« 2016年5月29日 - 2016年6月4日 | トップページ | 2016年6月12日 - 2016年6月18日 »

2016年6月5日 - 2016年6月11日の7件の記事

2016年6月11日

減ったのか?増えたのか?それとも同じ?

福島県は6月10日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で県外に避難している人数(2016年4月1日現在)を発表しました。

  • 避難者の総数 ⇒ 1,582
    前回調査(2015年10月1日現在)より‘521人’減少
  • 避難者の内の‘18歳未満の子ども’ ⇒ 9,846
    前回調査(2015年10月1日現在)より‘711人’減少

震災の翌年の2012(平成24)年4月に統計を取り始めて以降、初めて1万人を下回ったことになりましたが、その理由について県は↓と、分析したようです。

「子どもを連れて帰還した人の増加や、18歳未満の子どもの減少などが考えられる」

続きを読む "減ったのか?増えたのか?それとも同じ?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月10日

キラキラネームは明治時代が元祖か?

明治政府の高級官僚で帝国陸軍の軍医総監(=中将相当)を務めた人物、そして現代では文豪として知られている「森鴎外」こと、本名‘森 林太郎’氏が我が子に付けた名前が凄いのです

  • 長男<於菟>(オト)
  • 長女<茉莉>(マリ)
  • 次女<杏奴>(アンヌ)
  • 次男<不律>(フリツ)
  • 三男< 類  >(ルイ)

森鴎外は官僚時代にドイツなどのヨーロッパ生活の経験があり、我が子にもそうなった場合に外国人が呼びやすい名前を付けたのか?たんに西洋好き(西洋かぶれ)のかの真相は解かりません。

しかし、どの名も外国へ行っても通じるような、いわゆる今の「キラキラネーム」や‘「DQNネーム(ドキュンネーム)」とか言われる名前とほぼ同じであることに驚かされます。

続きを読む "キラキラネームは明治時代が元祖か?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月 9日

加湿器に消毒液

加湿器に消毒液をいれるという事件が病院で発生しました。と、聞けば真っ先に思い出すのは韓国で起こった事件ですね。

ところが今回は日本でのことです。

名古屋市西区の名鉄病院で、肺炎で入院した1歳男児の病室の加湿器に、看護師が精製水の代わりに消毒液を入れて作動させるミスがあったことが9日、分かった

病院によると、5月24日夜に男児が入院。
その際、治療で入った酸素テント内の加湿器に、女性看護師が精製水と取り違えて、病室の洗浄に使う消毒液約40ミリリットルを入れた。

テントを外した27日まで誰も間違いに気付かなかった。

男児に被害が無いらしく、病院は家族に謝罪したようです。

被害が無かったから謝罪だけで済んだのでしょうが、約4日間もその重大ミスに気付かなかったこと、それが最も重大な点です。

単純ミスですが、そんなことで命を無くしてはたまりませんし、いつ我が身に起こるかわからないことです。

患者自体も、身を守るため確認する術を持つべきなのかもしれません。

スーパーやコンビニなどで、店員が単価を読み上げること、病院も簡単な作業では「OOをしました」と言ってもいいんじゃないでしょうかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 8日

今のマスコミは‘弱いものいじめ’しかできない

毎日、テレビでは舛添東京都知事の公私混同の公費無駄遣いの追及を行う都議会の様子と、その報道によって「辞職だ」、「東京の恥だ」とか都民はもとより、全国のにわか評論家のバッシングの嵐をことさらに強調したテレビ放送ばかりです。

お忘れでしょうか?

平成11年(1999)~平成24年(2012)まで続いた石原慎太郎都政での石原知事が行った“公私混同”の問題です。

その1>2001年、石原氏は01年6月、ガラパゴス諸島を視察

  • 往復の航空運賃はファーストクラスを利用し143万円以上を浪費
  • 視察での宿泊は4泊5日の高級宿泊船クルーズを行い、本人の船賃だけで約52万円を使用。
  • 随行した秘書などの費用も含むと、視察総費用は約1590万円にのぼった

その2>2004年「サンデー毎日」の『知事交際費』の闇実態

  • 高級料亭などを使って一回に数十万単位が費やされていた「接遇」。
    徳洲会理事長の徳田虎雄氏や文芸評論家の福田和也氏など、石原氏の友人やブレーンのメシ代に税金を湯水のように使った

続きを読む "今のマスコミは‘弱いものいじめ’しかできない"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年6月 7日

キャロラインが二本松に

キャロライン·ケネディ駐日大使は就任し来日すると間もなく福島第一原子力発電所を訪問しましたことはちょっとした驚きでしたが、こんどはお暗示福島県内にあるJICA訓練施設にやってきました

場所は、我が村の隣にある二本松市に平成6年(1994)に作られたJICA二本松(二本松青年海外協力隊訓練所)です。

こんな近くにアメリカ中に大使がやってくることは例外だと思います。これも東日本大震災と原発事故の被害地の訪問の一環なのかもしれませんね。

こう言うのを‘災い転じて福となす’と言うことわざに置き換えても良いのでしょうかね?

私には、判断が付きかねますが、マチュピチュ村のことと言い、我が村の周辺環境はちょっとした国際化で、なんとも複雑な心境です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 6日

もう6月だよ

回ってきた回覧板、それほどのお知らせは無いのでいつも‘ななめ読み’するのが常ですが、稀に面白い発見があります。

今回のにそれが有りました。

道路交通法が改正になり、自転車の取締りも強化されましたが、未だに逆走(右側通行)を平然とする自転車を見かけますし、自転車による死亡事故が多発傾向にある中、各都道府県でも重大事故防止のため似たような運動を行っているようです。

その運動期間もほぼ同じく「5月」のようで、そのチラシは「福島県警察本部総務課」からのものも「自転車の安全利用の促進」というタイトルでサブタイトルが「5月は自転車月間です」というものでした。

つまり、このキャンペーン(5月1日~5月31日)の回覧板が届いた今はもう6月で、既に終了しているわけです。

事情はあるのでしょうが、お役所ってこんな仕事でもちゃんと給金が支払われるんですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月 5日

‘謝罪’するのは・・・

田野岡大和くん行方不明事件は無事解決しました。本当に無事発見できてよかったとお思います。

さて、その発見を受け大和君の父親が記者団に言葉、わたしにはどうしてもがてんがいかないところが在るのです。

父親のコメント↓

「この度は私の行き過ぎた行動で息子に大変、つらい思いをさせてしまい、学校の関係者、捜索にあたって頂いた方々、皆様にご迷惑をお掛けしました。

深くおわび致します

皆様にご迷惑をお掛けしながら、捜索に携わって頂いた方々、皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にどうもありがとうございました。

これからは、息子に対してもっともっと、今までも愛情をいっぱい注いできたんですけれど、今まで以上に息子と一緒に、ともに息子の成長を見守っていきたいと思います。

どうもありがとうございました」

続きを読む "‘謝罪’するのは・・・"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年5月29日 - 2016年6月4日 | トップページ | 2016年6月12日 - 2016年6月18日 »