« 2016年7月17日 - 2016年7月23日 | トップページ | 2016年7月31日 - 2016年8月6日 »

2016年7月24日 - 2016年7月30日の7件の記事

2016年7月30日

障害者の安楽死論を‘あの人’が言っていた

きょうは、別の記事をアップしようと思っていたのですが、私がよくお邪魔するススムさんのブログ「ススムが進む」で知たことがショッキングだったので、それにしました。

報道によると、相模原障害者殺人事件で捕まった犯人の若者は「障害者は安楽死させるべき」という思想を持っていたとそうですね。

ところが、ある人物の過去の発言がこの犯人と同じことを言っていたというのを知ったのです。

問題の発言↓

「ああいう人(知的障害者)ってのは人格があるのかね」

「絶対よくならない、自分が誰だか分からない、人間として生まれてきたけれどああいう障害で、ああいう状況になって......」

「おそらく西洋人なんか切り捨てちゃうんじゃないかと思う」

「ああいう問題って安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」

この発言は、京都知事に当選し就任して間もない石原慎太郎前都知事が平成11年(1999)9月に障がい者施設を訪れたときに記者に語ったコメントです。

石原氏と言えば、史上最高の都の予算を何百億円も無駄遣いし、公私混同し息子に何億もの都の予算を流用した人物として知られますが、こんなことも言っていたんですね。

ある意味、すごい人物でありそう言う人じゃないと首都の知事は務まらないのでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年7月29日

心ある中国ジャーナリストの憂い

神奈川県相模原市の障害者施設で26日未明、施設利用者らが次々と刺されて19人が死亡するというショッキングな事件が発生したことの続報は未だ続いていますが、これに関した中国のメディア・東方網の日本語版に記載された、26日付の論説にいたく感心してしまいました。

事件は、中国国内でもリアルタイムで報道されたことは以前にも紹介しましたが、この事件に対し中国の一部のネットユーザーから次のような投稿があったんだそうです。

  • (日本人が)殺されたことについての「祝電」
  • 「(日本人が)犠牲者が少なすぎる」
  • 「ざまあみろ」

と言った、心無い中国人からの声に対して、東方網の記者が記事にした論説の内容でした。

その論説のタイトルは↓

「‘日本の福祉施設襲撃’を喜ぶことが『愛国』だと言うのか?」

と言うものでした。

続きを読む "心ある中国ジャーナリストの憂い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月28日

選挙に 「竹島」

日本国内では、投票日が迫っている東京都知事選が話題の選挙ですが、海外のニュースではアメリカで大統領選挙が一番の話題でしょう。

そのなかで、あまり話題にはなっていませんが、お隣の韓国では2012年に当選した朴大統領の任期(5年)が2017年(12月)に満了を迎えるため、来年の韓国大統領選挙に向けた動きが出始めているそうです。

朴大統領の再出馬の動向は不明ですので省きますと、韓国国内で有力な候補に挙がっているのは2人だそうです。

一人は現在、国連事務総長である「潘基文パン・ギムン)氏」、そしてもう一人は前回朴大統領に敗れた野党「共に民主党」の前代表だった「文在寅ムン・ジェイン)氏」の2人が最有力なんだそうです。

その内の一人、「文氏」の行動がWEBニュースで取り上げられました。

続きを読む "選挙に 「竹島」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月27日

ことさらの気遣い

神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起こった大量虐殺事件は日本国内だけでなく、海外でも詳しく報道され、その注目度は大変なものです。

それだけ、衝撃的な殺人事件の一つだったと言えます。

神奈川県警では、殺人などの被害者は公表するのが通例だが、今回の事件について県警は「(現場の)施設にはさまざまな障害を抱えた‘知的障害者’の被害者がだったこと、そして「被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」と理由をふまえ、被害者の名前を公表しない方針を明らかにしたそうです。

マスコミでも、年齢や男女の報道は有りましたが、実名報道は無かったと思いますね。

そんなことは、もうズ~っと昔から「犯罪者には人権が有って、被害者には人権は無いのか?」と騒がれていることですよね。

いまさら「障害者だから匿名。健常者だから公表。」というのは、国家が未だに‘被害者の人権’を尊重しないという、いわば全ての被害者の人権侵害という憲法違反行為を解決していない証拠でしょう。

改憲を主張する人々や与党、その前にもっと現行憲法をお勉強するのが先決ではないでしょうか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月26日

摘発・・・「ポケモンGO」をしていた大学生

福島署は、福島市の市道で車を運転中に、スマートフォン向け人気ゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」をしていたとして、が道交法違反(運転中の携帯電話・スマホ使用禁止)の疑いで県内の男子大学生(20)を摘発していたことが報道されました。

「ポケモンGO」が配信開始となった22日以降、車やバイクの運転中にゲームをしていたとして摘発されるケースが全国で相次いでいるようですが、福島県内ではは初めての摘発だそうです。

これにより、この大学生には交通違反点数が1点加算され、反則金が6000円(たぶん)の支払いが待っているはずです。(事故を起していれば違反点数は2点

この大学生、今回は乗用車を運転中だったのでこれで済みましたが、もし自車での摘発だったら「5万円以下の罰金」という行政処分でしたので、これからはこう言う行為はやめてもらいたいです。

いずれにしても、今回の問題はとても危険な事態になることを防止する「運転中の携帯やスマホの使用禁止」と言う道交法に違反したことが問題なんですよね。

しかし、警察はソフトへの注意警戒の行動ばかりが目立ち、なんとも変な規制ができないかと、危惧を感じています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月25日

後を絶たない‘自てん車の逆走’

交通法規改正だとか言って大騒ぎをしてから1年以上経ちましたが、あいかわらず自転車の違反運転は後を絶ちません。

特に、一時停止無視=交差点からの飛び出し運転、そして右側走行、逆走運転ですね。

きょうも、母を病院に送迎したときに、歩道無しの片側1車線を逆走してくる中高年の男性とでくわし、対向車との擦れ違いに大迷惑となりました。

その後も、本人は全く何も無かったかのように、左右にふらつきながら右側を悠然と走行していきました。

一昨日のことです。
妻の実家にお中元を届けに行ったのですが、そこで義兄の提案で二本松市内の、某店で外食をしようと出かけたときのことです。

続きを読む "後を絶たない‘自てん車の逆走’"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月24日

やっぱり聖光

24日(日)のきょうは、郡山市の開成山球場で甲子園球場を目指す全国高校野球選手権福島大会の決勝戦の日でした。

決勝は、前人未到の県大会10連覇を狙う第1シードの私立聖光学院高校(伊達市)と、10年ぶりの甲子園を目指す第2シードで今年になって無敗で春の優勝校の県立光南高校(矢吹町)が対戦しました。

‘聖なる光’対‘南の光’、光対決の結果は、「6対5」で聖光学院が13回目の優勝を果たしました。そして10連覇達成です。

試合終了後の聖光のキャプテンの涙は、10連覇のプレッシャーのものすごさを表していた気がします。

しかし、10連覇は凄すぎます。目立った選手は居ませんが、甲子園でも活躍してもらいたいです。

ちなみに、敗れた県立光南高校がある矢吹町は、昨年までプロ野球の横浜DeNAベイスターズ監督をやっていた元巨人軍の「中畑 清さん」の故郷です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月17日 - 2016年7月23日 | トップページ | 2016年7月31日 - 2016年8月6日 »