« “ 裏 流行語大賞”・・・?! | トップページ | 仏像破壊 続発 »

2016年12月 4日

聖バルバラの日

12月4日は【聖バルバラの日】になっているんだそうです。

これは、3世紀ごろ、キリスト教が禁止されていたローマ帝国において、キリスト教への信仰に目覚めた少女「バルバラ」が処刑された日にちなんで制定されたもののようです。

「バルバラ」が獄中で壺にいけておいた桜桃のつぼみが、処刑の日に花を咲かせたとされることから、欧米などでは12月4日に桜桃の枝を壺にさす習慣があるようです。

また、欧米ではこの日に皿に入れた水に小麦を浸しておき、クリスマスごろの芽の出方で翌年の豊凶を占う風習もあり、これを「バルバラの麦」と称されるんだそうです。

この占いのさいに降る雪を「白い衣装のバルバラ」といい、雪の量が多いと翌年は豊作になるとされているんだそうですが・・・

雪の多い年は水が山々に確保されことであり、作物には最も大事な水が切れないことは、豊作が予想されるのは常識であり、むしろ科学的な常識として日本国内でも一般的ですから、それは占いではない気がします。

|

« “ 裏 流行語大賞”・・・?! | トップページ | 仏像破壊 続発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/64586029

この記事へのトラックバック一覧です: 聖バルバラの日:

« “ 裏 流行語大賞”・・・?! | トップページ | 仏像破壊 続発 »