« 100年以上前もに‘電気自動車’はあった | トップページ | 本来の問題点が薄れていく »

2017年3月20日

伊那駅伝・・・?

長野県伊那市で行われている『伊那駅伝』と言うのを知っている人はどのくらいいるでしょうか?
たぶん、陸上関係者しか知らない大会じゃないでしょうか。

今年で40回目(女子は32回目)にもなる歴史ある駅伝のようで、これは高校生新チームの実力を見る全国大会として、高校陸上部にとって大事な駅伝になっているんだそうです。

それを裏付けるかのように、ここ2年、伊那駅伝で優勝した高校がその年の12月に京都で開催の『全国高校駅伝』で優勝を果たしているというのです。

今年も彼岸中の3月19日(日)に「春の高校伊南駅伝2017大会」というタイトルで開催されたのですが、今回はBSで生放送されましたので私は視ていたのです。
http://www.ina-ekiden.jp/

福島県からは男子が学法石川高校、女子が田村高校が出場しました。

出場チームは男子が136チーム、女子51チームになりますが、その内の112校=全国、24校=長野県内(内3チームは複数校合同チーム)という内容で、どちらかと言うと長野県内のチームの戦力アップが目的のように感じました。

2017年・男子の総合優勝と入賞チーム順位↓

  1. 佐久長聖(長野県)・・2:10:17(昨年3位)
  2. 西脇工(兵庫県)・・・・2:11:42  
  3. 学法石川(福島県)・・2:12:53(昨年9位)
  4. 倉敷(岡山県)・・・・・・2:13:15  
  5. 埼玉栄(埼玉県)・・・・2:13:15  
  6. 仙台育英(宮城県)・・2:13:22  
  7. 世羅(広島県)・・・・・・2:14:18  
  8. 洛南(京都府)・・・・・・2:14:43  

    ※女子の福島代表の田村高校は20位(51チーム中)。

ご覧の通り福島県の学法石川は3位と高順位でした、昨年も9位で今では優勝の有力校であることが証明されたことになります。

特に1区の区間賞は学法石川の半澤選手だったのには驚きでした。

ちなみに昨年は2区で学法石川の遠藤選手が区間賞を取り、全国駅伝では注目されましたがインフルエンザという敵に屈して散々な成績となりました。

思いがけない大会と、嬉しい結果が視られた彼岸になりました。

|

« 100年以上前もに‘電気自動車’はあった | トップページ | 本来の問題点が薄れていく »

コメント

おもしろそうですが、応援するチームの的をしぼるのに苦労しますね。

投稿: ましま | 2017年3月21日 08:48

ましまさんへpencil

ご自身の都道府県代表を応援すれば良いのではないでしょうか

投稿: 玉井人ひろた | 2017年3月21日 11:27

知りませんでしたね。
これから話題になりそうかな?

投稿: もうぞう | 2017年3月24日 07:16

もうぞうさんへpencil

なりそうな気配ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年3月24日 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/65041527

この記事へのトラックバック一覧です: 伊那駅伝・・・?:

« 100年以上前もに‘電気自動車’はあった | トップページ | 本来の問題点が薄れていく »