« シッポ切りで・・・済むのか? | トップページ | 白人のサングラス »

2017年8月26日

役場職員が飲酒運転

平成29年の秋の全国交通安全運動(内閣府などが主催)が、9月21日(木)~9月30日(日)までの10日間期間の日程で行われることが発表されています。

今回の重点事項は4つ↓(内閣府HPより)

(1) 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
(2) 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
(3) 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
(4) 飲酒運転根絶

この期間中、全国の自治体では役所と安全協会などが連携しさまざまな取り組みを行います。関係各位にはご苦労さまと言いたいです。

そんな時節に、香川県三木町で起こった町役場職員による酒気帯び運転と事故、そしてその職員のために、同僚の町役場職員がとった裁判所への‘減刑嘆願書’の提出という行動、ただ、ただ、驚きで、さらにその嘆願書の署名には町長まで行っていたとうのは、呆れました。

<逮捕劇とその後の裁判での論告>

  • 起訴された職員は三木町役場上下水道課係長を務める男性役場職員(38)
  • 男性職員は今年2月4日深夜、同僚の‘町役場職員’を乗せて乗用車を運転中、信号待ちの車に追突(負傷者は無し)。
  • 男性は同僚の‘町役場職員’らと飲食店をはしごした後で、呼気から基準値(1リットル中0.15mg以上)の3倍以上のアルコールが検出されため「酒気帯び運転」で現行犯逮捕された。
  • 高松地検は、飲酒を梯子するなど‘悪質’として6月に在宅起訴。

論告で・・・

  • 検察側は‘懲役8ヶ月’を求刑。
  • 弁護側は懲役無しの‘罰金50万円’が相当と主張。

この裁判に際し、三木町役場に勤める職員の4分の1の人数にあたる約120人からなる署名が集められ、松地裁に寛大な判決(罰金刑)を求める嘆願書として提出されたのです。

さらに驚くことに、この嘆願書の署名には「筒井敏行三木町長町」、「植松恵美子副町長」、そして同町教育委員会の「市川隆義教育長」までもそろって署名参加していたのです。

なぜ嘆願書が出されたか?
それは、地方公務員法では公務員は‘禁固刑以上が確定した場合は失職(免職)となる’との規定が有り、‘罰金刑のみ’だと失職だけは免れるからなのです。

調べたら、過去には死亡事故を起した消防職員が家族などの嘆願書で、失職を免れた事例が有りました。

しかし、23日の論告で、検察側はこうした動きについて「驚きと強い違和感を感じる」と述べたそうですが、飲酒を梯子、つまり何件も飲みながら運転し、怪我は無かったが車に追突事故を起したドライバーが、罰金刑だけで済むわけが無いのは当然でしょう。

署名した「筒井敏行三木町長」は取材に

「“罪を憎んで人を憎まず。”町民も理解してくれるはずだ・・・」

と話したそうですが、飲酒運転などの撲滅を推進指導する立場の役場職員と町長、つまり極端に言うと警察側の人間が考えることでしょうか?

根底には「このくらいの飲酒運転。怪我も無かったし許される」という者があることは間違いなく、これこそが飲酒運転による死亡事故が無くならない‘根本屁理屈’です。

もっと問題は、同乗していた役場職員達です。かえって、この職員らの方が罪は重いのではないでしょうか。

それにしても、筒井敏行三木町長、9月の秋の交通安全運動でなんと挨拶するのでしょう?

何を言っても真実味に書けることは間違いないでしょう。

<参考>

今回のように「0.25mg以上」のアルコールの酒気帯び運転の場合

  • 運転者>
    違反点数=25点+6~9点(付加点数)≒31点~34点以上
    免許取り消し=2年~3年
    50万円以下の罰金、または3年以下の懲役
  • 同乗者>
    30万円以下の罰金、または2年以下の懲役

|

« シッポ切りで・・・済むのか? | トップページ | 白人のサングラス »

コメント

(日本中)ガタが来ている

投稿: ましま | 2017年8月26日 08:22

裁判所の判断に注目。

いずれにせよ、嘆願書の動議が解りません。

ある程度の不可抗力の可能性がある犯罪に対して、減刑などの嘆願書なら解りますが……。

このての事件で嘆願書なんて!?、検察側の通り、違和感しか感じませんね。
嘆願書に署名した人も同罪にほぼ等しい。

投稿: マル | 2017年8月26日 16:43

ましまさんへ

そうなんですかね


マルさんへ

同罪に等しいでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月26日 17:52

まったくどうかしていますよ。
飲酒運転はもちろん酒気帯びだって、厳しく運用されるべきです。

投稿: もうぞう | 2017年8月26日 19:10

もうぞうさんへ

私の地域にある大手企業の従業員は、(飲酒では無い)交通事故で解雇されていますからね。
公僕は、立場が違うでしょう。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月26日 21:11

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
何だか、酷い話ですね。
普通ならば、「失職」をすべきなのに・・・。
処分が余りにも、甘過ぎますね。

投稿: H.K | 2017年8月26日 21:33

H.Kさんへ

未だ処分までにはいっていないようですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月27日 07:54

「飲酒運転は危険」だという認識を自分の中にたたき込まないとなくなりませんね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2017年8月28日 11:06

吉田かっちゃんへ

その通りですね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月28日 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役場職員が飲酒運転:

« シッポ切りで・・・済むのか? | トップページ | 白人のサングラス »