« 2017年11月26日 - 2017年12月2日 | トップページ | 2017年12月10日 - 2017年12月16日 »

2017年12月3日 - 2017年12月9日の7件の記事

2017年12月 9日

「12月9日」が旧暦ならば・・・慶応vs明治

慶応3年と4年と言う年は幕府から明治政府へ変化し、元号も二つ存在する日本の歴史上もっとも激変の年でしょう。

日本史でも年号別と西暦と三通りの日付の言い回しが使われ複雑にしています。

例えば>

  • 慶応3年は、翌年の慶応4年(9月)に「明治」という元号に改正されたので、前年が明治元年にした

これがよく解らない。

慶応4年に元号が改められたならその年が元年だと思うのですが、当時の政府は前年の1月1日までさかのぼって「明治」としたわけです。

確かに慶応3年の10月に「大政奉還」が幕府によって行われ、同年の‘12月9日’には新政府によって「大政復古の大号令」という宣言が行われ、完全に幕府と将軍の権力は消滅するということが公示されましたので、ここから明治が始まったといっても過言とはならないでしょう。

しかし、慶応4年の9月に元号が改称されたのだから、戻っても同年の1月1日からが本来の明治だと感じます。

それなら、「なぜ、前年にさかのぼって明治としたのか?」

私の個人的な考えでは、慶応4年の干支(十干十二支=えと)が「戊辰(つちのえたつ・ぼしん)」だったことから「戊辰戦争」と名付けられた明治政府側の理論からすれば「反乱軍制圧掃討作戦」を正当な行為とするためには、「我が方が以前から認められた政府だった」としなくてはならなかったのでしょう。(さらに、皇室典範がまだ無かった)

150年ほど経った今でも、福島県には官軍ではなく東軍と呼び、賊軍ではなく西軍という言い方が存在しています。

今年、旧長州の山口県山口市と福島県会津若松市が和解宣言なるようなセレモニーが行われましたが、それほど根深い遺恨が存在していることも事実です。

戦争とは内戦も含め、遺恨と言う未来の火種が消えるまで終わらない、厄介なものです。政をするものは、そのことを熟慮するべきでしょう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月 8日

‘ナイラ’ vs 「 貴 」、そして消えたビール瓶

ずっとこのブログでは取りあげていなかった大相撲の暴行問題、今週発売された週刊新潮の12月14日号に記載された記事の内容が、今まで報道されているテレビや新聞そして相撲協会が発表していることとの違いにちょっとした衝撃を感じたので、記事にしてみました。

その1>“ビール瓶では殴っていない”が、リモコンでは殴った。

 新潮>日馬富士は、ビール瓶を逆手に持って最も硬いビール瓶の底で突きおろして、なんども殴ったらしい。

Cocolog_oekaki_2017_12_08_17_07

続きを読む "‘ナイラ’ vs 「 貴 」、そして消えたビール瓶"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月 7日

きょうは‘大雪’と書いて

日本語には同じ漢字なのに読み方で意味が変わるものが、非常に多いです。

タイトルの「大雪」もその一つで、これを「おおゆき」と読んでしまうと単なる気象現象になってしまいますが、これを「たいせつ」と読むと‘二十四節気’の一つとなってしまいます。

本日は、その二十四節気のほうの「大雪(たいせつ)」にあたります。

太陽黄径255度、小雪から数えて15日目ごろを指す言葉ですが、意味は、山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節であることを知らせ、本格的な冬の寒さへの対策喚起となるのでしょう。

