« 2017年4月23日 - 2017年4月29日 | トップページ | 2017年5月7日 - 2017年5月13日 »

2017年4月30日 - 2017年5月6日の7件の記事

2017年5月 6日

帰還困難区域の山火事で県は二つの火消

東日本大震災の津波によって発生した東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている浪江町(なみえまち)井手の十万山で4月29日(土)に発生した山林火災は、本日5月6日(土)になっても鎮火しなかったことが、報道されました。

消防のヘリなどの必死の消火活動にもかかわらず、雨が降らない日が続いているせいも手伝って丸一週間燃え続けていることになります。

今日の午後5時過ぎごろも我が家の上空を大型ヘリらしきのが低空を異様な大きさの爆音を響かせていきましたが、そのへりも消火活動へ行った帰りのヘリだったのでしょう。

この火災によって、ネット上では・・・

  • 「浪江町の火災で毒ガス(放射性ガス)が巻き散らかされている。風下の県はシェルターに避難したほうがいい」
  • 「東京都江戸川区の空間線量に変化はないというのは、デマ情報だ」
  • 「関東圏は外出注意」
  • 「関東地方から静岡県くらいまでマスク着用(中略)自衛しよう」

等々・・・、放射線の拡散を危惧する書き込みや、健康不安をあおる信ぴょう性が低い情報が続いているようです。

当然の成り行きでしょう。

それに対し福島県内の各報道機関では、

  • 火災現場周辺の放射線監視装置(モニタリングポスト)の値に目立った変動はない。

という県の説名を繰り返し‘デマの火消’も行っています。

雨さえ降れば鎮火する気がします。と思っていたら、雨が降りだしました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年5月 5日

皐月の初の馬の日

本日は、5月のはじめ()の馬()の日ということで「端午の節句」と言うそうですが、本来は旧暦でやりますので、今年なら「5月31日(水)」(旧暦5月6日)が本来の日にあたるようです。

この日は家の床の間などに薬草を入れた「薬玉(くすだま)」を備え、一家の無病息災を祈る風習だったようで、男の子だけの祝いの日では無かったようですね。

現在はその様相が変化してしまいましたが、名前が残っていることこそが意義がある気がします。

ただ、この風習が未来永劫続くかは、なんとも言えないですね。

ところで、私の幼いころは大きさや形は同じ鯉のぼりですが、「丈夫な和紙」製」の鯉のぼりが在り、雨が降ると大変でした。
現在も製造販売はされているんでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日

本日5月4日は‘節分’

明日は子供の日でもありますが、暦には「立夏」とあります。

つまり本日5月4日は夏の節分と言うことになります。

古の家々ではきょう「お節料理」を食べ、季節のp変り目の祝いをしたそうですが、そんな風習は途絶えテレビで報じられるのは「憲法改正」の安倍総理の発言ばかりです。

それの是非は問いませんが、四季の移ろいをめでる心の余裕こそ人として最も大事なもののような気がする、26℃を越す暑いきょうでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 3日

ちょっとした買い物だったはず

暴風による被害などで、あちこち細かな修理を行っていましたら、ある部品が欲しくなり買いに出かけたのですが、2店舗ほど回っても無かったので別のホームセンターへ向かったのです。

そしたら、大型連休の渋滞にはまってしまいました。

特に、買い物を終えて帰宅しようと国道4号の上り車線に入ったら、渋滞が始まったところに遭ってしまったのです。

普段なら簡単な買い物で終了する距離なのですが、倍の時間がかかってしまうこととなりました。

国道は混むのは解かっていたのですが、いつものようなルートをとったのが大間違いでした。
大失敗と思っても、後の祭りでした。

明日からのルート選びはしっかりとやりたいと決意して帰宅となりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年5月 2日

ロタウイルスが流行中

国立感染症研究所の発表によると、4月23日(日)までに全国の医療機関から報告された「ロタウイルス」の感染患者数が4週連続で増加したことが判明したそうです。

特に4月17~4月23日までの1週間の患者の数は、調査を始めた2013年以降では最も多い患者発生になっているそうです。

「ロタウイルス」は、特に乳幼児を中心に急性の胃腸炎を引き起こす病気で、下痢や嘔吐、腹痛などを伴う症状の感染症ですが、成人でも感染します。

なにを隠そう、数年前に私が感染した経験をもっています。

最初は、酷い悪寒から始まり、体の震えや吐き気が起こり、それが収まると数分おきの下痢が何日も続くという、地獄のような苦しみを味わう病気です。

もしかすると、大人の方が感染した場合は酷い気がしました。

何らかの要因で体の免疫が衰えている人は「幼児の感染症」という侮りを捨て、注意した方が良いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 1日

金 正恩は‘クッキー’

アメリカのトランプ大統領がテレビ番組のインタビューで北朝鮮の最高指導者である「金 正恩(キム・ジョンウン)」について、MCに聞かれて答えて言った「“クッキー”」という表現を使ったことが、ちょっとした話題ですね。
(正確には「スモールクッキー」という言い方をしている)

クッキーは、アメリカでは一般的なお菓子ですが、別の意味があることを今回の事で知りました。

<クッキーを人物に対し蔑称とする場合の米語の意味>

  1. 奴(やつ)
  2. やっこさん
  3. かわいこちゃん
  4. 野郎(やろう)
  5. 兄ちゃん(にいちゃん・あんちゃん)

NHKは「奴」と和訳しましたが、本来はかなり小馬鹿にした意味が含まれているようですね。

こういう言葉づかいはアメリカですね。日本で総理大臣などがこんな言葉を使ったならマスメディアを中心に野党は大騒ぎでしょうね。

今回の事で知ったのですが、「オレオ・クッキー」という日本でもよく知られたものも、アメリカでは使い方によっては“白人のように振る舞う黒人”を指していう蔑称になるようです。

けっこう、アメリカの言葉にも危ない隠語があるんですね

ちなみに、日本などの東洋人に対する蔑称に、体型から発生した「ペンギン」という蔑称が存在するのは知っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月30日

100日ルールの結果

アメリカには大統領就任から100日めの成果を診断する慣習があります。

トランプ大統領がついに100日目を迎え、ご本人は国内の雇用の創出や 不法移民の対策に取り組んだことを強調したうえで、今後も「アメリカ第一主義」に基づいて政権運営を行う考えのスピーチが行われました。

歴代の大統領と比べて極めて低い支持率を維持しているトランプ大統領はものとなっていますが、アメリカの世論調査結果が面白い

「評価するにはもう少し時間が必要」

60%の人↑のような評価を回答したというのです。

指示もできないが、評価も難しい、つまりトランプ大統領の型破りのやり方はアメリカ国民には‘未だになんだかよくわからない人物’と感じているということなんでしょう。

国内がそうですから、諸外国はもっと悩んでいることでしょう。

いったい、あの人物は何をやらかすのでしょう

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2017年4月23日 - 2017年4月29日 | トップページ | 2017年5月7日 - 2017年5月13日 »