« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年1月31日 - 2016年2月6日 »

2016年1月24日 - 2016年1月30日の7件の記事

2016年1月30日

安倍総理は‘報道規制が好き’?!

ちょっと古い、2015年11月21日付WEBニュースでおもしろいものを発見しました。

日本国内のマスメディアにはたぶん取り上げられなかったか?取り上げられたとしてもものすごく小さかったか?で私には全く記憶の無い内容なのです。

それは、国連人権理事会で「表現の自由」を担当し、その調査の特別報告者であるデビッド・ケイ(アメリカ・カリフォルニア大法学教授)らは昨年の12月1日~8日まで日本に訪問滞在し、調査を予定していたのですが、日本政府側から突然に“来年(2016)の秋ごろ”まで延期の申し入れが出され来日が叶わなかったというものです。

続に言う日本政府の‘ドタキャン’です。同教授の話しですと、日本政府とは事前に十分に話し合い日取りを決めて経緯があり、ジュネーブにて何度も再考を求めたようですが、日本政府側の決定は変らなかったようです。

日本政府側の理由↓

たてまえは>

  • 予算編成作業や他の業務との関係で、政府として十分受け入れ態勢を整えることが困難な見通し。そのため、日程の再調整を申し入れた。

本音は>

  • 2016年秋まで延期ということは、2016年夏に行われる参議院選挙前のデビッド・ケイ氏(アメリカ・カリフォルニア大法学教授)らの来日調査により、安倍政権の選挙戦にとって不利になる調査報告がなされる可能性が考えられるので「入国拒否」

続きを読む "安倍総理は‘報道規制が好き’?!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月29日

甘利から石原へ

甘利特命大臣が説明記者会、その会見は大臣職の辞職発表まで至りましたね。そして、その記者会見終了から1時間後には新たな大臣には石原衆議が内定した報道が流れました。

電光石火と言うか、だいぶ前からシナリオが描かれていたというか、手回しの良さに拍手喝采です。

石原衆議が閣僚にはいる、これで安倍総理の党内ライバルの石破衆議と石原衆議の二人を次期総裁選挙からの封じ込めに成功したことになろうかと思いますが、そう考えたとしたら安倍総理の人事は巧みですね。

ところで、甘利大臣の記者会見を最後まで放送したのはNHKだけでしたね。民放各社は、金銭授受を認めた段階で中継を止めてしまいましたので、辞職報道をライブで行ったのはNHKだけになってしまいました。

記者会見の最後に、各社からの質問で興味深い発言(言い訳)が甘利大臣から発せられました。

「現在の‘小選挙区制度’では、より広く多くの方々とお会いしたり接しないと(選挙で)落選してしまうのです。そのために、遭う相手のスクリーニング(身元調査など)がどうしても甘くなり、今回のようなことが起ってしまうのです」

旧体制の中選挙区にも欠点は少なくなかったですが、現行の小選挙区よりは中選挙区制度の方がましだったと思う私にとって、甘利大臣のこの発言は、たんなる苦し紛れの言い訳に終わらず、国会でもう一度考えてみるいい機会にしてもらいたいと思いました。

はたして、どうなるか?

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2016年1月28日

SNS

最近の芸能ニュースや、事件で被害者や容疑者の行動などを紹介するときに「SNSには・・・」と言うのを多く耳にするようになりました。

わたしは、初めて聞いたときには全く解りませんでしたが、話の内容から、なんとなくスマホやパソコンでの投稿サイトなどを指しているようだなと理解でき始めました。

でも、完全には解かった訳では無く、調べてみることになりました。

ウイキペディア等によると↓

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービス( Social Networking Service、)の頭文字をとったもので、インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築するサービスのことである。

一般的にはFacebook、LINEなどのサービスを指すが、広義にはブログや電子掲示板もSNSに含まれることがある。
狭義には、コミュニティ型の会員制のサービスを提供するウェブサイトも含まれる。

その意義内容から‘Twitter’に関してはSNSには含まれない。

↑とありました。

確信は無かったですが「SNS=Twitter」だと思っていた私は読んでビックリしてしまいました。

テレビ報道などでもSNSといったらTwitterなどを指しているようですが、もしかして意味を知らずに使用されているのか?それとも意味合いが変化しているのでしょうか?

