« 11月3日は‘新憲法の公布記念日’ | トップページ | ゆうびん局にて »

2017年11月 5日

親日国家『台湾』の人気観光地とは・・・

朝鮮半島問題や中国問題は新聞紙上から消える日は無いといっても過言じゃないですが、日本領土に最も近い‘国’であり、アジアで最も親日国家である「台湾」についての報道は本当に少ないです。

皆無と言ってもいいかもしれません。

現在の台湾政権は初めて原住民族の党である民進党の蔡英文総統が担っていますが、台湾国内では前政権の国民党の指導者だった蒋介石の銅像が各地で撤去されているのをご存知でしょうか?

日本では知られていませんが、第二次世界大戦後に共産党に追われて台湾に亡命占領した蒋介石軍は台湾人の虐殺をおこなっています。

(※国民党軍が行った台湾人デモ隊への発砲事件=「二・二八事件」)

その数1000万人ともいわれ住民たちは日本語で連絡し合い仲間を確認し、国民党軍と戦ったそうです。(合言葉は「君が代」を歌うこと)

現在でも台湾人にとって「蒋介石はアジア最悪の独裁者」と言う方がいて、その人々が蒋介石銅像撤去運動を行っているようです。

それだけ親日国家である台湾での人気観光地は日本統治下時代の建物だそうです。

その建物の魅力は、2度の大地震にもびくともしないその堅牢さと優美さだそうです。

それにもまして引き付ける魅力は、台湾の人々の「現在の近代国家の基礎を作った日本人の偉人達への尊敬と日本統治時代は古き良き時代」とする思いからだそうです。

台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、歴史ある日本の統治下時代の建築物の数々を紹介しつつ次のような↓

日本人の先達たちが苦難の末に台湾に築いた歴史的建造物や街並みを訪れ、日台の絆を(日本人に)再確認してほしい。」

というコメントを出しています。

もっと知らなくちゃ台湾

今回のドラフトで注目された清宮選手の早実の先輩で、国民栄誉賞の第1号受章者である「王貞治氏」は台湾国籍の人物(在日台湾人)であるがゆえに選挙権が無いことくらいは覚えておきましょう。
(民主党政権時代に選挙権を与える話が出たが、「在日・・には与えられない」と与野党から猛反対を受け廃案になった)

|

« 11月3日は‘新憲法の公布記念日’ | トップページ | ゆうびん局にて »

コメント

父親が出張で台湾に行くときは、神戸港から高砂丸(約1万トン)で立ち、土産は必ずビーフンでした。
朝鮮にも出先があったはずですがあまり覚えていません。父子ともに台湾に戦時から好印象をもっていたのは、そのせいかも知れません。

投稿: ましま | 2017年11月 6日 10:31

ましまさんへ

台湾も中国と同じように反日感情を持っているようなことを日本では報道や学校教育でもやっていて、日本人は台湾を誤解したままになっています。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年11月 6日 17:03

確かに台湾についての情報やニュースは少ないですね。王選手や愛ちゃんの旦那さま他の方々や台湾の地域ニュースを取り上げて貰いたいものですね。それより台湾についてもう少し私自身が興味を持つことが先ですね。ハイ、そうです(^-^;

投稿: 吉田かっちゃん | 2017年11月 6日 17:18

吉田かっちゃんへ

東日本大震災で、最も多く義援金や支援物資をいただいた台湾、実は私もよく解っていません

投稿: 玉井人ひろた | 2017年11月 6日 17:38

中国は1つと決まっていますからね~
国とは認められない?
どいつもこいつも、独立に反対するんですね。

投稿: もうぞう | 2017年11月 6日 18:18

もうぞうさんへ

日本が中国と国交を結ぶ際に「台湾は中国の領土」というのが中国側の条件だったようですね。

ただし、日本もしたたかで「中国側の意見を尊重する」としただけ「領土と認める」とはしなかったようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2017年11月 6日 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親日国家『台湾』の人気観光地とは・・・:

« 11月3日は‘新憲法の公布記念日’ | トップページ | ゆうびん局にて »