« 人の運 | トップページ | 「退職」と「辞職」の使い分け »

2018年3月21日

中国 ?< トランプ >? 台湾

「中国」(中華人民共和国)と「台湾」(中華民国・台北)との関係は非常に複雑な関係ですが、国際的には中国が主張する台湾は中国領土の一部だとする「一つの中国」の主張を、容認されています(※法王が居るバチカン市国など一部の国家だけが「台湾は独立国」としている)

アメリカが中国との国交樹立の際の条件として「一つの中国」を承認することであったため、現職として承認したのですが、実際は台湾を独立国家として外交を行っているのが現状です。

ただ、表向きでも「台湾は中国の一部」ということで、台湾との外交には規制が行われてきました。

  1. 台湾の総統、副総統、行政院長(=首相)、外交部長(=外相)、国防部長(=国防相)のワシントン訪問を許さず
  2. 台湾大使館は置かない、ただし職員の活動を制限し「駐米台北代表処(大使館相当)」は置く
  3. アメリカの経済、文化部門以外の高官の台湾訪問も差し控えて来た

つまり、米中国交樹立の条件は中国への配慮により歴代大統領によって守られてきました。

ところが、
今回のトランプ大統領がこのタブーをあっさり破ってしまったようなのです

3月16日(金)、トランプ大統領は『台湾旅行法案』に署名し、これまでの台湾への規制を撤廃したのです。

  1. あらゆるレベルの米政府当局者が台湾を訪問し、相応の台湾政府当局者と会談することを認める
  2. 駐米台北代表処(大使館総統)の職員のアメリカ国内で公式に活動することも奨励する
  3. 台湾の高官が米国に入国し、尊重を受けながら国務省や国防総省及びその他の政府当局者と会談することを認める

つまり「台湾は中国の一部ではなく、独立国家である」と発表したことになります。

中国の反発は必至でしょう。どうなることやら、そして日本はどうするのでしょう?

それどころじゃない日本政府ですかね。

ちなみに、日本も日中国交樹立のときに同じ条件「一つの中国」を出されていますが、その答えは当時の大平外務大臣を中心に非常に巧みな解答をしています。

「一つの中国」という、中国の考えを‘尊重する’。

一見すると中国の考えを承認したかのように見えますが、「尊重する」に留め‘承認していない’ことをうまくカモフラージュするという手法にしたのです(韓国も同じ)。

日本人らしい‘言葉遊び’ではないでしょうか。

|

« 人の運 | トップページ | 「退職」と「辞職」の使い分け »

コメント

安倍さんのように一方通行でなくトランプはその名の通り裏表の使い方が実にうまい。習さんもそのあたりは知っています。

投稿: ましま | 2018年3月21日 19:56

ましまさんへ

したたかですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2018年3月21日 21:02

オリンピックなどでは、「地域」として出場していますよね。
チャイニーズタイペイ?
ここで少々過激な意見を、
北方領土や竹島の所有権を放棄する。
その代わりに、その国とは国交を断絶する。
あくまで「意見」ですからね。

投稿: もうぞう | 2018年3月23日 19:37

もうぞうさんへ

国際的に孤立するでしょうが、その考え方も外交手段でちらつかせるのは有りかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2018年3月23日 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国 ?< トランプ >? 台湾:

« 人の運 | トップページ | 「退職」と「辞職」の使い分け »