« 2017年10月22日 - 2017年10月28日 | トップページ | 2017年11月5日 - 2017年11月11日 »

2017年10月29日 - 2017年11月4日の7件の記事

2017年11月 4日

11月3日は‘新憲法の公布記念日’

昭和21年(1946)、‘大日本帝国憲法の第73條’に則り国会の両議会において3分の2以上の議員の賛成を持って憲法改正が行われ、同年の11月3日に‘昭和天皇の名’において新憲法が公布されました。

新憲法公布されたことを記念して、公布された11月3日を「世界で初めて戦争放棄を憲法で宣言した重大な日であり、自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として、11月3日を「文化の日」と定められました。

文化の日とは、たんに文化勲章発表の日では無く、現憲法、とりわけ9条の意義を考える日であるということでしょう。

憲法9条は時の幣原総理大臣が「戦争と軍隊の放棄を示さないと日本はアジア諸国に認められない」と言う考えから発案提言したことは、後に国会で調査され当時の岸信介衆議(自民党総裁、安倍総理の祖父)によって間違いないことが確認され、国会で発表されていますことは、以前にも記しました。

ただし、この憲法9条には欠陥がありました。(今も修正されていない)

続きを読む "11月3日は‘新憲法の公布記念日’"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年11月 3日

スーパーカブと中国

バイク好きの間では「ホンダスーパーカブ」だけをこよなく愛する人々が居て、全国各地の愛好会が存在しています。

そのスーパーカブを生産する本田が、今月の11月10日に約5年ぶりに全面改良した新型車を発売することになっています。
今回の改良では日本での排ガス規制の強化に対応し排ガスに含まれる有害物質を低減したり、前照灯にはLEDを採用し、デザインも現在の角張った形から丸形に変わるようですが、形の基本はたぶん変わらないとは思われます。

知らなかったのですが、ホンダではコスト削減のためスーパーカブは2012年から中国で生産していたんだそうです。

しかし、今回の新型発売を機に中国から生産地を国内(熊本県大津町の工場)に戻すことが決定しています。

これは「中国製」から「日本製」に戻すことでブランド力を揚げる目的があるようですが、実際のところは円安に加え、中国では年々人件費が上昇し以前のようなコスト面での優位性が薄れてきていることが主な要因のようです。

急激な先進国化を進めている習 近平体制で起こった現象だと思います。ホンダに限らず、これから日本企業の中国撤退は進んでいくことは当然でしょう。

しかしながら、習 近平国家主席がそれを黙って見ているとは思えず、なんらかの圧力が日本政府や企業に近いうちに行われる気がしてなりません。

当然、安倍政権は対策があるのでしょう(?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 2日

SERIAL KILLER

犯罪国家でもあるアメリカでは、連続殺人魔のことを「シリアルキラー」と呼びます。

アメリカの人気ドラマと言ったらFBIの活躍を描いたストーリーが一番で、多くのドラマが制作されています。

その多くに「シリアルキラー」というのが登場してきます。

その動機も多種多様、「殺人そのもの性的快楽になる」とか、多くが「快楽、興奮」という麻薬のような精神状態を感じる人間が起こすことが多いとされます。

つまり、連続殺人をする人も普通の人であり、単なる趣味嗜好で殺人を行う人が存在しているということです。

神奈川県座間市で見つかった日本版のシリアルキラー事件、日本人もそう言う思考を有する人々が増えつつあるのかもしれません。

あまりにも異常犯罪なので、日本では犯人は精神鑑定が行われるんでしょうが、‘精神鑑定⇒異常なら無罪’などという考え方やしくみは再考し、改める時期になってきたのではないでしょうか?

警察庁を始めとする司法などの国家機関ではこういう事案に真摯に向き合い、謙虚に論議してもらいたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 1日

日本百低山、そして 三百名山

先日、書店に買い物に行った際に「ん!」と言うタイトルの本が目に入ったのです。

日本百低山’というものでした。

「日本百名山」というのはよく知っていましたが、「百低山」というのもあったのかとそのタイトルに目を奪われてしまいました。

ただ、買いに来た本を探すのを優先してしまいましたので、中身までは見ずに帰宅しました。

帰宅後に、誰の本だろうとネット検索したらタイトルが同じで複数の本がしゃっぱんされているのを知りました。

・日本百低山 (日本山岳ガイド協会) 株式会社 幻冬舎
http://www.gentosha.co.jp/book/b11013.html

・日本百低山(小林泰彦著:)株式会社山と渓谷社
http://yamayama.jp/db/nihon100tei/nihon100tei.xml

たぶん、上記のいずれかだったと思いますが、全国の標高1500m以下の名山を選りすぐったものようです。

続きを読む "日本百低山、そして 三百名山"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年10月31日

岳山に初冠雪

ついに、村の最高峰で百名山にも名を連ねる安達太良山(1700m)が、かなり下の方まで雪で白くなりました。

初冠雪です。ただ、気温はそれほど低くないので直ぐに融けてしまうことでしょう。

今年は里山の紅葉と安達太良山の初冠雪がほぼ同時と言う年になりました。

ただ、初冠雪なのにそれほど寒くはない、田んぼではまだ稲刈りが済んでいないところもありという様相です。

この様子が気象的には何を意味しているかは解りませんが、冬の前ぶれであることは間違いないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月30日

国会での質問時間

国会の質問は、政党や会派間で議席数などを踏まえて質問時間が協議されのが通例です。

その場合に質問時間を人数割りにしたら、与党が多くなるのは当然なことです。

ですから、議員が最も多い自民党は必然的に多くの時間を会得し、時に余った時間で般若心経をとなえたりする‘恥知らずのおバカで議員’が出てくるわけです。

しかし、与党と言うのは行政府を支える党であり、その行政運営はすでに周知承認されているものが国会に出されるわけですから、質問することが有ること自体変な話に感じます。

極端に言えば、質問は与党には要らない気がするわけです。

来月(11月1日)には開かれる予定の国会でもその時間が協議されていますが、与党(自公)は野党の質問時間を‘謙虚に’減らそうとしているようですね。

質問時間の割合は、与党にも質問者は有ることを苦慮し、百歩譲ったとしても与党と野党の質問時間は与党3:野党7ぐらいがフェアーなんじゃないかなぁ・・・?

<追記>

現在は、「与党=20%、野党=80%」の割合になってるらしいが、この割合は民主党政権時に野党である自民党が強力に要求し決まった質問時間割合である。
それ以前は、ほぼ半々だったらしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月29日

神鋼データ改ざん影響はどこまで広がる?

今までの自動車関連の問題で最も広い影響を及ぼしたものとしては、2008年にアメリカで確認された「タカタ」製のエアバックの欠陥問題でしょう。

このことによって今年タカタは経営破たんし会社は消滅しましたが、国内ではいまでも何らかの理由でリコール処置を行わなかった車が‘車検を通らない’などの事案が発生し、9年以上も経った2017年現在でも完全解決をしていないのが現状のようです。

この問題の広がりの凄さに今更ながらに驚かされます。

ところが、今回起った神戸製鋼がアルミの強度などのデータを改ざんしていた問題の影響の広がりはそんなものじゃないくらい広がっていることが判りました。

続きを読む "神鋼データ改ざん影響はどこまで広がる?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2017年10月22日 - 2017年10月28日 | トップページ | 2017年11月5日 - 2017年11月11日 »