« 2017年8月27日 - 2017年9月2日 | トップページ | 2017年9月10日 - 2017年9月16日 »

2017年9月3日 - 2017年9月9日の7件の記事

2017年9月 9日

避難訓練の日に

9月8日夜中の11時23分、秋田県大仙市で最大震度5強を観測した地震は、東日本大震災が発生した2011年4月7日以来の約6年ぶりだったようですね。

学校などの建物に被害があったニュースが流れていましたが、死傷者はどうだったのでしょうかね。

そんなことがあった本日9月9日朝8時から、我が村では大規模災害時の避難訓練が行われました。

訓練は安達太良山が噴火し、泥流や火山灰などから非難するという想定で行われ、エリアメールが鳴り響き、防災無線や、ヘリなども出動して、被害が想定される地区の人たちが指定された避難所2か所(農業環境改善センター玉ノ井小学校)に移動する訓練が行われました。

なんともタイムリーだった気もしますが、「災害は忘れたころにやって来る」という格言が頭をよぎりました。

ちなみに、私の区域はその仮想被害範囲に入っていなかったので、避難訓練には参加していませんでした(coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 8日

ジャンヌダルク

民進党のジャンヌダルクと称された山尾議員が、党を離党しました。

ジャンヌダルクと言えば、自国のために戦ったのに、最後には自分の国によって犯罪者として処刑された悲運の女性ですね。

なんだか、山尾議員はほんとうにジャンヌダルクによく似た結末になった気がします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年9月 7日

さらなる‘プレゼント’

スイスで開かれているジュネーブ軍縮会議で、9月5日に北朝鮮の韓大成(ハン・デソン)大使が演説し、アメリカが北朝鮮に圧力を加え続けた場合、アメリカ宛ての『贈り物』を今後もっと受けることになる」という挑発行為を続けることを示したようです。

同大使はさらに続けて、「(北朝鮮には)圧力や制裁は何の効果もなく、どんな状況においても核抑止の交渉のテーブルにつくことはない」と強調したようです。

当然そこに居た40カ国以上の参加国からは大ブーイングが起こったようです。

おもしろいことには、ミサイル発射や核実験とは、全て(アメリカに対する)北朝鮮の‘自衛手段’の一環であることを主張していることです。

やはり、第二次大戦に参戦する前の日本の様子と酷似していて、ほんとうに戦争を起しそうな気配がしてなりません。

不安だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年9月 6日

再稼働

柏崎刈羽原子力発電所がある新潟県の米山隆一知事が9月4日に事故を起した福島第1原子力発電所を視察しました。

同知事が福島原発を視察するのは初めてだそうで、視察後の報道陣の取材には

2度と事故を起こさないためにこの現場を検証して、起こった以上のことを想定して備えるべきだと思った」
これから検証を進める上で(事故現場の)実感を持って検証をできるのは意味がある。
様々な知見を合わせて(検証を)科学的に進めていきたい。」

などのコメントを出したようですが、この視察で早急に柏崎刈羽原子力発電所を再稼働したい東電の知事への待遇はかなりのものだったようです。

私の驚いたのは、新米山隆一潟県知事が福島第一原発の視察が初めてだったことです。

もっと以前に来ているのかと思いました。いろいろ都合があったんでしょうね。

この視察で柏崎刈羽原子力発電所の再稼働は遅くなるのか?早まるのでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月 5日

くしゃみ・・・連発

始まってしまったようです。わたしの‘秋のアレルギー性鼻炎’です。

ちょうど稲穂が垂れはじめるこの時期に、同じイネ科の雑草の花粉が出始め、それに反応するわけです。

昨日から少しくしゃみが出るな、とは思っていましたが、きょうの草刈りのときは酷かったです。

草刈りとは、そのアレルギーの元凶である草を機械で飛散させながらやるわけですから当たり前の話ですが、草刈り作業より連発クシャミのほうが疲れてしまいました(sad

早々にいつもの飲み薬を飲み、収まりました。

今年は少し早い症状の出かなとも思いましたが、本日は‘旧のお盆(旧暦7月15日)ですから、“順調”な発症のようです(coldsweats01

たぶん例年より酷いのは、長雨で草の成長が異常に盛んなせいかもしれません。今年の長雨がこんなところに現れるとは思いませんでした。

もしかすると日曜日の親睦会での飲みすぎも要因の一つか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年9月 4日

日米マスコミの不思議な共通点、

BSNHKでは世界で放送されている報道番組をそのまま紹介している「ワールドニュース」というコーナーがあります。
もちろん、和訳吹き替えですからその内容は理解できます。

きょうは、アメリカのABCの報道番組が昨日の北朝鮮の核実験実施についてやっていました。

なんだか、日本国内の扱い方よりより深刻な問題として報道していたのには驚きました。

そこで、日本の報道の仕方との変な共通点を見つけたのです。

日本では、北朝鮮のミサイル発射の時もそうですし、今回の核実験についても必ずアナウンサーが

韓国の発表では・・・・」 「アメリカの発表では・・・」

↑を多用するのが常です。

ですから視聴者は「日本では調査ができないのか?監視できないのか?」と思ってしまう人が少なくないのではないでしょうか?

そしたら、きょうのABCアナウンサーが北朝鮮の詳細紹介で何度も使った言葉が↓

日本の報道では・・・」 「日本の発表では・・・」

「あれっ!。どういうこと?。アメリカは日本より詳しいはずでは・・?」悩んでしまいましたが、やはりこういう軍関係のデリケートな問題はどこの政府でも詳しく発表していないのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日

“J -アラーム”・・・?!

先日の北朝鮮によるミサイル発射で発動された‘J-アラート(ALERT)’、その後の検証の結果福島県内でも受信作動しなかった地域が複数あったことが判明しました。

主な理由は、このJ-アラートというのはデジタル信号なのですが、反応しなかった町の防災無線はまだ旧式の‘アナログ受信機’のままだったため、デジタル信号を受信できなかった為のようです。

実は、我が村の防災無線(広報無線)もアナログ方式だったのですが、今年急ピッチでデジタル機器への変換が行われ、先月の中旬までに全村の切り替えが終了していて、寸前で間に合ったのでした。

なんとも、グッとタイミングでした。

いずれにしても、J-アラートが効力を発したものは無く、私たちは早起きしてもどうしようも無かったのも事実です。

これに関して、漫画家の「小林よしのり氏」が、「国民を起しただけで、J-アラートじゃなく“Jアラーム”だ・・・」とブログにアップしていたのを読んで、笑ってしまいました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2017年8月27日 - 2017年9月2日 | トップページ | 2017年9月10日 - 2017年9月16日 »