« 2016年6月19日 - 2016年6月25日 | トップページ | 2016年7月3日 - 2016年7月9日 »

2016年6月26日 - 2016年7月2日の7件の記事

2016年7月 2日

冷や汗

一昨日の、朝のことです。

いつものように、わが家で最初に動き出す私は、またまたいつものように玄関に行き朝刊を取って、玄関の鍵を開けようとしたのですが、異変に気が付いたのです。

玄関の鍵が・・開いている!」

そうなんです。前日の夜に限って誰も玄関の戸締りを確認せずに「閉まっている」と思い込んで、寝てしまったようなのです。

珍しく、わが家の猫共も戸を開けなかったから良かったですが、玄関で朝刊を持ちながら、何事も無かったことを良しとしながら冷や汗が出てきました。

考えを替えれば、まだまだ日本の田舎は安全であるようです。たぶん、たまたまかもしれませんがね。

気をつけねば。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年7月 1日

女性初の総理大臣への道

隣国の韓国では、女性が初の大統領になりました。

台湾でも、蔡英文氏が初の女性総統になり、運河開通式典の際にパナマを訪問したときに、芳名録の肩書を「台湾総統」としたことで野党の国民党の幹部らが「中華民国」と肩書にしなかったと批判する騒ぎになっているようです。

日本の三権の長といえば、総理大臣、衆参議長、最高裁長官になりますが、覚えているでしょうか?民主党が自民党から政権を奪う前に「日本新党」を中心とした連立党が自民党に勝利し、自民党が野党に転じたことがありました。

その時の、総理大臣に就任したのが日本新党代表であった、第79代細川護煕総理大臣でした。
細川総理大臣は、国の最高機関に初の女性を起用したことで、歴史にその名があります。

<日本で女性初の最高裁裁判官>

  • 高橋 久子氏(たかはし ひさこ)」、女性初の最高裁判所判事(裁判官)
    (昭和2年(1927)9月21日 - 2013年12月21日)

続きを読む "女性初の総理大臣への道"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月30日

ゲリラ表明・・?の小池氏

いたって波も立たず、東京都知事選は自公都連が永田町の論理を基にして粛々と進んでいるかのようだったが、小池百合子元防衛相の出馬記者会見で大慌ての様相です。

何も連絡を受けていなかった辞任党本部はもちろん、自民党東京都連では「まったく聞いていない。びっくりしている。本人から相談がなく、承知していない」などの声とともに小池氏対し怒りをあらわにしているという報道が流れました。

おもしろいのは、小池氏が記者会見で

「東京はアベノミクスの牽引役になるべきだ」

つまり、「アベノミクス」という安倍政権のシンボルをあしらった“錦の御旗”を、掲げてしまった形だからです。

この「アベノミクス」の御旗を掲げた小池氏の出馬、新聞によっては「ゲリラ表明」とも書いていますが、戊辰戦争の時に薩長同盟が、天皇の許可も無く勝手に作った「錦の御旗」で、幕府軍の戦意を喪失させ勝利した、あの戦法に酷似しているのがとても面白い。

そしてさらに、怒り心頭の東京都連や自民党関係者に対し、有権者である東京都民のネット上での反応はさらに面白い。

  • 『話を通してない』とは「(自民都議連は)なんという上から目線」
     
  • 「都議会のいいなりになるやつより、まし」
     
  • 選ぶ、選ばないは(自民都議連ではなく)東京都民なんだけどね

などの書き込みが寄せられているわけでして、小池氏の行動への評価は意外に受け入れられており、もしかすると無党派層の票を集め、圧勝する可能性も見えています。

ただし、当選すれば「我が自民党の大勝利」と小池氏を最初から予定したかのように持ち上げる‘永田町論理’が横行することは確かです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月29日

否 決

東北・北海道で最大企業である「東北電力」の株主総会が28日(火)に、本社がある仙台市青葉区で開かれ、およそ800人の株主が参加したようです。

会社側の報告↓

  • 原油価格の値下がりなどから昨年度の決算は最終的な利益が過去最高となったこと
  • 地域の理解を得ながら原発の再稼働を目指す方針であること。
  • 取締役の選任などの議案

