« 体感温度指数=100 | トップページ | ひめゆりの塔事件 »

2018年7月16日

ボランティアは自己完結・・・マスコミは?

東日本大震災の時に大きな問題となったことが沢山ありました。

その一つが全国から来て下さったボランティアの方々です。

善意の気持ちで駆けつけていただきほんとうに助かったのですが、そのなかでも特に個人で駆けつけたボランティアの方々のなかにこんな人が↓多くいたのです。

  • 「水は出ないのか?」
  • 「食事はでないのか?・・もっとうまいものはないのか?」
  • 「寝る場所は準備していないのか?」

という(来てやったのにという思いの)要求を自治体に訴えてきて、食事もままならず寝る間もない自治体職員は被災者とボランティアの両方の対応に頭を痛めました。
そのため自治体によっては「ボランティア拒否」まで表明する事態になりました。

そこでボランティアの条件や心得が政府やマスコミで発表されるようになり、今回の西日本災害でもテレビでは盛んに「ボランティアは食料や水など準備し‘自己完結’をお願いします」という注意喚起を放送しています。

そして、もう一つがマスコミ、特にテレビ局です。

今回の災害もそうですが、テレビ局が放送したところと、まったく行かないところでは救助や援助物資の量に雲泥の差が出ます。
テレビ放送の影響力の凄さは、本当に驚きます。

東日本大震災でもそれは同じで、放送されたところへ援助が集中しました。

それだけありがたいテレビ局ですが、東日本大震災ではそのテレビ局スタッフの行動が問題になりました。

ただでさえ、特に福島県ではスーパーやコンビニへの商品が滞り、棚には僅かに入ってくる食料品がすぐに売り切れる状態でしたが、その少ない食料品をテレビ局スタッフ(特に全国放送)が取材のためと称し、被災者を横目に買い占めたのです。

それも大量に買い占めたため、被災者が買えないという問題が起こりましたが、その事に関し7年以上経った今でも謝罪を行ったテレビ局は無いと思います。

そのテレビ局がボランティアに「自己完結」を訴えるのは・・・滑稽です。

|

« 体感温度指数=100 | トップページ | ひめゆりの塔事件 »

コメント

いま尚そのようなボランティアが居るとは情けない、何の為に駆けつけるのか?
神戸の時も、東日本の時も「自分探しの旅」とか無責任な思いで行った人も多かったらしい。
そんな自己陶酔の人達が集まり、夜は酒盛りなどして騒いだとか?
被災者の人達に映るその姿は、ボランティアの名をかたる迷惑な人達でしょうね?

投稿: JACKS | 2018年7月18日 06:32

JACKSさんへpencil

「来てやったぞ」とか「そのくらいは準備されているのだろう」という気楽な考えをもつ人が少なくないということでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2018年7月18日 07:58

実は、数年前まで、ボランティアだから食事や寝る所くらいは、用意してあると思っていました。
だから今、本当にボランティアに行く人には、頭が下がります。

投稿: もうぞう | 2018年7月19日 19:15

もうぞうさんへpencil

受け入れ側の自治体もそう思っていたところがほとんどだったようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2018年7月19日 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/66948321

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアは自己完結・・・マスコミは?:

« 体感温度指数=100 | トップページ | ひめゆりの塔事件 »