« 国保が変る | トップページ | ガーデン・ハックルベリーの実が・・・ »

2017年8月23日

沖縄では

「沖縄タイムス」によれば、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは座り込みを今でも続け、抗議活動を行っているそうです。

8月21日も約40人の反対派市民が米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みを続けていたそうですが、午前9時35分ごろ、県警の機動隊員が “ 道交法違反 ” と警告し、座り込む市民らの腕や足を抱えて強制排除に踏み切ったそうです。

沖縄県庁でも、沖縄防衛局が、岩礁破砕許可が切れた状態で、10月以降、新たに19カ所の海上ボーリング調査を実施することに対し、沖縄県水産課は、認められないとコメントを発表。

沖縄県海岸防災課も、護岸建設での地盤改良について「翁長沖縄県知事の承認を得る必要がある」と、工事は認められないという態度を発表しています。

安倍政権と沖縄県の戦いは、いっこうに鎮静化していないのですが、全国紙も政府もこのこと日て発表は皆無状態です。

閉塞・隠蔽というお隣の中国に似通った国家に向かっているようでゾッとします。

|

« 国保が変る | トップページ | ガーデン・ハックルベリーの実が・・・ »

コメント

全く恐ろしいことですね。全国紙や地方紙は、殆ど掲載しませんし、テレビやラジオも同様です。
反政府に関する事柄が、扱えないマスメディアは、ほぼ≪死に体≫に等しい。
まさか、安倍内閣や政府の圧力はないと信じたいですが……。

マスメディア側が、≪自主規制≫あるいは、≪ソンタク≫をしているならば、圧力よりも、始末が悪いですね。

投稿: マル | 2017年8月23日 07:03

マルさんへ

もし「視聴率が取れないから」だったら、我々の方にも責任が有るとも言えますが、マスメディアはどうしてしまったんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月23日 09:08

県民の意向を国政に反映させるルールがなく道交法などで弾圧するのは、立憲主義憲法のもと違憲だとする意見があります。しかし裁判所までどこかの誰かに忖度してしまう。
国政選挙で革命を起こすしかありません

投稿: ましま | 2017年8月23日 11:24

ましまさんへ

その通りだと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月23日 11:55

普天間くらい、分散したって良いじゃないか?
もっといえば、無くしても困るほどの影響は??

投稿: もうぞう | 2017年8月25日 19:35

もうぞうさんへ

安全保障問題と言うより、米軍費用保障第一主義の日米安保そのものが優先されている以上、アメリカの言いなりになるしかないのが日本政府なんでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月26日 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄では:

« 国保が変る | トップページ | ガーデン・ハックルベリーの実が・・・ »