« 2位・3位の表彰台での左右の意味・・ | トップページ | 投票所に着いたら・・・あら! »

2018年10月27日

只見線復旧と渡辺謙さん

震災の年の2011年(平成23)の新潟・福島豪雨で只見(只見町)-会津川口(金山町)駅間が不通となっているJR只見線で26日(金)、復旧応援ツアー列車が運行され魚沼市の魚沼青年会議所が企画したツアー客約30人を乗せた列車は同市の小出駅と只見駅を往復しました。

その30人の客の中には新潟県魚沼市出身(旧北魚沼郡広神村生まれ)の俳優渡辺 謙さんもゲスト参加し、会津の只見駅では只見町民の歓迎を受け、町民たちと写真に収まったり、甘酒や郷土料理を楽しんだ様子がきょうの朝刊に掲載されました。

記事よると、渡辺健さんは高校時代(新潟県立小出高校出身)に何度も只見線を利用した思い出があるそうで、

「只見線の復旧は地方がつながるシンボルになる。もっと豪雪の冬を売りにして人を呼び込んでもいいのでは。また乗りたい」

と話していたそうです。

リップサービスもあるのだろうが、高校時代にどういう事で利用していたのか、気になりました。

|

« 2位・3位の表彰台での左右の意味・・ | トップページ | 投票所に着いたら・・・あら! »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
これは、初めて知りました。

投稿: H.K | 2018年10月27日 22:48

H.Kさんへ

私も初めて知りました

投稿: 玉井人ひろた | 2018年10月28日 07:57

旧広神村も只見線が通っていたハズですから、小出までは通学で使ったと思われます。

投稿: もうぞう | 2018年10月30日 07:11

もうぞうさんへ

なるほど、会津に来ていたわけではないのですね

投稿: 玉井人ひろた | 2018年10月30日 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 只見線復旧と渡辺謙さん:

« 2位・3位の表彰台での左右の意味・・ | トップページ | 投票所に着いたら・・・あら! »