« 水害・・・本当の被害はそこ‘だけ’じゃない | トップページ | IEを終了します・・? »

2017年7月 7日

稲田防衛相が、また、またとんでもないこと

6日夜、BSフジの生放送・報道討論番組『プライムニュース』、昨夜のテーマは都議選の結果についてと、自民党の“魔の2回生議員”についてで、途中から視ていたのですが・・。

ゲストは、自民党側からは石破茂衆議院議員(自民)と、民進党から離脱して今回の都議選では都民ファーストの候補者応援に奔走した長島昭久衆議院議員(無所属)でした。

この二人には「元防衛庁長官」=石破氏、「元防衛副大臣」=長島氏、つまり防衛省の役職を担った経験があり、稲田氏の選挙演説での問題発言にはほとんど同じ(不快な)思いを持っていて、呆れた表情で語られていました。

特に石破氏には、ちょっと強面のMC、反町 理(そりまちおさむ)氏から「石破さんは、魔の2回生議員が誕生したときの自民党幹事長で、新人議員の教育担当した立場だったですよね」という指摘が出されました

それに対し、石破氏は素直に「わたしの教育指導が足りなかったこと、申し訳なく思います」と謝罪の言葉まで出て討論は穏やかな雰囲気で進んでいました。

討論中は続き、九州の大雨被害での自衛隊の大事さなどに話が移ったときに・・・

MCの反町 理氏が、何気なくその日の出来事を語ったのです。

本当に何気なくでした。

「きょう、うちの防衛省の番記者がちょっとこぼしていましてね。

災害現場視察だとか、副大臣も政務官、そして大臣までもどっかに行っちゃって、防衛省で40分ほど不在になってしまい、取材ができなかったらしんですよ。・・・」

すると、穏やかな雰囲気だった二人の表情が少し険しくなったのです。

まず、長島衆議が口火を切って

防衛省に三役全員が不在になることなど未だかつてない事、絶対あってはならないことなんです。
何か緊急事態が起こったときに誰が決断するんですか?

都議選挙のときの発言の問題どころじゃないです。

そっち(三役不在)のほうが、はるかに重大な問題です」

と、声を荒げました

石破氏の口調はもっと深刻なもので、じっくりと話し出しました

「40分もですか?(三役全員が防衛省を不在にした)それが本当なら、絶対にあり得ないこと。

北朝鮮がこれほどミサイルを何本も発射している現状ですよ。北朝鮮がミサイルを発射した場合、たった7分で着弾するんですよ。

たった7分ですよ。秘書が電話して、直ぐに戻れるんですか?

絶対にありえないことです。」

かなり怒っていたのかもしれません。7分とあり得ないを繰り返し強調していました。

長島氏は「任命した総理の責任」と語りましたが、石破氏は

隊員はどんな命令も聞きますが、防衛大臣とは隊員だけじゃなくその隊員の家族からも『あの大臣の命令なら」という信頼を得なければならない立場です。
そのことを、武器装備の事も含め、猛勉強してもらいたい。
それが防衛大臣です」

と、与党と言う立場上でギリギリの苦言を語りました。

尚、稲田氏は同日夜、記者団の質問に書面で不在理由を回答し、「政務として、民間の方々との防衛政策に関する勉強会に出席した」と述べたようです。

もう、稲田防衛相は即刻退任しかないでしょう。自衛隊員が可哀そうです。

|

« 水害・・・本当の被害はそこ‘だけ’じゃない | トップページ | IEを終了します・・? »

コメント

防衛大臣の答弁は、なにか白々しいというか、他人事のように聞こえます。

投稿: もうぞう | 2017年7月 7日 18:56

もうぞうさんへ

「余計なことは、話すな。やるな。」と言われているんでしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年7月 8日 06:11

ほんに、懲りずに軽々しくやってくれています。
出かけたけど、食事はしないで帰ってきたとか?
3役同時留守の防衛省ってどう政治と
向き合おうとしているのでしょう。

投稿: あね | 2017年7月 9日 17:39

あねさんへ

自衛隊の最高指揮官は総理大臣です。だから、防衛相は自由にしていいとでも思っているのでしょうかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2017年7月 9日 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲田防衛相が、また、またとんでもないこと:

« 水害・・・本当の被害はそこ‘だけ’じゃない | トップページ | IEを終了します・・? »