« 持っていると使いたくなる | トップページ | 大晦日+1 »

2018年12月30日

LED電球のワット数

平成30年も終わる今頃になって気が付いたことがありました。それは、LED電球についてです。

蛍光灯もそうですが、LED電球の明かりの色には種類があります。白色系の「昼光色」または「昼白色」、そして赤系統の「電球色」の二つになりますね。

この2種類を比較するとある違いがあったのです。たとえば、明るさ同じものでの比較

  • 60型昼光色・810lm=7.3w
  • 60型電球色・810lm=7.8w

    (※パナソニック製品参照)

0.5wの差が在るのがわかりますが、この差はメーカーが違っても同じでした。

つまり、光の色でワット数に差が在るのです。私は今まで「明るさが同じならワット数も同じ」ととばかり思っていたので驚きました。

その理由は解りませんでしたが、電球色というのは少し明るさが落ちるので、同じ明るさにするためワット数が高くなるんだと考えました。

僅かな差ですが、少しでも節電したい人には気になる数値ではないでしょうか(?)

<参考>

>昼光色

  • 寒色系の青っぽい色
  • 小さな文字が見やすく、細かい作業などに向く。
  • 目が疲れやすい

>昼白色

  • 白っぽい色
  • 自然光に近く、洋服などの本来の色が出やすい
  • 人が最も慣れた色

>電球色

  • 赤系の色。
  • 白熱電球に似せた暖かな色
  • 料理が美しく見えやすい

|

« 持っていると使いたくなる | トップページ | 大晦日+1 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」」を読んで。
これは、初めて知りました。

投稿: H.K | 2018年12月30日 21:50

H.Kさんへ

知らない人のほうが多い気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2018年12月31日 08:19

これは知っていました。
理屈はよく分かりませんけど。

投稿: もうぞう | 2018年12月31日 20:52

もうぞうさんへ

さすがです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年1月 1日 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED電球のワット数:

« 持っていると使いたくなる | トップページ | 大晦日+1 »