« 2017年7月23日 - 2017年7月29日 | トップページ | 2017年8月6日 - 2017年8月12日 »

2017年7月30日 - 2017年8月5日の7件の記事

2017年8月 5日

別枠写真の女の子

今朝は、とても不思議な夢を見て目覚めてしまいました。

その夢の内容とは・・・

>私と妻の二人で、とあるスーパーに買い物に行き、会計をするためレジに並んでいた。

そのときレジ越しに「○○くん」と私の名を呼ぶ女性の声がした。

こんなところに知り合いは居ないはずで、並んだ列に同じ名の人が居るのかと横を見たりしていたら、今度はその様子を見て笑いながら「○○くん。わたし、分らないの?」と、白い歯を見せて、顔を見えるようにした私と同年代の女性が、懐かしそうに視線を送っていた。

「あ!、同級生だ」と判った。

ところが、私はその女性の名前が全く浮かばないし、中学生の時の同級生か、はたまた高校の時のかもはっきりしない。

その、同級生は20歳前後の大柄でてもかわいらしい娘さん連れていたので、「娘さんかい?」とか、適当に話を合わせながら、内心では「この人、なんていう同級生だったかなぁ?」と悩み続けているうちに・・・

目合が覚めました。

続きを読む "別枠写真の女の子"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月 4日

あすどら

「あすどら」と聞いて、何のことやらと思ったのですが、なんと‘アスパラガス入りどら焼き’で「あすどら」なのでした。

これは、福島県喜多方市山都町にある県立耶麻農業高等学校の「家庭クラブ」の生徒さんたちが「私たちの活動で地域に元気を呼び込みたい」と、3年前から地域への恩返しとして農業の風評の払拭(ふっしょく)を目指し、地元特産のアスパラガスを使った新商品の開発が始まり、年度をまたぎ先輩から後輩へ引き継がれ、試行錯誤を繰り返し、地域の協力を得ながら2016年にようやく出来上がったものだそうです。

そのどら焼きは、会津産アスパラガスを餡(あん)に練り込んだ「生どら焼き」だそうで、8月5日(土)から会津若松市の和菓子の老舗『菓子司熊野屋』で常設販売されることになりました。

1個税込み200円で、一日平均限定150個が店頭に並ぶそうです。

そう説明を受けても、味もなにも想像がつかないですね。どんな味なんでございましょう?ですよね。

この「あすどら」は2016年のイベントで限定販売されたそうですが、かなりの人気だったそうですから、不味くはないようです。

販売が決まっている熊野屋のご主人が談話を出しているように、高校生じゃないと発想できない商品であることは間違いないです。

さて、売れるのか?味は?・・・ちょっと気になりますが、200円は少し高い気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 3日

安倍“怪増”内閣

安倍政権の新しい内閣の顔ぶれが発表になりました。ころころと良く変わる内閣ですが、今回初めて復興相が変らなかったのは評価しておきましょう。

ただ、安倍総理が強行採決するたびに「国民には丁寧に説明していく、説明する」という‘おことば’それを待っている我々には内閣改造などなんの意味も感じられないのも事実でしょう。

今回は、安倍“怪増”内閣にはならないのか?

来月にもその結果(ぼろ)が出るやもしれませんが、はやく疑念事項(自公)は決着してもらいたいものです

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年8月 2日

ビューッ!ビューッ!・地震です

午前2時、つまり真夜中、久しぶりに携帯とスマホからあの独特の音と音声「ビューッ!ビューッ!・地震です」というエリアメールが鳴り響き、それと同時に大きな揺れの地震が始まりました。(震度3)

そこから、目が冴えてしまって眠れず、明け方近くにちょっとだけうとうととしたようですが、5時ごろには目が覚めてしまいました。

曇りの天気も相まって、きょうは頭が重かったです。

そしたら、「梅雨明けしたらしい」という発表が出され、我が村もやっと長い梅雨が明けました。

これで、気になる天候は台風5号ですかね。風、雨、もういらないです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年8月 1日

迷子と迷い道

「しらべぇ」による、全国の20~60代の男女1342人を対象にして、「よく道に迷う」人に関しての調査結果を見つけました。

  <「よく道に迷う」と回答した人の割合>

  • 全体では・・・30.0
  • 男性では・・・20.1
  • 女性では・・・39.8

年代別にすると20代女性に至っては、半数近い46.6%が「よく迷子になる」状態という結果が出ていますように、「道に迷う」と答えたのは、男性より女性に多いという結果になっています。

私の妹夫婦は、義弟になる夫の方が方向音痴なんですが、やはり女性の方が迷いやすいのでしょうかね。

そういえば、昔、母方の祖母が孫(私にとっては従兄弟)の運転する車で帰宅するため高速に入った際に「方向が逆だ。これでは帰れない」と大騒ぎになった話を思い出しました。

高速のICはクルクル回って出入りする道路だから致し方ないと思いましたが、これも性別に関係があったのでしょうかね?

ところで、スーパーなどで見かける迷子ですが、こちらは私が見る限り迷子のほぼ全員が‘男の子’のように感じます。
特に母親と来店した男の子が多いと思います。

これは、商品に対する男女の興味の違いが要因ですかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月31日

農水省の‘米検査廃止’発言は、忖度か?

7月27日(木)、被災3県の政府交渉(共産党東北ブロック主催)というのが開催されたそうですが、会場は国側からのある答弁によって騒然となったようです。

その中で、福島県から国への要請は↓のものだったようです。

  1. 第二原発の廃炉や賠償の継続
  2. 浜通りの深刻な医療・介護・保育士確保のための処遇引上げへの支援
  3. 避難地域のデマンドタクシーなど地域公共交通などへの支援
  4. JR只見線復旧に関わる自治体の負担軽減
  5. 米の放射線量の全糧検査(全袋検査)の継続とその支援

会場内が騒然となったのは、福島県側から出された5番の「米の全糧検査継続支援要求」に対する農林水産省側からの発言・回答でした。

<農水省の回答>

  • 「(米の線量)“検査の継続は、かえって風評被害を広げる”という声もある。(中略)福島県からの継続要望があれば、検討する」

つまり、風評被害払拭のために行っている米の線量検査は逆効果なので、廃止したほうが良い結果になるのではないかと言うのです。

続きを読む "農水省の‘米検査廃止’発言は、忖度か?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月30日

やっと静かになった村だが・・

いよいよ投票日、村はやっと静かになりました。

それにしても、今回の選挙では気になることがありました。

今回の選挙では、村長選に2人、村議補選に2人、合計で4人の候補者が居たのですが、選挙告示後に見たのは3人だけだったのです。

もう1人の候補者だけは最後まで全く姿を見ず、運動している気配すら感じられませんでした。

私がたまたま気づかなかったのか? いったい、どうしたのでしょうか?

そして、結果は・・・なぜか?大差でその(謎の)候補者が当選、それも当選した村長候補者(現職)より多い得票で、不思議だ。

どんな魔法があったのだろう。

たんに、我が地区は票が取れないから無視したという事か?それなら、そんな考えの議員など信用できない

(※、後日に、この謎の候補者の事を確認したところ、私の集落以外は回ったようで、やはり軽んじられたようです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年7月23日 - 2017年7月29日 | トップページ | 2017年8月6日 - 2017年8月12日 »