もうぞう | 2016年9月 5日 16:37

もうぞうさんへpencil

魚からすれば命がけですからね

投稿: 玉井人ひろた | 2016年9月 5日 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/64151767

この記事へのトラックバック一覧です: 魚が休養する?!:

« オランダには○○○が無い | トップページ | 国際試合に‘日本式’が浸透? »