« 2016年5月1日 - 2016年5月7日 | トップページ | 2016年5月15日 - 2016年5月21日 »

2016年5月8日 - 2016年5月14日の7件の記事

2016年5月14日

キヌア

国内ではまだ知名度が無く、栽培しているところも極限られたところでしか見られない穀物に「キヌア」というものがあります。

キヌアは古代インカの人々が主食としてきた植物であり、低カロリー高タンパクで、必須アミノ酸も豊富な健康食で、何年か前にテレビの健康番組で取り上げられ、国内単価も上がってきているという穀物だそうです。

「キヌア」は‘ヒユ科アカザ亜科アカザ属’の植物で、原産は南米ペルーのアンデス山脈になり、地元ではよく食べられているそうです。

その原産国ペルーにある「空中都市」マチュピチュ村と世界で初めて友好都市協定を結んだ我が大玉村ではこの穀物を‘村の特産’にすることが決められました。

続きを読む "キヌア"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月13日

ワシントンDCの「桜まつり」までが中・韓に・・・

毎年春、アメリカ合衆国の首都である「ワシントンD.C.」で毎年春に行われる「全米桜祭り」(National Cherry Blossom Festival)は、日本以外では最大の桜のお花見イベントとして日本でもよく知られています。

これは、明治45年(1912)3月27日に当時の東京市長(現在の都知事)であった尾崎行雄氏からワシントンに友好の証しとして桜が贈られたことを記念して行われているお祭りで、イベントのタイトルには今でも「Sakura Maturi(さくらまつり)」と日本語の読みがそのまま使われているそうです。
(※の木をワシントンD.C.に持ち込もうという試みは、公式に植樹される以前から日本旅行で桜の美しさに魅了され帰国したエリザ・シドモア(ナショナルジオグラフィック協会初の女性理事)によって、アメリカ陸軍管理者に対してポトマック川河畔沿いに桜の木を植えることをずっと提案し続けられていた。)

これだけ、日本でも知られたアメリカの桜のイベントなのですが、驚いたことに送り元である東京都の現職知事で、このイベントに参加した人は誰も居なかったんだそうで、一部からは「東京都知事はワシントンDCが嫌いなのか」という揶揄までささやかれていたそうです。

続きを読む "ワシントンDCの「桜まつり」までが中・韓に・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月12日

冷めた‘おにぎり’

コンビニでおにぎりを買ったら、「温めるか?」それとも「冷たいままか?」と問われたら、たぶんほぼ全員の人が「温める」と答えるのではないでしょうかね。

それくらい、コンビニでは弁当やおにぎりは温めるのが当たり前になった気がします。

さて、6年ほど前の私のブログ記事「冷や飯食いの・・脂肪つぶし」と言うので、冷たいご飯の意外な効果を紹介しました

それと似たような記事を発見しました。

お米などに含まれるデンプンには消化されやすいものと消化されにくいものの2種類があり、消化されにくいデンプンは『レジスタントスターチ』と呼ばれ、急激な血糖値の上昇を抑えるとともに、食物繊維と同じような働きをして腸内環境を整える働きがある

「レジスタントスターチ」には、デンプンを加熱した後に冷やすと割合が増加し、冷めていたものを再び温めると割合が減少してしまう特性がある。

続きを読む "冷めた‘おにぎり’"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年5月11日

オバマ大統領が広島へ

報道によるとアメリカのオバマ大統領が、現役大統領として初めて広島を訪問する計画をしているらしいですね。

アメリカ政府によれば「原爆投下の謝罪ではない」ということですが、ではなんでしょう?たんなる観光ではないでしょうし、慰問ということになるのか?歴史のお勉強ということになるのか?

ちょっと理解ができない。

いずれにしても、戦後にアメリカ国民と日本国民に対してアメリカ政府が言い続けた

「広島・長崎の(一般市民皆殺しの)行為は、戦争を終結し‘日本国民の犠牲を無くす’ための最良の手段だった」

↑という、なんとも矛盾した教育(マインドコントロール)の一端を少し覆すことになる行為ではありましょう。

来日した際にオバマ大統領がどういうコメントを発するか?注目です。

それより、ほんとうに来訪するのでしょうか?未だに半信半疑というより、どちらかと言えば信じ難いわたしです。

続きを読む "オバマ大統領が広島へ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年5月10日

75日

「人の噂も七十五日」ということわざが有りますが、改めて考えるとここに出てくる「75日」とは中途半端であり、とても不思議な思いにに駆られるものです。

「75日」とは、どういう根拠か?との答えの結論を先に言うと・・・なんと「にはこれといって深い意味がない」ということのようですが、それに続いて「・・一説によると・・」という但し書きが付随してきます。

さてその諸説とは?

続きを読む "75日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 9日

季節の道具

もうすでに始まっているのですが、私にとっては草刈りの季節です。1週間ほど前に、1台の草刈り機を出してきて、昨年末に気になっていた刈り刃を改めて見直しました。

私が使用するのは現在最も普及している鋸型で、刃先に‘超硬合金チップ’が埋め込んである、いわゆる「チップソー」刈り刃で、少しぐらいなら、コンクリートや石でも削ってしまう強いものですが、使ううちに欠けてくるんです。

Img_2814_2←は、昨年まで使っていた刈り刃の先端ですが、見事にチップが欠けています。

チップが残っていたのは、40あるうちのたったの6個でした。

実はこの刈り刃は全部のチップが無くても草刈りは可能なのですが、切れは悪くなり(特に柔らかい草)ますし、回転が少し不規則になり易くなるので、機械そのものにも良くないのは確かです。

続きを読む "季節の道具"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月 8日

日本の三大毒ヘビ

夏になると出てくるのがヘビですね。ヘビは、ネズミなどを食べるので農家にとってはある意味において益獣でもあるのですが、よけいな物も捕食したり、特に毒ヘビは厄介で危険です。

現在まで日本国内(陸上)で生息が確認されている毒ヘビは↓の5種類だそうです。

  1. マムシ     ⇒ クサリヘビ科マムシ属)、出血毒と神経毒
  2. ハブ        ⇒ クサリヘビ科ハブ属)、出血毒
  3. ヤマカガシユウダ科ヤマカガシ属)、出血毒
  4. ハイ        ⇒ コブラ科ワモンベニヘビ属)、神経毒
  5. ヒャン      ⇒ コブラ科ワモンベニヘビ属)、神経毒

その中でも「マムシ」、「ハブ」、「ヤマカガシ」は「日本三大毒蛇」とされています。

「ハイ」と「ヒャン」の2種類は、「コブラ」の仲間でありこの中で最も毒性が強いのですが、生息しているのが共に南西諸島(ハイ=沖縄諸島が主で、ヒャン=奄美大島など)の一部の島という狭い範囲で、さらに体も小さく(30-56cm)‘おとなしい’性質で被害も無く、危険とされていないからだそうです。

ですから、それにならって「日本三大毒蛇」のいろいろな角度の、それぞれをランキングしてみました。

続きを読む "日本の三大毒ヘビ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年5月1日 - 2016年5月7日 | トップページ | 2016年5月15日 - 2016年5月21日 »