« 日本に‘『鎖国』は無かった’ | トップページ | 熊本は? »

2017年2月19日

今更聞けない‘封書の裏書’

きょう、住所変更を調べたいのであちこち検索していたら手紙の書き方のところに行きあたり、そこで今まで誤解していた書き方を知ったのです。

Photo←(クリックすると拡大)は封書の裏、つまり差出人の住所氏名を書くところです。

私は今まで自分の住所と名前をそろえて左下側に寄せて書いていました(ブルーの文字の位置)。

ところが・・・
正式には中央に書く、‘黒文字の位置‘だったのです。さらに日付も記載するのがマナー。

わたしは、そんな書き方は一度もやったことが無いです。

それに、いただく封書でもこの‘正式’なものは見たことがありませんので、ズ~ッと自分の書き方が正式だと思っていましたし、それ以外は無いと思っていましたので、これはちょっとした衝撃ものでした。

手紙の葉書も、「表書き」は気にしますが、裏書を気にしたことは無かったことが何の迷いも躊躇もなくそうさせていたのでしょう。

他の人は、この正式な書き方を知っていたのでしょうか?

わたしは次からは、正式なのをやってみようと思っている次第ですが、受け取った側・・・たぶん「変な書き方」などと思われそうな予感がします。

<参考のJPサイト>
https://www.post.japanpost.jp/navi/mame_envelope.html

ただし、
今の市販の封筒には郵便番号枠が左側にプリント済みのが常ですので、わたしのように左下寄せが一般的化していて、住所氏名を並べて書くのもけっして間違った書き方ではないようですし、逆にこちらを推奨しているところも見受けられましたので、ご安心を(happy01

|

« 日本に‘『鎖国』は無かった’ | トップページ | 熊本は? »

コメント

なんとなく知ってはいましたが、実践したことはありませんね。
ましてや日付なんか。
本文に書けば良いのだと思いますし。消印もありますしね。

投稿: もうぞう | 2017年2月19日 18:54

もうぞうさんへpencil

日付の意味は「封印」と関連があるようですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月19日 18:58

こんばんわ。
自分も、もうぞうさんと同じ意見ですね。
とは言っても、実は「封筒書き」、やった経験が無いんですね。

投稿: H.K | 2017年2月19日 19:43

これは知りませんでした。誰から聞いたのかは知りませんが、すっと“玉井人ひろたさん”と同じ書き方をしていました。きっと、家にあった手紙や自分が受け取った手紙もそんな書き方をされていたからかも知れません。勉強になりました。

投稿: koji | 2017年2月19日 22:19

H.Kさんへpencil

葉書も書く人が減っていますからね


kojiさんへpencil

そう言えば、私もどこから書き方を知りえたのか不明ですので、貰ったものを真似ていと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月20日 07:51

こんにちは、玉井人さん。
封書の裏書の正式は方法は知りません
でした。
そうなの~?とちょっと驚きました。

投稿: 浜辺の月 | 2017年2月20日 17:14

浜辺の月さんへpencil

私と同じですね。
知らない人の方が多いのかもしれませんね。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月20日 17:23

個人的な想像ですが、継ぎ目の左右に送り主の住所氏名を
分けて書くのは、偽文書防止の為の割り印のような意味合い
なのでしょうか? 理由を知りたいですね。

投稿: 山桜 | 2017年2月21日 18:55

山桜さんへpencil

私も同じように考えました。判ったら、追加記載したいと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2017年2月22日 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/64913648

この記事へのトラックバック一覧です: 今更聞けない‘封書の裏書’:

« 日本に‘『鎖国』は無かった’ | トップページ | 熊本は? »