« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年7月24日 - 2016年7月30日 »

2016年7月17日 - 2016年7月23日の7件の記事

2016年7月23日

開かない タクシーのドア

我が家で購読している地元紙「福島民報新聞」には「あぶくま抄」というコラムが有りますが、先月の下旬ごろの内容が妙に頭に残ったのです。

それは、筆者が福島市内でタクシーを利用したときの体験談でした。

>深夜、福島市の繁華街でタクシーを拾う。

乗り込もうと、後部座席の前に立った。

空車の表示なのに、ドアが開かない。 

少しむっとする。

↑という書き出しでしたものですから、そのタクシーへの苦言を呈するコラムなのかなと思ったのですが、文章は全く違う内容ものとなっていきました。

「・・むっとする。」の文章に続いたのは↓でした。

>「すみません。自動じゃなくて…」

 年配の運転手が(運転席から)降りてきて(ドアを)開けてくれた。

続きを読む "開かない タクシーのドア"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年7月22日

ふくしま県にある「‘日本三大’○○」

今朝のテレビで「日本人は『三大○○』というのが好き。その理由」というようなテーマを基にしたちょっとした特集をやっていました。

そう言えば、福島県内にも『日本三大』を冠したものがあるのを思いだし、いったいどのくらい県内にはあるのか?探してみました。

<福島県内にある「日本三大○○」の一つ>

  1. 日本三大提灯まつり」の一つ、二本松市の『二本松ちょうちん祭り
  2. 日本三大火祭り」の一つ、須賀川市の『須賀川 松明あかし
  3. 日本三大祇園祭」の一つ、南会津町の『会津田島祇園祭
  4. 「日本三大旗祭り」の一つ、二本松市東和地区の『木幡の幡祭り
  5. 「日本三大民踊」の一つ、会津の『会津磐梯山踊り
  6. 日本三大饅頭」の一つ、郡山市に本社が有る「柏屋」の『薄皮饅頭
  7. 「日本三大ラーメン」の一つ、会津喜多方市の『喜多方ラーメン
  8. 「日本三大疏水」の一つ、猪苗代町、郡山市などを通る『安積疎水
  9. 「日本三大ダム」の一つ、桧枝岐村に建設された『奥只見ダム』ダム湖は新潟県魚沼市に跨る
  10. 「日本三大巨桜」の一つ、三春町にある『三春滝桜
  11. 「日本三大妙見」の一つ、南相馬市の相馬太田神社にある相馬妙見堂の『妙見大菩薩
  12. 「国鉄三大事件」の一つ、福島市で起こったミステリー『松川事件

「日本三大」を冠していたことを知っていたのは4割ぐらいかな・・・いやはや福島県内にも有るもんですねえ。驚きでした。

わが家に近いところだと「二本松のちょうちん祭り」に「薄皮饅頭」、そしてファンドールンの「安積疎水」ですね。

この他に、「東北三大○○」と言うようなものを入れると、まだまだ増えますし、もっとあるんでしょうね。

ほんとうに、日本人は「日本三大・・・」というのを作るのが好きなんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月21日

‘改憲’の規定に“穴”を発見!

憲法改正の手順と言うのは、報道されているのは本会議の部分と国民投票のことぐらいですが、実際はいくつもの段階が規定されています。

1.<原案発議
国会議員の内で、衆議院100人以上、参議院50人以上の賛成により憲法改正案の原案が発議される。

2.<憲法審査会審議
発議された原案は、衆・参両議院の各‘憲法審査会’で審査が行われ、終了した後に、本会議へ付される。

3.<本会議
衆・参の両院それぞれの本会議にて分の以上の議員の賛成で可決した場合、国会が憲法改正の発議を行い、国民に提案したものとされる。

続きを読む "‘改憲’の規定に“穴”を発見!"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2016年7月20日

永さん、そして 巨泉さん

今年、永六輔氏が他界され、きょうは大橋巨泉氏が亡くなられたという報道が流れました。

この二人、テレビ界の先駆者と言っていいでしょう。現在のクイズ番組やバラエティー番組の基礎を作った方ですね。

考えれば、現在のテレビ番組の作りかたは技術的には格段に進歩しましたが、内容構成はこの両名がやっていたころとそれほど度進歩していない気がします。
それだけ斬新だったんだと思います。