なおさら、解らなくなってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月27日

‘しびれる試合’と勝利

ついにやりました。AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準決勝の日本(U-23代表)対イラク(U-23代表)の対戦が日本時間の26日22時過ぎから行われ、2対1で日本が勝利し代表枠である「3位以内」を決定し、オリンピック出場を決めました。

あとは、30日()に行われる決勝で主催地のカタールに勝った韓国と対戦することになりますが、これでも勝利し、オリンピックでの初戦を少しでも有利にしたいものです。

今回のアジア予選の地は、1993(平成5)年10月28日、アメリカW初出場を目前にして起こった、サッカーファンなら忘れることができない「ドーハの悲劇」の場所です。

それも、今回も対戦相手も同じイラクでしたし試合展開まで同じようなものとなり、嫌な思いが出ずにはいられませんでした。

しかし、最後のアディショナルタイムに勝利を呼び込んだのは、今度は日本でした。ライブで視ていた私は、嬉しかったなんて言うもんじゃなかったです。

そして、勝利後のインタビューには今回も手倉森監督の慣例の言葉が発せられました。

「きょうも‘しびれる試合’でした」

ちょっと早いですが、今年の流行語大賞候補じゃないですかね(happy01

続きを読む "‘しびれる試合’と勝利"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月26日

西日本では水道管が‘凍結!?’

奄美まで雪が降るという寒波で西日本では、隊へだったよですね。お見舞い申し上げます。

ニュースでは水道管が凍って「「シャ、シャワーの お湯が出ない... 凍結したらしい... こんなん初めてだよ」、「氷水みたいな温度で顔洗った」、「水道が凍結して風呂のお湯が出ない&洗濯機が回せない」など、これに対する処置以来が業者などには殺到したようですね。O0480064012611551961

わたしは、その凍結した西日本の住宅の水道管の様子を視てカルチャーショックを受けたんです。ほぼむき出し状態なんですね⇒

↓は、我が家の水道管の外壁部分です。

Img_2776_2断熱材を巻き、さらにその下には熱戦が巻いてあるのが、一般的となっている現在、てっきりどこでもそうなのかと思い込んでいました。

温暖化の今は、凍結そのものが関東以南や西日本などでは稀で、こういうのは不要だったんですね。

今回の寒波で、あらためて我が地域との違いを知ることになりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月25日

1月25日の朝刊1面のトップ写真

昨日のブログの続編です。

昨日の大相撲で10年ぶり日本人力士の大関琴奨菊の初優勝、奄美では115年ぶりの雪が観測されるなどの寒波、そして国会では甘利大臣の金銭問題が全国で大騒ぎされる中、福島県の地元朝刊の1面に載った大きな写真は↓でした。

Photo
都道府県駅伝で1区の学法石川高校(2年)の「遠藤選手」が1位でタスキを手渡したという快挙を持ってきました。
福島県は総合でも6位入賞となり、次回は初優勝を目指すそうです(過去最高成績は2位が2度)。

優勝したら、どんな記事になるのだろう?

それにしても、1区の遠藤選手が昨年同区区間賞を取った福岡の選手とのラストスパート争いは、視てる方が力が入ってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2016年1月24日

区間賞をとった

あすの福島県の地元新聞の一面は、なにになるのでしょうか?

九州や西日本各地で相次いでいる大雪のニュースでしょうか?

大相撲の1月場所で初優勝した大関の琴奨菊のニュースでしょうか?

それとも、本日行われた全国都道府県対抗駅伝で福島県が6位入賞し、さらにスタートの1区で福島県学法石川高校の遠藤選手が区間賞(1位)をとったことでしょうか?

新聞社は、悩むでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年1月31日 - 2016年2月6日 »