« 原発事故は新たな段階 | トップページ | 糖 質 »

2017年12月11日

大東建託  殴打事件

「殴打事件」といったら大相撲の日馬富士のことが今は話題ですが、タイトルのキーワードで検索してみるとネット上では新聞やテレビが会社名を伏せた「大東建託」の社員による殴打事件がヒットするはずです。

事件が起こったのは今から2年前の2015年12月25日クリスマスの日、アパート販売最大手・大東建託株式会社松本支店(長野県松本市)で建築営業を担当する男性社員が、顧客とその家族の頭や顔をハンマーで殴って瀕死の重傷を負わすというものだったようです。

その要因は、大東建託による営業社員に科した猛烈なノルマだそうです。

そのノルマを達成しようと契約獲得に必死で奔走し、ついにはモラルを失って破滅にいたった「優秀」で「忠実」な社員が起こしてしまった事件だそうです。

男を凶行に追いやった同社は他人ごとのような扱いに終始したようですが、組織と言うのは隠蔽という体質をもっていることが常識であることの証しとなる事件でしょう。

そういうことに巻き込まれなかった私は、良かったのか?それともそうでもないのか?なんだか複雑な思いがします。

|

« 原発事故は新たな段階 | トップページ | 糖 質 »

コメント

そうらしいですね。
我が農村地区にも立派なアパートが数軒建っています。
大丈夫かいな?って心配になりますからね。

投稿: もうぞう | 2017年12月12日 19:43

もうぞうさんへpencil

組織を守るためには、個は消されるのでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2017年12月13日 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/66147494

この記事へのトラックバック一覧です: 大東建託  殴打事件:

» 雪下ろし汚職? [反戦塾]
清水建設は11日、環境省や市町村から受注した福島県内の除染工事を統括する執行役員(60)が、同県西会津町にある実家の雪下ろしなどを1次下請け業者に無償で作業させ [続きを読む]

受信: 2017年12月12日 10:02

« 原発事故は新たな段階 | トップページ | 糖 質 »