« 駆け付け警護 | トップページ | 不正受給 »

2016年11月18日

風邪と肉

最近、「肉を食べることが健康に良い」とかいう事を耳にすること増えてきた気がします。

確かに、動物性たんぱく質は免疫力を上げることは確かなようです。風邪やインフルエンザが流行しつつある今、肉を多くとるようにすると、予防には良いようです。

ところが、注意したいことがあります。

肉は風邪をひく前なら良いのですが、ひいてしまってからは逆効果だということです。

理由は、消化があまり良くないので、風で弱った胃腸では栄養にならず、かえってダメージを与えてしまうからだそうです。
聞くところによると、正常な人で肉類は消化に4時間ももかかるようです。

風邪をひいてしまったら、消化時間が肉の半分の2時間ぐらいとなる炭水化物がいいようです。さらにそれを、お粥やうどんなどとして食べると効果は上がるようです。

以前も記しましたが「白米」は総合的な栄養をそなえ消化吸収が良い日本の主食です(玄米ご飯は栄養価は高いが消化吸収率が白米に比べると劣る)。

体のために、米のご飯を食べましょう。

|

« 駆け付け警護 | トップページ | 不正受給 »

コメント

元気な高齢者は肉が好きでよく食べていると聞きます、やはり意味があるのですね。

自分達の世代では幼少時は肉が高かった、今は高給肉を除いて魚と逆になったかな?
風邪をひいた時に母親が作ってくれたお粥、懐かしいです、先人の智恵にはかないませんよ。

投稿: JACKS | 2016年11月19日 08:52

JACKSさんへ

理屈は知らなくても、理にかなった手当を先人たちは知っていたんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2016年11月19日 16:17

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
それは知りませんでしたね。
でもやはり基本は、「手洗い・うがい」が1番ですね。

投稿: H.K | 2016年11月19日 21:05

先人の知恵だったのでしょうね。
とかく嫌われがちな糖質ですが、安いしカロリーはあるし、上手に活用したいところです。

投稿: もうぞう | 2016年11月20日 16:46

H.Kさんへ

それが基本ですね。さすがです


もうぞうさんへ

主食である意味を、考えなくてはならないです

投稿: 玉井人ひろた | 2016年11月20日 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪と肉:

« 駆け付け警護 | トップページ | 不正受給 »