« 「核兵器禁止」について、日本はズ~っと棄権 | トップページ | 危機管理のあまさが、またまた露呈 »

2016年9月12日

偶然か?・・・強姦罪の改訂

法務大臣の諮問機関「法制審議会」の性犯罪部会が昨年の10月から性犯罪の厳罰化に向けて刑法を改正する答申案などが、約1年経ってようやくまとまったようで本日ようやく国会に提出する法改正案が提出されました。

内容の主は、強姦(ごうかん)罪や強制わいせつ罪についての罰則の強化ですが、高畑事件に合わせたかのような、なんとタイムリーなタイミングでしょう。

<法改正の概要>

  1. 強姦(ごうかん)罪や強制わいせつ罪について、被害者の告訴がなくても罪に問える「非親告罪化」が盛り込まれた
  2. 強姦の法定刑の下限を「懲役3年以上」から、「5年以上」に引き上げる。
    これによって「懲役4年以上」の集団強姦罪は不要となるため廃止。
  3. 「男性は加害者」、「女性は被害者」という従来からの性別前提が無くなるほか、性交に類似する行為も、強姦罪として扱う。
  4. 18歳未満の子どもに対し、親などによる性的虐待なども強姦罪の対象になる

懲役5年以上というのは、「強盗」、「殺人」、「現住建造物等放火罪」とも同じになるようで、罪としてはかなり重い扱いに変ったことになります。

注目は3番です。アメリカでは女性教諭による男子生徒への連続レイプ事件が大きく報道され、日本でも話題になりましたが、日本国内でも女性によるレイプが起きているらしいことが判明した形でしょう。

これから、「強姦」の考え方が変ることは間違いなく、関係者の間では「強姦罪」という呼称そのものが使われ無くなる可能性が高いとみているようです。

田舎者のわたしには、世の中が複雑怪奇になっていくばかりで驚きです。

ちなみにこの法改正を始めたときの法務大臣だった自民党の岩城氏(福島)は、7月の参議選で民進党の増子氏(福島)に敗れ、大臣職も失いました。
このニュースを見て何を思っているでしょう

|

« 「核兵器禁止」について、日本はズ~っと棄権 | トップページ | 危機管理のあまさが、またまた露呈 »

コメント

自分自身を振り返ってみても、女として、随分無防備だったと思います。今の若い女性の方々、自分自身で。自分を守ってください。

投稿: 山口ももり | 2016年9月14日 18:58

山口ももりさんへ

どんな犯罪も、狙われたら防ぎようがない気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2016年9月14日 19:16

この手の犯罪は、女性側の証言が有利に働くような?
立証は難しいでしょうね。

投稿: もうぞう | 2016年9月17日 19:21

もうぞうさんへ

痴漢行為と違って、強姦の場合はそれほど女性は有利にならないようですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2016年9月17日 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶然か?・・・強姦罪の改訂:

« 「核兵器禁止」について、日本はズ~っと棄権 | トップページ | 危機管理のあまさが、またまた露呈 »