« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年3月11日 - 2018年3月17日 »

2018年3月4日 - 2018年3月10日の7件の記事

2018年3月10日

仮に 統一すれば

国会では「仮の質問には答弁いたしません」と言った(にやけた)大臣がおられましたが、仮の話しで面白い記事が有りました。

それはものすごく確率が低い話ですが、「仮に北朝鮮と韓国が統一した場合を日本と比較すれば・・・」と、いうものです。

<日本との比較データー>

【人口】
・日本・・・・・1億2700万人
・統一コリア・・・7642.5万人
韓国5127万人、北朝鮮2515.5万人
※日本と韓国は2016年、北朝鮮は2015年のデータ

【面積】
・日本・・・・・・・・37.8万平方キロメートル
・統一コリア・・・22万平方キロメートル
韓国10万平方キロメートル、北朝鮮12万平方キロメートル

続きを読む "仮に 統一すれば"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年3月 9日

申し込み完了?

先日、電話回線をNTTの光から、プロバイダーとのパック料金に変更、つまり「@nifty光」に変更することになって、その申し込み完了のメールがニフティーから届いたのですが、見慣れない申し込みが完了されていたのです。

私の場合、‘ひかりテレビ’はNTTと契約していなかったので、切り替えも「今までと変わらない内容」ということだったのですが、今回はなぜか@nifty光テレビというのも一緒に申し込みになっていたのです。

まったく申し込んだ記憶が無いのにどういうことなのか?と思い、メールでの質問先を探すも見つからず、結局は電話でやるしかないようです。

ところが、そのガイダンスも複雑で判り難い、どうやったら質問をさせないようにしているかのようです。

まずは、明日あたり挑戦しようと思いますが、電話で汗をかきそうです。

だいたい、なぜ申し込みがされてしまったのかが、知りたいです。

パック料金で安くなるから替えたのに、テレビサービス料金を増加されたら結局は同じになってしまいますから、どうしても解約したいです。(光テレビって欲しいですかね?)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月 8日

高齢になって免許更新を忘れたら

運転免許証の有効期限は、更新年の誕生日から1ヶ月後になりますが、うっかり更新を忘れて免許証が失効したとしても再取得することが可能です。

その再取得も早ければ早いほど、試験が免除になるなどの救済制度が設けられています。

  • 失効から「6ヶ月以内
    学科試験…免除
    技能試験…免除
    (※所定の講習と適性検査は有り
     
  • 失効から「6ヶ月超~1年以内」
    学科試験…仮免許試験のみ免除
    技能試験…仮免許試験のみ免除
    (※所定の講習と適性検査は有り

    特 例
    海外旅行、海外勤務、入院(疾病)等のやむを得ない理由で後進ができなかった場合の再取得
    失効から「6ヶ月超~3年以内
    学科試験…免除
    技能試験…免除
    (※所定の講習と適性検査は有り

続きを読む "高齢になって免許更新を忘れたら"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月 7日

復興住宅での‘孤独死’が急増

東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県の災害公営住宅(復興住宅)で昨年1年間に「孤独死」した人の数が前年(2016年)の22人の2.5倍に当たる55人に急増し、仮設住宅での孤独死の年間人数を初めて上回ったことが判明しました。

復興住宅での孤独死の3県での今年1月末までの内訳

  • 総数=98人(男68人、女30人)
  • 宮城=70人、岩手=17人、福島=11人
  • 60歳代以上が84人で8割以上を占める

復興住宅の整備が進んではいるが、住人の生活実態に合わせたものではないことが浮き彫りになってきた感が有るようです。

例えば

  • 綺麗にタイル張りの道路、しかし高齢者はそのタイルに足を取られ転びやすく危険なものとなっている
  • 隣りの音が筒抜けでプライバシーが保てない、2世帯で一件になる復興住宅
  • 押入れの半分が階段になって布団が仕舞えない復興住宅
  • 隙間風が多く、目張りをしないといられない仮設のような住宅
  • 高額の料金が発生する駐車場
  • ひびが入ったコンクリートの敷地

これらの事から隣人同士が争いになったり、そのストレスは想像がつかない状態ですが、その事についての報道も無いので、「仮設暮らしから住宅に入れてよかったろう」と思っていましたわたしには驚きの報道でした。

全部ではないのでしょうが、多生なりとも元々の住民との意識のずれがあることは確かで、そのストレスも大変なものだと思います。

まだまだ、孤独死などの問題は増えることでしょう。あれから‘まだ7年’です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月 6日

パラ駅伝 in TOKYO 2018

第3回パラ駅伝(パラ駅伝 in TOKYO 2018)が3月4日に開催されました。

しかしながら、テレビなどではそのレースの内容より元SMAPメンバーの3人が新曲を披露したことの報道のほうが大きかったですね。
https://www.youtube.com/watch?v=CcbPg-kD7rE

そのために、わが福島県チームの成績などはきょうの地元テレビで初めて知りました。

初参加だった昨年は17チーム参加中の最下位だったそうでしたが、今年はそのリベンジに燃えベストメンバーで臨んだ結果・・・準優勝(1区から途中までは1位)という好成績を上げていました。

よくやりました。もっとレースの模様が報道されてもいいんじゃないですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月 5日

待合室でピロロ・・バシュバシュ・・

きょうは雨空の中、体調を崩した母を連れてかかり付けのクリニックへ行ってきました。

先生が丁寧な応対診療をするため、とても人気のところで母も全幅の信頼を寄せています。
ただし、その丁寧さが転じて非常に時間がかかるところなので、わたしは敬遠しています。

きょうも、20番目くらいだった母が診察になったのは11時半近くになり、それまで母は横になって待っていました。

それから点滴を打ち、帰宅となったのは午後1時過ぎ、待っているこちらのほうが疲れてしまいました。

その待っていた時間の後半ごろの待合室でわたしの蓮迎えに居た40代ぐらいの女性がズ~っとスマホでゲームをやっていたのですが・・・、ピロロロロ、ワ~オ、バキューンとかゲーム音をあたりかまわず鳴らしていたのです。

頭痛ぎみでもある私や、他の人も横目にその中年女性をにらむのですがいっこうに止める気配は無く夢中でやっていました。

言いたくはないですが「いい年をして何だこの女は」と思ってしまいました。

こういう時はクリニックの方で注意してくれるとありがたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年3月 4日

消防団の訓練

本日は春の火災予防を促す、消防団のパレードと放水訓練が行われ、朝からサイレンが鳴り響きました。

午後、模擬火災の放水訓練が有り、見学しました。想定は、山火事で約1000m離れた川から消防団がホースをつなぎ、高低さ約70mほどの高さまで水をくみ上げ消火するというものでした。(消防団ポンプ車11台参加)

Img_3254
20℃ほどの気温のきょう、銀色の完全防備で水が来るのを待つ消防団員、団の袢纏を着ているのは役員です。

左上にチラッと見えるのが放水担当の車両ですが、距離と高低差のためなかなか水が来ません。

Img_3253

続きを読む "消防団の訓練"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年3月11日 - 2018年3月17日 »