« 2009年9月30日 | トップページ | 全国の世論は‘あれ’だが、福島県はこうだ! »

2017年10月 1日

新党ブームの要因、おれは忘れていない

安倍総理は衆議院解散後初の街頭演説の冒頭に置いて、民進党が希望の党に合流するなどの野党の動きを踏まえて、次のようなことを強調しましたね。

「2009年や1993年にブームが起こり、我々は政権を失った。そして生まれたのは混乱と経済の低迷であります」

なんという事でしょう?

1993年の新党ブームで日本新党・細川内閣が誕生したのも、そして2009年の新党ブームで民主党・鳩山内閣が誕生したのも、与党である自民党が派閥争いや、闇の政治資金集めばかりに奔走し、国民を無視した政治運営が経済を混乱させたからでした。

つまり「新党ブームが経済の低迷と混乱させた」ではなく「政府与党が日本経済を混乱低迷させたから新党ブームが起こった」であり、本末転倒です。

安倍総理は、もう忘れてしまったのでしょうか?

2007年(平成19年)9月10日に第168回国会が召集されたが、安倍総理は所信表明演説をしたものの、そのわずか2日後に衆議院本会議での代表質問の開始直前に突然の辞任表明

それによって急遽誕生した福田政権では「石破茂防衛相」などの闇献金問題が発生したった1年で辞職

次に誕生した麻生政権でも混乱が続き、低迷した日本経済を立て直すことや国民そっちのけで総理の椅子取り合戦に奔走し、その結果政権を奪われたのです。

もう一度言います。安倍総理は、新党ブームが起こった要因を忘れたのでしょうか?

そしてもう一つ、自民党は政権を守るためなりふり構わず社会党と連立を組んだことあること、忘れたのでしょうか?

わたしは覚えています。

|

« 2009年9月30日 | トップページ | 全国の世論は‘あれ’だが、福島県はこうだ! »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
幾ら何でも、「新党」を組んでいても、ちゃんと政権を勤める事ができるのでしょうか。
ただ、「口だけ発言していて、実は何にも出来ない」だけでは駄目ですね。

投稿: H.K | 2017年10月 1日 19:32

以前にも同様なコメントしたような気がしますので、端的に言います。

安倍晋三さんは、嘘つきです。従って、彼が所属している政党には投票しません。

新党や野党共闘など色々ありますが、党首が嘘つきではない政党を選びたいと思います。あるかな!?(笑)

投稿: マル | 2017年10月 1日 23:39

H.Kさんへ

その通りですね


マルさんへ

嘘つきでない党ですか。なるほどそうですね

投稿: 玉井人ひろた | 2017年10月 2日 08:05

『新党』なるものは、離合集散を繰り返し、政界渡り鳥なる議員をつくりだし、政党助成金に群がり己の保身を図る、根無し草議員の拠り所だったこともはっきりしていますね。

投稿: ススム | 2017年10月 2日 11:20

はっきり言って
安倍さんは信用も尊敬もできませんw
すべてにおいて自分の都合のいいように解釈
発言しています。
そんな人に日本の現在、未来をを託せません!

投稿: マコ | 2017年10月 2日 13:36

ススムさんへ

個が強い人の集団ですから、自己の立場が薄くなると離党なんでしょうね


マコさんへ

言い換えれば、政治家とは自分に都合よく解釈できる人がなるように思えます

投稿: 玉井人ひろた | 2017年10月 2日 16:55

わたしなんかも、安倍総理と同じですっかり忘れていましたよ。
思い出させてもらって良かったです。

投稿: もうぞう | 2017年10月 2日 17:51

もうぞうさんへ

安倍総理のは‘意図的’に忘れているのですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年10月 2日 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新党ブームの要因、おれは忘れていない:

« 2009年9月30日 | トップページ | 全国の世論は‘あれ’だが、福島県はこうだ! »