« 2018年6月3日 - 2018年6月9日 | トップページ | 2018年6月17日 - 2018年6月23日 »

2018年6月10日 - 2018年6月16日の7件の記事

2018年6月16日

16日は『和菓子の日』

きょう、6月16日は『和菓子の日』なんだそうです。

制定されたのは、昭和53年(1978)11月なんですがその起源は今から千年以上も昔、「承和15年」(848)にさかのぼります。

この年の‘6月16日(旧暦)’に当時の任明天皇(にんみょうてんのう)が「16個」の菓子を供え、病気が無くなり健康で幸せに暮らせるように神様に祈ったのが由来なのだそうです。

その際に神から「元号を‘嘉祥(かしょう・かじょう)’に改めよ」というお告げをいただき、、「承和15年」を「嘉祥元年」にしてしまったという伝説があるそうです。

任明天皇が崩御したのちも元号に使われた「嘉祥」という文字が縁起が良く、祝い事やお菓子にまつわる行事や風習は継承されたそうです。

そこから出たの「和菓子の日=6月16日」と言うわけです。

福島県にも沢山の名物和菓子がありますが、なんといっても「日本三大饅頭」の一つで全国の温泉饅頭の元にもなった柏屋の「薄皮饅頭」が知名度も味も筆頭でしょう。

そうか、きょうは和菓子の日か・・・昨日、手土産にいただいた温泉饅頭もおいしかった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月15日

自転車のペダル

捨てるという義兄から「もったいない」と譲り受けた自転車、ところがこの自転車レースタイプでペダルが固定式だったのです。

Img_3334←これでは危なくて乗れない、実際に義兄も足が外れず転倒したそうです。

ですから譲り受けてから直ぐに固定金具だけは外したのですが、ペダルはそれようなので片面しか足を置けない形状になっていました。

そこでペダルを一般的な自転車の形状に替えようと、外そうとしたのですが、どんなに力を入れてもネジが緩まないのです。

続きを読む "自転車のペダル"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年6月14日

見ただけは“無料”

先月の下旬ごろから、愛車のエンジンをかけるとキュルキュルと異音がし始めていたのですが、その日の最初の始動ののときにだけ鳴りあとは鳴らないので無視していたのです。

ところが今朝はその音が今までになく高く長かったので、いつものディーラーに電話し、「午後なら大丈夫です」の返事をもらい行って見てもらうことにしました。

たぶん、ファンベルト(タイミングベルト)からの音だということは察しがついたので、そのことをサービススタッフに伝えたら、「音はしないので確かなことは言えませんが、べるとでまちがいないとおもいますので、調整しました」と説明を受けて終了となりました。

そして、私が「あれ、料金はいくらなの?」と質問すると「いつも車検をしてくださっているので、料金はけっこうです」と笑顔で言われてしまいました。

40分ほどもかかって点検してもらったのに無料で、助かりました。

帰り際に思ったのです。これが病院などだったら、異常が無くてもしっかり診察料をとるんだろうな・・・と。

病院も検査無しで疾病でもなんでもないことが直ぐに判ったなら無料でいい気がしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月13日

もりた どうじ

昭和50年代(1975~)前半というのはわたしにとって印象的な歌手がとても多い年代です。

ピンクレディー、山口百恵、さとう宗幸、キャンディーズ、ゴダイゴ、クリスタルキング、サーカス等々

でも、心底に残っているのは‘謎の歌手’「森田童子(もりたどうじ)」です。他の歌手とは全く異質な歌い方、歌詞、曲調、そして独特な名前、それは忘れることはできません。

その森田童子さんが4月24日に亡くなっていたことが報道されました。65歳だったんですね。先日亡くなった西條秀樹さんと変わらない年代だったんですね。

年齢以外は、今回も死因は明らかにされず、謎のまま他界されてしまいました。

死までも謎を残す、なんとも不思議な歌手でした(合掌)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月12日

年間800万トンの海のプラスチックごみ

現在、世界の海では‘年間800万トン’にもおよぶプラスチックごみが捨てられていて、漁業や生態系にも大きな影響を及ぼしているのではないかと問題になっているそうです。

6月9日、カナダで開催されていたG7=主要7か国首脳会議の拡大会合でこのことが議題に上がり、「海洋プラスチック憲章」をまとめました。

<憲章の内容>

「プラスチックごみの問題は世界全体の課題として対処する必要があり、海洋保護と持続可能な漁業の実現、沿岸部のコミュニティへの支援などを各国に促す」

ところが、この憲章に賛同し署名をしたのは↓

  1. イギリス
  2. ドイツ
  3. フランス
  4. カナダ
  5. イタリア

日本とアメリカは署名を拒否したのだそうです。

日本政府の理由↓

  • プラスチックごみを減らしていく趣旨には当然、賛成しているが、国内法が整備されておらず、社会にどの程度影響を与えるか現段階でわからないので署名ができなかった。

わかったような解らないような理由ですが・・・

まさか、「アメリカが署名しなかったから」と、いう理由じゃなかったんでしょうね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月11日

李美一曰く「見習うべきは日本」

韓国の李 美一(イ ミイル)と言う人物を日本国内で知っているのは「救う会全国協議会」の関係者だけでしょう。
李 美一(イ ミイル)氏とは‘朝鮮戦争北朝鮮拉致被害者家族協議会’の理事長を務める人物です。

この李氏が、韓国の文在寅大統領が2回も南北首脳会談を行いながら、自国民拉致についてまったく言及しなかったことに強い怒りと悲しみを感じていることを、拉致被害の舞台となった日本、タイ、ルーマニア、フランスをはじめとして13ヶ国でつくる協議会で訴えたというのです。

その内容には↓のような内容もあったらしいのです

北朝鮮が拉致を行いましたが、この問題に対して被害者家族とともに政府が声を上げる唯一の国は日本です。
私はそのような面で日本を非常に高く評価し、私たちが見習わなければならない点が多い国だと考えます。
トランプ大統領に直接安倍総理が会いに行って、拉致された日本人問題を米朝会談で取り上げて解決して欲しいと、お願いすることはそれほど容易なことではありません。
しかし自国民を代表する総理や大統領、そのような方々は困難でもしなければならない時には外国にもお願いをするべきです
。」

日朝会談がどうなるかは不明ですが、拉致被害者の家族の思いは日本人とか韓国人とかの違いは無く、そのことに触れられたくない首脳たちには邪魔なそんなのかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月10日

面 布

BSフジで再放送されている池波正太郎時代小説「剣客商売」、主演は老剣客の秋山小兵衛演じる「藤田まこと」のシリーズです。
「藤田まこと」が他界してから「北大路欣也」もちょっとだけやりましたが、藤田まことには到底及ばない気がしました。

先日の話しは年老いて盲目になった老剣士が、闇討ちにきた武士らと戦い、最後には相打ちで死んでしまうという壮絶なストーリーでした。

そのラストに、秋山小兵衛が持っていた‘懐紙’を死んだ老剣士の遺体の顔の上に乗せるシーンがありました。

ごく当たり前の行為ですが、調べたらご遺体の顔に白い布をかけるというのは日本だけの習慣らしく、改めて「どうしてやるのか?名称は何?」と考えると全く知らずにやっていることに気が付きました。

続きを読む "面 布"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年6月3日 - 2018年6月9日 | トップページ | 2018年6月17日 - 2018年6月23日 »