確かに日差しは暖かな日でしたが、風の冷たさはなかなかのものでしたし、ちょっとだけ年の瀬の気分が出てきた思いの日でした。

ただ、旧暦ではまだ10月の20日なんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年12月 6日

コピー用紙  『 坪量 (g/㎡)』  裏移り

いろいろな会の集会に資料を作るのがちょっとした親睦会でも一般的になった昨今、パソコンとプリンターは必需品になった感があります。

その資料をプリントするのに使用するのはコピー用紙です。このコピー用紙にはピンからキリまで存在し、迷うことしきりです。

年末になってその資料などをつくる役であるわたしは、その紙を節約しようと両面プリント、つまりコピー用紙の裏表にプリントすることを選択しました。

そしてプリントを始めたのですが、気がかりは両面印刷でもっとも厄介な「裏移り」です。

ためしに、今持っている安価なコピー用紙で1枚プリントしてみたら、裏のが多少は透けて見えますが裏移り程では無く気にならないので全部やってしまいました。

終ってしまってから、使用した紙が適切だったのか?きゅうに気になりだし使用した紙を調べました。

続きを読む "コピー用紙  『 坪量 (g/㎡)』  裏移り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 5日

エルサレム

トランプ大統領、こんどはパレスチナとイスラエルの問題に口を出してきたらしいです。

北朝鮮問題もそうですが、火種を煽るのが好きなのでしょうか?

それとも一気に解決する救世主になるのでしょうか?

最近、自衛隊募集のチラシが頻繁に出されている気がしますが、自衛隊を辞める隊員が続出しているのでしょうか?それとも、国が増員を図っているのでしょうか?

疑問ばかりの世の中です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年12月 4日

蕎麦じゃないのに‘焼きそば’とはこれいかに?

解ったような、わからないような食の問答を作ってみました。

問・・・「蕎麦じゃないのに『焼きそば』とは これいかに?」

答・・・「腐っていないのに、『豆腐』と言うがごとし」

質問サイトでは、蕎麦粉を使わないのに「焼きそば」という理由は

  • 焼きそばのソバは(小麦の)「中華そば」のことである。

という、明快で単純な答えが見受けられました。なるほどと、思わずうなずいてしまいました。

しかし、直ぐに「蕎麦じゃないのに『中華そば』とはこれいかに?」という疑問が出てしまいましたが、その答えはそれほど難しくないものでした。

まだ、日本に小麦が無かったころ、「麺=蕎麦」だったそうです。ですから小麦を材料とした麺も中華の「そば」と呼ぶようになったというのが、真相のようです。

ただ、国は材料が蕎麦粉じゃないものを「そば(蕎麦)」と言うのはまずいとして規制しようとしたらしいのです。
ですが結局は「昔から馴染んだ言い方」として変えられなかったそうです。

それでも、区別はするべきと言う考えは残り、業者では「蕎麦粉を使ったのは『○○蕎麦』」として、小麦粉を使ったのは『○○そば』」と、言うふうに原則として漢字とひらがなで区別しているんだそうです。

カップ焼きそばなどが‘ひらがな’になっている理由は、それだったんですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年12月 3日

ドライブレコーダーが逆走防止

その重要性が急激に強まっているドライブレコーダーですが、オートバックスでは新機能が付いたドライブレコーダー「HDR-75GA」を今月から発売を開始したようです。

その新たな機能とは「逆走予防」の機能です。

報道によれば、そのドライブレコーダーの機能とは↓

  • GPSでクルマの走行を監視し、逆走を画面と音声で警告
  • 体には全国2500か所以上、約1万5000ポイントのインターチェンジ(IC)やジャンクション(JCT)、サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)などが登録されており、出入口で誤って進入しないように登録ポイントへ接近するとモニター画面に表示し音声で警告
  • 事故多発地点(約1700か所)やヒヤリハット地点(約150か所)に近づいた時にも警告

価格は2万7999円(税別)と、カーナビと比べれば高くないのも魅力のようです。

近い将来、カーナビとドライブレコーダーは一体型になって、標準装備になるんでしょうが、早くなってほしいものです。

そして、標準じゃない旧型などの車への装着が無料になったら、ありがたい話です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年11月26日 - 2017年12月2日 | トップページ | 2017年12月10日 - 2017年12月16日 »