« これがお金なら・・・ | トップページ | もっと、言いようがあるだろうに »

2018年6月19日

地震の街を走る中学生

最大震度6弱を記録した大阪の地震、倒れた塀、棟が無くなった瓦屋根、東日本大震災で散々見せつけられた、その光景がテレビにありました。

そのなかできょうテレ朝に投稿があった動画は驚でした。

自宅の二階にいたある主婦が揺れが収まって、外の様子を撮影しはじめると、下のほうから女性のような大きな声が飛び込んできました。

「怪我してる人はいませんか?」

「閉じ込められてる人はいますか?」

画面に現れたその声の主は、白いワイシャツに黒いズボンの小柄な男の子、明らかに中学生です。
女性に聞こえたのはまだ声変りがしていないのでしょう。

その男子中学生が町内の家々を回りながら、大きな、大きな声で怪我人と閉じ込められている人が居ないか、たった一人で繰り返し声をかけ通りを走っていったのです。

大人たちは、何度も起きた大震災の教訓のなかには‘近所への呼びかけ’と言うのも有りましたが、消防などでもない一般人が実際に行動を起こすには勇気が欲しいです。

それを中学生は堂々と実践していたわけです。ハッとするほど感動でした。

あれが正義感でしょう。将来はすばらしい大人になりそうな予感がしました。

|

« これがお金なら・・・ | トップページ | もっと、言いようがあるだろうに »

コメント

私も見ました。。。。
昨日からの同じような切り口のTV報道に食傷気味だったのですが、あの映像は新鮮であり、ショックでした!

果たして自分にもできるだろうか?
できないだろうな   (;_;)

投稿: ススム | 2018年6月19日 13:11

ススムさんへpencil

わたしも、できないと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2018年6月19日 13:57

ハッキリとは思い出せません。
見たような見ないような?
ボケの始まりかな?
でも素晴らしいことですね。

投稿: もうぞう | 2018年6月19日 19:24

まあ、すてきな中学生がいるのですね。
とても勇気のあることです。
何が彼をそうさせたのかな・・。
命の大切さ? 地域とのつながり?
彼の家族のあたたかさも感じます。

投稿: へこきあねさ | 2018年6月20日 05:51

もうぞうさんへpencil

あの動画は、テレ朝の報道番組で何秒間放送されただけですので致し方ないでしょう。


へこきあねさんへpencil

何が、彼をそうさせたのでしょうね。

投稿: 玉井人ひろた | 2018年6月20日 08:06

うっとおしい梅雨の時期、さわやかなニュースですね。ほっとします。

投稿: 吉田かっちゃん | 2018年6月20日 11:21

吉田かっちゃんへpencil

もっと話題になるかと思ったのですが、サッカーや加計にかき消されたようです

投稿: 玉井人ひろた | 2018年6月20日 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/66846667

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の街を走る中学生:

« これがお金なら・・・ | トップページ | もっと、言いようがあるだろうに »