« 医療と大相撲と女性 | トップページ | はなじぶん »

2018年4月 6日

公文書隠蔽は・・・

都合の悪い公文書の隠蔽は、財務省、厚生労働省、防衛省まで広がりを見せて、未だかつてないことだとマスコミや世間は騒いでいますが、今に始まったことではないと思います。

もっと昔にも有りました。

平成8年(1996)に旧厚生省が隠蔽した血液製剤によるHIV感染問題(エイズ問題)の公文書、あの時も役人は「無い」としていたのですが当時の官直人衆議らが厚生省に乗り込んだら出てきたと記憶しています。

公務員の体質というか、‘日本の体質’なのかもしれません。

つまり、永久に改められないということでしょう。

|

« 医療と大相撲と女性 | トップページ | はなじぶん »

コメント

ほう、なるほどね~
よくご存じですね~
しかし、いつまで経っても無くならないとは、情けないですね。

投稿: もうぞう | 2018年4月 7日 19:01

もうぞうさんへpencil

これも“伝統文化”かもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2018年4月 8日 08:02

悪しき伝統文化ですね。
権力は自分に都合の悪いことをかくすのは、
ま、権力を持っていない人にもまま あることですが。
しかし、公文書は国民の財産。
それを勝手に改ざんするということは民主主義が
弱まっている、といえるかもしれません。

投稿: へこきあねさ | 2018年4月 8日 16:06

へこきあねさんへpencil

役人がそんな大変な犯罪をしなくてはならなくなった原因が、本当の諸悪の根源でしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2018年4月 8日 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/66581948

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書隠蔽は・・・:

» 日本の改ざん文化 [反戦塾]
文書改ざん、秘匿問題がいつまでも尾を引いている。加計が文科省、森友は財務省、自衛隊海外派遣防衛省。防衛省は稲田大臣失脚で収まったかと思ったら残り火でさらに火勢が [続きを読む]

受信: 2018年4月 6日 20:32

« 医療と大相撲と女性 | トップページ | はなじぶん »