« 2016年1月31日 - 2016年2月6日 | トップページ | 2016年2月14日 - 2016年2月20日 »

2016年2月7日 - 2016年2月13日の7件の記事

2016年2月13日

日本国内に生きている冷戦

法務省の法務省の外局に、「公安庁」・「公調」とも略し呼称される「公安調査庁」という政府機関が存在します。

この機関の仕事とは↓

  • 破壊活動防止法、団体規制法などの法令に基づき、公共の安全の確保を図ることを任務とし、オウム真理教への観察処分の実施、周辺諸国などの諸外国や、国内諸団体・国際テロ組織に対する情報の収集・分析を行う治安機関・情報機関。

つまり、政府に対し破壊活動をする可能性が有る悪質・危険な集団を監視するところですね。

マスコミ報道は無いですが、公安庁では毎年「内外情勢の回顧と展望」と称するその監視リポートが発表されているんだそうです。

そのリポートの最新版((15年1月版)には、オウム真理教や他の過激派左翼団体の名称の他に、それらの集団と同率に‘日本共産党’項目が設けられていたそうで・・・

・・ 集団的自衛権問題などを批判しつつ、「安倍政権打倒」の運動を提起・・・

などと最近の動向が詳細に記されているリポートも掲載されていたそうです。

つまり、戦後70年を過ぎた現在でも日本政府の考えでは、「日本共産党=危険左翼集団=監視対象」なのですね。

その賛否は言いませんが、日本政府の共産党アレルギーの凄さ・根深さを改めて知った気がします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月12日

‘軽自動車税’増への業界の交換条件

日本には世界で唯一「軽自動車」という車両規格が存在します。その規格は次のように定められています。

 <軽自動車の規格>

  1. 全長 2400mm(2. 40m)以下
  2. 全幅 1480mm(1. 48m)以下
  3. 全高 2000mm(2. 00m)以下
  4. 排気量 660cc以下
  5. 定員 4名以下
  6. 貨物積載量 350kg以下

現行の車両法で上記規格を僅かでもオーバーすると軽自動車ではなくなり小型車等の扱いとなり、税金も変ってしまいます。
それは輸入車にも‘厳格’に適用されます。

例えば・・・

ドイツ車の「スマート」。(全長2560mm・全幅1515mm・全高1550mm・排気量599cc)は日本の軽自動車より少ない排気量「600cc(599cc)」の車両なのですが、車両全幅が「1515mm」で僅か35mmオーバーのため「小型車」になってしまっています。

続きを読む "‘軽自動車税’増への業界の交換条件"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月11日

北朝への制裁処置決定とその内容

日本政府は北朝鮮に対し、拉致、核、ミサイルなどの問題を解決するため、国連とは別に日本独自の制裁処置を実施することを決めたようです。

・・・日本の独自処置の実施内容・・・

第一】 人的往来の規制措置を実施

  1. 北朝鮮籍者の入国の原則禁止
  2. 在日北朝鮮当局職員及び当該職員が行う当局職員としての活動を補佐する立場にある者の北朝鮮を渡航先とした再入国の原則禁止対象者を従来より拡大
  3. 我が国から北朝鮮への渡航自粛要請
  4. 我が国国家公務員の北朝鮮渡航の原則見合わせ
  5. 北朝鮮籍船舶の乗員等の上陸の原則禁止
  6. 「対北朝鮮の貿易・金融措置に違反し刑の確定した外国人船員の上陸」及び「そのような刑の確定した在日外国人の北朝鮮を渡航先とした再入国」の原則禁止
  7. 在日外国人(朝鮮人)の核・ミサイル技術者の北朝鮮を渡航先とした再入国の禁止

第二】 北朝鮮を仕向地とする支払手段等の携帯輸出届出の下限金額を100万円超から10万円超に引き下げ。
人道目的かつ 10万円以下の場合を除き、北朝鮮向けの支払を原則禁止

