« 猫の岩合さんじゃなく、詩人の「和合さん」のこと | トップページ | ‘勘違い’演説 »

2017年6月25日

ダメおやじ VS オニババー

豊田真由子衆院議員が自分の秘書に対し、ヒステリックに暴言と暴力を浴びせたとするあの報道、中高年は思い出したことでしょう。

わたしも、すぐに‘あれ’を思い浮かべました。

昭和50年前後に本やテレビで大ヒットしたなつかしい‘まんが’の「ダメおやじ」です

主人公の『雨野ダメ助』は、ドジでおバカでまったくいいところがない。
会社でも馬鹿にされいじめられ、帰宅すると‘オニババ’の妻冬子に食事抜きなど当たり前、殴る蹴るも日常茶飯事、車にはねられれば「いっそ死んでくれれば金ががっぽり取れたのに!」と言われてしまうなどの虐待されるという、あのマンガです。

娘の雪子、そして息子のタコ坊などのキャラクターもオニババと一緒に虐待するという悲惨なストーリーが、なぜか受けました。

マスメディアは殆ど報道していませんが、あのヒステリックな言葉の内容をよく聞くと、豊田真由子衆院議員がヒステリーを起こすきっかけは、この秘書が後援者の宛先を50件近く間違えるという、とんでもない‘ダメ秘書’ぶりです。

ですから、まるでオニババーとダメおやじの光景そのものにしか、私には感じませんでしたね。

ただ、まんがと違うのは、記録などを取ったり「窮鼠猫を噛む」の秘書の行動です。

もし、
この宛名を大量に間違えたのが、録音するための計画的なものだったとしたら?ちょっと考えちゃいますが・・・いずれにしても、現実のオニババーは負けなんですね。

|

« 猫の岩合さんじゃなく、詩人の「和合さん」のこと | トップページ | ‘勘違い’演説 »

コメント

驚いたのはこのおにばばあの学歴・職歴です。石破さんは無審査で通したようですが、このように立派すぎるのは、逆に変身の可能性ありで、警戒が必要になるでしょう。

投稿: ましま | 2017年6月25日 18:18

ましまさんへ

もしかして、頭が良過ぎて子供のころに反抗期が無かったのかもしれませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年6月25日 18:55

こんばんわ。
今回の豊田氏の事件、あまりにも酷い内容ですね。
何だか「パワハラ」と言う感じですね。

投稿: H.K | 2017年6月25日 21:45

ダメおやじは知っていますが、まるで記憶が残っていません。

あまりに履歴や職歴の良い人って、かえって危ないかもですね。
そもそも小選挙区制に難ありだと思っています。

投稿: もうぞう | 2017年6月26日 05:07

H.Kさんへ

パワハラそのものです


もうぞうさんへ

小選挙区で、中道の議員が無くなったという気がします。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年6月26日 17:07

ひろたさん!
ホント笑うしかないねぇ‼️
何度も繰り返し放映される度
呆れて物も言えないよ〜〜‼️
このバカァ議員はお前だぁ〜〜Σ੧(❛□❛✿)

投稿: Pee | 2017年6月27日 06:37

Peeさんへ

教科書に出そうな「裏表のある人物」ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年6月27日 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメおやじ VS オニババー:

« 猫の岩合さんじゃなく、詩人の「和合さん」のこと | トップページ | ‘勘違い’演説 »