« 稲田朋美は‘法律家’(弁護士)・・・? | トップページ | 予報士よりサボテン »

2017年6月29日

お客には「How can I help you?」と言う

日本中に話題を提供した、国内外のバリアフリー事例を紹介する「木島英登バリアフリー研究所」というところの文字通り代表をしている大阪府豊中市在住の「木島英登(ひでとう)さんのホームページの記事のコピペです。↓

2017年6月3日(土) バニラ航空、関空-奄美 チェックインカウンター。
階段の搭乗タラップの写真を見せられ、歩けますか?と聞かれ、歩けませんと返答したら「乗れません」の一言。
 

昇降車などの設備がないのは理解できるが、担いだりのお手伝いはないみたい。
同行者が5人いるので「同行者の手伝いのもと乗降する」というので説得して搭乗しました。
奄美空港では、同行者が私の車いすを取りにいき、3人の同行者に車いすを担いでもらって階段を降りました。
 

完全バリアフリーの清水ヴィラに滞在し、美しい海での最高の思い出を胸に、帰路へ。
2日後の奄美空港。チェックインカウンターで空港の車いすに乗り替えて欲しいと言われる。
 

設備はないのはわかっているので、同行者に階段を担いでもらうのには自分の車いすが簡単。
できるなら自分のを使いたいと返答。すると15分ぐらい待たされて、ようやく回答が。
往路に車いすを担いで降りたのは違反とのこと。
 

飛行機に乗れないのは翌日の仕事にも差し支えるし、非常に困る。なんとか飛行機に乗らないといけない。
「同行者のお手伝いのもと、階段昇降をできるなら」という条件で、ようやく搭乗が認められる。

搭乗タラップの前、同行者が車いすを持ちあげて乗ろうとしたら、ダメ!と静止。
仕方ないので、階段に座って、一段一段、這って登ろうとすると、それもダメだと言ってくる。
無視して上っていくしかない。でないと大阪へ戻れない。
 

同行者は私の足首をもってお手伝い。途中でキャビン・アテンダントが手伝うと駆け下りてきた
機内には折りたたみの小さい機内用車いすが有り。飛行機のドアの前でそれに乗り移る。
その機内用車いすで座席へと移動して、なんとか大阪へ戻ることができました。

http://www.kijikiji.com/self/vanilla.htm

高校時代にラグビーの練習中に背骨が折れて下半身不随となり、それ以来車いす生活の木島氏が同じ待遇を受けたのは2度目、最初のは全日空(2002年)だそうです。

木島氏は、旅客機を利用し世界中でバリアフリーの実態を調べている人物で、世界中で200を超える旅客機を利用しているのですが、搭乗拒否はたった2回、それが全部日本国内航空会社だけというのは驚いてしまいます。

木島氏は、いつも車椅子であることをあえて事前連絡しない人であるため、こんかいのことは同じ車椅子を利用する人々からも「クレイマーだ。私たちと一緒にしてもらいたくない」というような、攻撃も受けているようですが、木島氏の真意を見るとそれは間違った考えだということが解ります。

HPより

>日本は、保護・隔離の意識が強い、障害者専用のバリアフリーとなっているのが特徴です。
法律や条令を遵守しただけの有効に活用されていない(高額予算を費やした)施設やサービスが多く、設備のバリアフリーは非常に進んでいますが、心のバリアフリーは進んでいません。
諸外国なら「歩けますか」などというぶしつけな聞き方はせず、 「How can I help you ? 」どのようにお手伝いすればいいですか?」です。

、外国では全くバリアふりでは無い国でも、障害者に対し職員が手を貸すのを「当たり前」と思っている、それはまるで背が低い人が届かないでいるのを見て、背の高い人が助けるような、なんでもないことだというのです。

ところが日本では法律とかマニュアルに無いと動かない、これを直さないとだめだというのです。

きょうの福島県の地元紙のコラムは日本代表パラリンピック代表で数多くのメダルを取得し、現在はその組織の仕事をしている「河合純一」という全盲の方の記事が掲載されていました。

昨年行われたリオのパラリンピックにおいて、日本は初めて「金メダル無し」で終了したんだそうですが、
河合氏曰く

「これがパラリンピックでは無く、通常のオリンピックだったらマスメディアは激しい批判や攻撃記事が掲載されたはずです。」

つまり、パラリンピックの選手は‘日本代表アスリート’と認めていないからだろうというのです。

くしくも木島氏と河合氏は「身障者には「ヘイトクライム」(差別)が日本人には未だにある」という同じ考え示されたのでした。

木島氏が乗った他の搭乗者は何を思って見ていたのでしょう?

たぶん、こんなときに次々と手を貸す人々が現れるのは、日本では大阪kらいなのかもしれません。

英語圏の国家では航空会社の受付が最初に言うのは「How can I help you?」なんだそうです。

|

« 稲田朋美は‘法律家’(弁護士)・・・? | トップページ | 予報士よりサボテン »

コメント

考えさせられますね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2017年6月30日 12:21

吉田かっちゃんへ

考えちゃいますよね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年6月30日 16:23

長文でしたが、じっくり読みました。
何かの前例や法規に該当しないと、ダメですって言う国なんだと思います。

投稿: もうぞう | 2017年7月 1日 07:20

もうぞうさんへ

共通する2人への思いを合わせたら、まとめられなくなってしまいました

投稿: 玉井人ひろた | 2017年7月 1日 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客には「How can I help you?」と言う:

« 稲田朋美は‘法律家’(弁護士)・・・? | トップページ | 予報士よりサボテン »