上記のことが、示されすべて‘可決’されました。

それに対し、株主側(の一部)からの提案↓

  • 原発事業からの撤退を求める
  • 原発の廃炉を求める

という意見や提案が提出されましたが、すべて‘否決’されました。

同じ日、「東京電力」でも株主総会が開催され、株主側からは同じく廃炉などの議案が出されましたが、こちらも全て否決となったようです。

これによって、津波でも止まらなかった、東北電力の各原発、そして東京電力福島第2原発、の再稼働はかなり現実味を帯びてきた気がします。

その賛否は別として、このニュースの新聞記事がどちらもとても小さいものだったのは、選挙に関係しているからでしょうかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月28日

「のうさくもつ」だと、ズ~っと思っていた

朝の報道番組を見ているときに、今年の天候不順で‘農作物’に影響が出ていて、値上がりが起っているというようなリポートが放送されていたのですが、そのときにリポーターが「のうさくぶつ(農作物)」を連呼するので気になってしょうがなかったのです。

そしたら、スタジオのMCも「のうさくぶつ」というではありませんか。

私にとって「農作物」は「のうさくもつ」と読むのが常識でしたので、耳障りでしょうがなく「こいつらちゃんと読めないのか?angry」と、頭に来てしまったのです。

ところが・・・「農作物」の読み方は↓

のうさくぶつ」 ⇒ ○ (正解)

のうさくもつ」 ⇒ ☓ (誤り)

だったことが後で判明しました。

つまり、わたしはズ~っと間違った言い方をしていたのです。これは、ちょっと衝撃でしたね。

続きを読む "「のうさくもつ」だと、ズ~っと思っていた"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月27日

にゅうばい

質問> あなたの地域では「梅雨(つゆ)」のことを何と言いますか?

私の答えは↓です

  • わたしは普通に「梅雨(つゆ)」ですが、母親や、70代以上の多くは「にゅうばい(入梅」と言うのが一般的です。

ネットで検索したところ、東京や神奈川でも昔は梅雨(つゆ)と言わずに「にゅうばい」と言っていたとの記載を見つけました。

私が所持する「大辞林」と「日本語大辞典」には「入梅」について↓のような解説が記載されていました。

<にゅうばい(入梅)>

  1. 雑節の一。太陽黄経が80度に達した時。暦の上で梅雨期に入る日で、6月11日頃。また、梅雨の季節になること。つゆいり。
  2. 梅雨期を表す、東日本(関東や東北)などでの言い方

つまり、元々は関東や我が地域では「つゆ」という言い方は稀だったか、無かったか、だったようです。

では、「つゆ(梅雨・黴雨)」というのは、どこの言い方だったのか?

続きを読む "にゅうばい"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年6月26日

政治家の人気取りに乗せられた?英国民

正式には『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』と言うため、世界では『ユナイテッドキングダムまたはUK)』というのが常識だそうです。

ところが世界で唯一、日本ではポルトガル語またはオランダ語の「イングランド」を示す言葉の[エンゲルス(エゲレス)」が語源とされる「イギリス」または「英国」と言うのが一般的ですね。

それはともかく、英国でEU離脱を問う国民投票が行われ、離脱派が勝利し世界に激震が走ったその後です。

日本国内では、円高や株安などのいろいろな影響も出始め、憶測が飛んでいますが、
当のEU側の反応は、日本とはかなり差がある反応が出ているようです。

あの後、ドイツのメルケル首相、フランスのオランド大統領など主要6カ国の首相が協議した結果はというと↓です

  • イギリスに対し速やかに離脱手続きを実行するよう求める

という、イギリスに対しなんとも冷静と言うより冷淡な態度を示し、まるで離脱を待っていたか?のような対応を示しています。

続きを読む "政治家の人気取りに乗せられた?英国民"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2016年6月19日 - 2016年6月25日 | トップページ | 2016年7月3日 - 2016年7月9日 »