« 本来の問題点が薄れていく | トップページ | 公立小学校での卒業生 »

2017年3月22日

法が無い

韓国では朴前大統領の取り調べが行われていますが、なんともあやふやな感じがします。

日本国内でも政治家がらみ問題が重なっていますが、結局のところあやふやになるのでしょう。

政治家や官僚を取り締まる法律には、沢山の例外(抜け穴)が存在しています。
そしてそれは、何か問題が起るまで存在そのものが国民に知らされることはありません。

しかし、それを指南する人物は存在し、利用されてきた歴史があります。

つまり、国民にもそう言う例外を指南・説明する者が居なければ、繰り返されるということです。
それを担うのがマスメディアだと思うのですが、そのマスメディアに能力が無いこと、それが一番の国民の憂えでしょう。

|

« 本来の問題点が薄れていく | トップページ | 公立小学校での卒業生 »

コメント

韓国については同感ですが、最近は「よそのことを言えない」という気分です。

投稿: ましま | 2017年3月23日 09:25

ましまさんへpencil

そうなんですよね。歯がゆい事ばかりです

投稿: 玉井人ひろた | 2017年3月23日 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/65052995

この記事へのトラックバック一覧です: 法が無い:

« 本来の問題点が薄れていく | トップページ | 公立小学校での卒業生 »