いいかえれば、この二人を越える、斬新な発想のテレビ人が出てこなかった(出られなかった?)とも言えましょう。

そしてその、生活と仕事の仕方も各方面に影響を与えました。

この死によって、2人の活躍をリアルタイムで知っている自分の年齢を改めて確認させられた気がしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月19日

歌手 と 選挙違反

昨日の7月18日(月)豊島区の巣鴨、そこでの鳥越氏の都知事選演説があまりにも酷すぎるとネット上で話題になっていたので、その様子をWEBで視てみました。

この日、鳥越俊太郎氏は予定時間に20分ほど遅刻、それによって有権者たちは30℃を越す炎天下の中を1時間ほど待たされていたことになります。

そしてついに鳥越俊太郎氏が到着し話し始めたと思ったら、その挨拶内容も「みなさん森進一さんですよ。知ってますか」という応援に来た友人の森進一の紹介だけで終わり、マイクを森進一氏に渡してしまったのです。

その時間たった1分ほど、「投票をお願いします」の言葉は欠片も無し。

バトンタッチした、森進一氏も傍にいたファンのおばちゃんにせがまれて“「襟裳岬」の歌手を一節謡った”くらいで終了、結局演説は3分ほどで終わってしまったのです。まるで、ただの講演会、いや、顔見せの公演会・握手会で、「何しに来たの?」でした。

ですから、しっかりと政策や方針を聞きたくて待っていた観衆からは 「なんだよ、ばかやろー」 怒号が飛ぶなか‘求められる握手’を面倒くさそうに手を出す鳥越氏、鳥越氏の手を両手で握り話そうとする有権者のある高齢男性の手は、笑顔で歩く森進一氏によって半ば強引に引き離されるという始末、なんという選挙活動でしょう。

驚いてしまいました。

ただし、この様子は、テレビ中継では、“巣鴨でも、多くの有権者の人気を集める鳥越氏”と、放送されたようです(テレ朝?)。

もう一つ、驚いたことがありました。

続きを読む "歌手 と 選挙違反"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年7月18日

天皇(皇族)の選挙権

ニュースでは、東京都知事選の話題が毎日報道されていますね。

さて、知事選に関わらず東京の各選挙で単純な疑問がいだく人は多いようですね。その疑問の一つが↓でしょう。

  • 東京在住の天皇陛下は‘都民として’投票するのでしょうか?皇太子は?

日本国憲法の第4条では「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」ということと定められ、定められた国事行為しか天皇は行えことになっていますが・・・

皇族の‘選挙権(投票)’及び‘被選挙権(立候補)’は法律上は否定されていませんので、“天皇陛下や皇太子殿下も参政権を有している”と言えます。

それでも、公職選挙法により「天皇陛下や皇族は選挙することが不可能」というのが答えです。

続きを読む "天皇(皇族)の選挙権"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月17日

どこへ向かっているの?鳩山由紀夫さん

“あの”鳩山由紀夫氏が弟の鳩山 邦夫氏の急死以来マスメディアに登場してきました。

中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」の総裁を務める中国の‘金立群(ジン・リーチュン)氏’の要請により、その金総裁に助言する「国際諮問委員会」委員に就任すること受諾したというのです。

AIIB関係者によると、「国際諮問委員会」委員のメンバーには各国の元政治家、元外交官らなど10人程度が就任する予定で、今年の秋に初会合を開くことが決まっているそうです。

同委員会には、AIIBに加盟していない日本や米国からも「顧問役」を招き入れることで「中国の銀行」というイメージを払拭し、信頼性を高める狙いがあると考えられているようです。

その中国の狙いに“まんまと鳩山氏は乗せられた”と日本国内では見られているようです。

たぶん、ご本人には確固たる信念がおありなんでしょうが、あの世で弟の邦夫氏が「兄貴らしいなぁ」と呆れている気がします。

やはり、あの方の考えと行動には不明なところが多く、不謹慎でしょうが、面白いです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年7月24日 - 2016年7月30日 »