第三】 人道目的の船舶を含む全ての北朝鮮籍船舶の入港禁止。
北朝鮮に寄港した第三国籍船舶の入港禁止。

第四】 資産凍結の対象となる関連団体・個人を拡大する。

上記が発表された具体内容ですが・・・“原則禁止”の文字が目立ち過ぎで、断固たる決意が有るんだか?無いんだか?なんともモヤモヤした思いにかられるものです。

外交上か人道上の問題が絡みがあるのでしょうかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月10日

自民スキャンダル

育児休暇取得を検討すると表明していた自民党の宮崎謙介衆院議員(京都3区)について党内外から賛否は上がっていましたが、降ってわいたのが週刊誌での女性タレントとの不倫報道です。

自民党内からも少しづつ賛意の声が増えつつあったところへこの報道、自民党議員は沈黙してしまいました。

ところが、連立を組む公明党の漆原良夫中央幹事会会長は、ハッキリと意見を出しましたね。

国会議員は高い倫理観が要求されている。事実かどうか、本人が国民にきちんと説明する必要がある」
「国会議員は個人の行動も含め、国民から厳しく見られる立場だ。公人としての心得や緊張感を持たなければならない」

甘利衆議の大臣辞任で、馳大臣のスキャンダルなどをもみ消しかけていた自民党にとってはかなりの痛手であることは、誰にでも判りますね。

それに加えて、自民党は今・・・

続きを読む "自民スキャンダル"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2016年2月 9日

福島県だからの‘記事’

わが家では祖父の代から数えてもう何十年と「福島民報」という地元紙のをとっていますが、震災後からその地元紙にには東京電力福島第一原発で起こった事実が連載されています。

それと同じく、その新聞には縦2センチ横4センチほどの小さな欄が毎日掲載され続けているものがあります。

Img_2777

のところがそれです。

このフォトからも非常に小さいことが解ると思います。

ここに掲載されているのは、東日本大震災によって破壊した東京電力福島第一原子力発電所の作業状況が、記載されています。

全国紙では、すでにほぼ忘れられた作業でしょうが、着実に進んでいることがこの小さな記事で判ります。

ただ、わたしは、現場で必死に作業する方達への敬意を含めチェックしていますが、福島県内でもどれだけの人がこの記事を読んでいるか、いや気が付いているかは不明です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 8日

パソコンメーカー維新

東芝の「ダイナブック」、富士通の「FMV」、ソニー「VAIO」は世界でも知られる日本が誇るパソコンのブランドです。

一昔前は世界の販売台数の上位を占めたこともありましたが、現在は外国製品に押されてそのころの勢いは無くなっていることは否めない状況のようです。

それを受け、富士通以外はすべて生産工場は海外に移してしまったようですが、それでもまだ競売力が確保できないようで、3社がパソコン事業の統合に向けて最終調整に入ったようです。

統合の形態は、3社がそれぞれのパソコン事業部を分社し投資ファンド「日本産業パートナーズ」(東京都千代田区)などの資金を基にパソコンの新たな会社を立ち上げるようです。

3社のブランド名は残す計画らしいが、どうなることでしょう?エネループのように変則的はブランド名残しになる可能性もあります。

いずれにしても寂しい限りですが、もしこれによって国産パソコンの単価が下がるとしたら、それは大歓迎です(happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 7日

北の“人工衛星”

北朝鮮による人工衛星の打ち上げが行われました。

日本や諸外国は、『北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射』を強調し、防衛処置を行いましたが、その打ち上げたロケットは宇宙空間に達したようですね。

その報道は確かなもようですが、もし人工衛星の信号が発せられれば、北朝鮮が発表したように、ほんとうに人口衛星打ち上げの実験は成功したことになります。

日米は、ミサイル発射について警戒していますが、もっと問題なのはロケットを宇宙空間まで確実に打ち上げるという科学技術力を認め、そしてその科学技術力の存在を最も警戒すべきではないでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年1月31日 - 2016年2月6日 | トップページ | 2016年2月14日 - 2016年2月20日 »