« 憎しみをもって人は生まれてこないが・・・ | トップページ | 沖縄では »

2017年8月22日

国保が変る

これまで市町村で運営されていた国保事業が、来年平成30年(2018)4月から(政令都市も含め)都道府県に財政運営が移管(一本化)されることになったこと、どれくらいの国保受給支払者が認知しているでしょうか?

↓は福島県のホームページのお知らせサイトのURLです。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21005b/kokuho-kenikan-main.html

わたしは、恥ずかしながら知らないでいました。

ついにというか、個人的には遅すぎた気もしますがやっと国保の対策が始まるのかという思いです。

これで少しは財政が安定しそうに思えますが、国や県の説明を見ると我々への対応は今までとは変わらないといいながら「運営は市町村と相談し・・・」と言う記載があり、まだまだ制度としては不透明な感じです。

公務員の(高額な)共済年金額と同じくらいとまでは言いませんが、受給年金額がこれ以上下がらないことだけを望みます。

|

« 憎しみをもって人は生まれてこないが・・・ | トップページ | 沖縄では »

コメント

国保制度自体が実質的に破綻しています。したがって、そう遠くない未來には、抜本的見直しがあり、行き着くところ、100%税金で賄うようにならざるえない状況ですね。

解っていながら先延ばし、原発のゴミ問題と全く一緒ですね。

子や孫世代に明るい未来をと、願うばかりです。

投稿: マル | 2017年8月22日 06:33

マルさんへ

全国でのグリーンピア破綻という国保の無駄使いが、一番恨めしいです

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月22日 08:03

政令市は変わらないのかな?

投稿: もうぞう | 2017年8月22日 19:12

もうぞうさんへ

どうなんでしょうかね?調べて記事にアップします

投稿: 玉井人ひろた | 2017年8月22日 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国保が変る:

« 憎しみをもって人は生まれてこないが・・・ | トップページ | 沖縄では »