« 2016年5月8日 - 2016年5月14日 | トップページ | 2016年5月22日 - 2016年5月28日 »

2016年5月15日 - 2016年5月21日の7件の記事

2016年5月21日

「名倉山登山道」が完成(福島県の大玉村)

東北自動車道や国道4号を走り我が村に差し掛かると見える山として安達太良山の他に本宮市との境に『大名倉山』(おおなぐらやま=576 m)というのがあります。
https://www.vill.otama.fukushima.jp/kankou_shiseki/spot/shizen/daimyoukurayama/

地元では通称として「名倉山」と呼称され、昔から長い間採石が行われ崖となった地肌が見える山ですが、大蛇伝説やいろいろな伝説と多くの信仰神が祀られていて、それは安達太良山より多いくらいです。

この山への登山道と言うのは本宮市側には整備されていたのですが、大玉村側には通行不能になった旧登山道しかありませんでしたが、このほど新たな登山道『名倉山登山道』が完成し、5月22日(日)にオープンセレモニーが開催される予定になっています。

ということで、それよりお先に試登山をしてきましたので、紹介と注意点をアップしたいと思います。

まず、場所は↓の大玉村ホームページのサイトで確認できます。
https://www.vill.otama.fukushima.jp/kankou_shiseki/spot/shizen/daimyoukurayama/
が、まず目指すのは「小姓内屋敷(こしょううちやしき)」を目指します(※屋敷とは「集落」や「隣組」と言う意味)

屋敷内を走行し上へと進むと↓のような分かれ道に出ますが、新しい道路の左側は間違いで、右に曲がります。(※左は旧登山道であり、郡山市へ続く旧街道だが、今は墓地で行き止まり

1_1img_2852

続きを読む "「名倉山登山道」が完成(福島県の大玉村)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月20日

小満

きょうは二十四節気の「小満(しょうまん)」というのにあたる日だったんですね。

つまり、暦上はきょうから「初夏」になるようです。どおりで、明日からの県内の最高気温が30℃近いものばかりになっているはずです。

まだ、暑さに慣れていない体を持つ私には、ちょいと体力を奪われそうです。

注意しなければ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月19日

日本酒、4年連続日本一

全国の日本酒を評価する全国新酒鑑評会の平成27酒造年度(平成27年7月~28年6月まで)の結果が18日に発表され、福島県は最高賞の「金賞」を受賞した銘柄が、4年連続で日本一多いという名誉が得ました。‘4年連続’は東北初で、福島県内では号外も出ました。

最初は「東日本大震災への同情票」かと思っていましたが、4年連続となると‘地力’という気がして、嬉しい限りです。

新聞発表は、10銘柄以上受賞した都道府県と、それには至らなかったが東北ということで岩手県と青森県の2県が併記されました。

 

都道府県

金賞の数 出品数
 福島   18   41
 山形   17   39
 兵庫   17   39
 新潟   16   69
 宮城   15   23
 秋田   14   30
 長野   11   57
 栃木   10   23
     
 岩手    7   20

 青森

   6

  14

続きを読む "日本酒、4年連続日本一"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年5月18日

イカ人参のポテトチップ?!

カルビーと言えば、国内ではポテトチップスで有名な食品メーカーです。

Photoそのカルビーから、福島県の郷土料理としてテレビでも取り上げられた「いかにんじん」の味を再現したポテトチップス、その名も「ポテトチップスいかにんじん味」が今月から本県を含む東北6県のほか、関東地方などで販売されています。

←が、そのパッケージです。

これを発案したのは、カルビー株式会社の伊藤秀二代表取締役社長兼COOがだそうです。

続きを読む "イカ人参のポテトチップ?!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月17日

さんりんぼう

暦の、本日5月17日(火)の枠を見ると「 三隣亡 ・ 友引 」と記載になっています。私の地域では、この日には100%葬儀は行われません。

それは、「三隣亡」の「友引」に葬式を行うと“隣組に死ぬ人が(3人)連続するから”と信じられている日で、‘絶対に葬式をやってはいけない日’となっているからです。

実際に、これを‘迷信’として葬式を行った後に2件連続して、同じ隣組内の葬儀が連続したのを、私は実際に経験しています。

その他にも「三隣亡」の日は‘凶日’とされ、建前や開店などには避けられるのが一般的のようです。

ところが、江戸時代には‘さんりんぼう’は「三輪宝」という漢字で表わされ、最良の日を意味し「屋立てよし」「蔵立てよし」というふうに「吉日」だったことが記録にあるようです。

以前にこのブログでも記載しましたが、明治以前までは‘ともびき’も「友引」の漢字ではなく、「共引」となっていたもので、葬儀を行っても何でもない日でした。

どうしてそのように意味が逆転したかは諸説あるようですが、一番の根源は明治政府が神仏分離令と同時に行った、大安・仏滅などの占いてき民間信仰禁止令による弊害のような気がします。

つまりは迷信なんですが、迷信も信じられると実際に凶事が発生するから恐ろしい気がします。
人の‘念’とはこう言うことなのでしょうかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月16日

ICAのルルーさん

スイスのジュネーブに本部を置く、国際協同組合同盟(ICA)と言う国際組織が有るんだそうですが、わたしはその存在を全く知りませんでした。

簡単に言うと‘コープ’の国際組織のようですね。

この組織の現在の会長は、ブロンドヘアーが決まっているモニク・ルルーという女性なんですが、本日の16日福島市の「JAふくしま未来 」を訪れ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興、放射能への対策に向けて取り組む同JAの様子を視察したんだそうです。

視察を通じ、ルルー氏は、カナダで開催される国際協同組合サミットで本県の復興の取り組みを取り上げることを約束するとともに次のような内容のコメントを発表しました

「(農協などの)協同組合が復興の力になっていると感じた。
世界の協同組合を代表して敬意を表すとともに、さらに支援も続けていく

視察は、菅野孝志組合長の案内で野菜の放射線測定などを行うモニタリングセンターや農産物直売所「ここら矢野目店」などだったようです。

私は、このJAの組合員ですが、今年から合併して誕生した東北最大の農協のため、視察した場所もわが家からははるか遠くの北の場所で、まったく実感が沸きません。

それでも国際的な観点からすれば、たぶん直ぐ傍なんでしょうが、なんだかわからない農協になっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月15日

キュウリの食べ合わせ

もう少しで旬のものが出回りだす夏の食材に「きゅうり」がありますが、これにはアスコルビナーゼという酵素が含まれているんだそうです。

アスコルビナーゼには‘ビタミンCを破壊する’という特性があるんだそうです。

つまり、きゅうりとビタミン豊富な野菜や果物などを一緒に食べると、ビタミンCを台無しにしてしまうというのです。

サラダにビタミンC豊富なトマトにキュウリを混ぜた場合はトマトの栄養素の一部が生かされないことになるようです。
ただし、酢を使ったり加熱することでそれは防げるようです。

それが、正しいのなら今年の夏のサラダは少し考え直さないといけませんね。

なんとも、信じがたい話です。

後日談>

アスコルビナーゼがビタミンCに影響を与えるという説は、各機関の実験で「誤り」であることが、確認されていることが判明しました。

「アスコルビナーゼ」という呼称そのものが、現在は使われることは無く別の名称になっておりましたので、トマトときゅうりは安心して一緒に食べて良いようです。

人騒がせの記事をだしたものです。WEBのニュースも鵜呑みは危険ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年5月8日 - 2016年5月14日 | トップページ | 2016年5月22日 - 2016年5月28日 »