« 2018年8月5日 - 2018年8月11日 | トップページ | 2018年8月19日 - 2018年8月25日 »

2018年8月12日 - 2018年8月18日の7件の記事

2018年8月18日

ついに夏風邪

朝晩の冷え込み(10℃台)と日中の高温(30℃台)でのゆさぶりで、ついに夏風邪になってしまいました。

前日から兆候はあったのですが、今朝は激しいだるさ、のどの痛み、頭痛に襲われきょうはこらえきれず病院に行ってきました。そのせいか夕方にはだいぶ良くなりましたが、油断はできません。

我が村の明日未明の予想気温は「13.7℃」、今朝とほぼ同じです。ほぼ晩秋の気温です。
暑いのには慣れた体にこの気温はつらすぎです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年8月17日

棚機(たなばた)

‘たなばた’の漢字に「棚機」を当てることは今は無く「七夕」を用いるのが常識です。それも時代の流れで、とやかく言う必要は無いと思います。

さてきょうは旧暦の7月7日、つまり本来の七夕の日、この日、昔(明治以前)は盆棚を組み立て飾り始める日であり、つまりお盆の始まりだったようです。

そしてお盆は7月24日の「地蔵盆」まで続き、地域によっては6月の三十日から8月の一日までの約一月にもなる一大イベントだったわけですが、現在は三日くらいで終了です。

世知辛いとも言えますが、合理的とも言えましょう。

だいじなのは、先祖へ供養と感謝ですから、これもとやかく言う筋合いじゃないのでしょうね。

我が家では本日盆棚を片付けました。半袖Tシャツ1枚では寒い気温で作業は気持ちよいものでしたが、仕舞う時の棚の重さ、気のせいか重く感じました。

筋力が落ちているのか、少し風邪気味の影響か?気になった作業でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月16日

世間話はあのねのね

きょうは午後のゲリラ雷雨が収まってから母を連れて、叔父の家(母の実家)に墓参がてら行ってきました。

母と叔父夫婦の話しは決まって昔話や近所の人の話です。私としては非常に退屈な話ばかりですが、適当に合わせているのが常です。

その中で、面白い話が母の口から出ました。

「よぐ△△病院で合う○○さん、最近見ねんだで、どごがぐえ悪ぃんだべが?」
よく病院で合う○○さん、最近は見ないんだよ。どこか体の具合が悪いだろうか?)

母は真面目に言っていましたのでなにもいいませんでしたが・・・・

わたしは「‘病院’に来ないのはどこも悪いところが無い。健康だからでは?」と心の中でツッコミを入れてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月15日

8月15日・・・「刺身の日」

室町時代後期の書記官・「中原康冨」の文安5年(1448)の8月15日の日記↓

鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり『さしみなます』の名の起り

↑と言う記載が有り、それが文書に登場する「刺身」という言葉の最初だとされ、それを記念して8月15日は「刺身の日」となったそうです。

魚の‘切り身’をなぜ刺身と言うのか?という疑問はこの由来を見ると直ぐに判ります。目印に‘ひれを刺した切り身’ということだったんですね。

ところで「鰻の刺身は無い」と言うことを知っているでしょうか?これは、鰻の血には毒があるからだそうです。

ただ、この毒は加熱すると無毒になるので蒲焼にすれば大丈夫のようですし、所によっては鰻の刺身を食べるところもあるようです。

ならば、同じく毒があるフグの刺身は一般的になったのでしょうか?という疑問が出てしまいます。

やはりフグの方が死を引き替えにしても食べたくなるおいしさがあったということでしょうね。

8月15日は終戦記念日(記念日にしているのは日本とイギリスだけ)だけじゃなく、こういう記念日であることも、世界の人々の舌をうならせている刺身の本家として知っておきたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月14日

三尺道(さんじゃくみち)

高齢の母が、道路を指して言うときに「三尺道(さんじゃくみち)」とか「九尺道(くしゃくみち)」という言葉がよく使われます。

これは、道の幅で道の大きさを表した言い方です。3尺が約90センチ、九尺が約3メートルくらいの道路の事です。
文字通り、九尺道は村の幹道で、三尺道は人がすれ違うことができる道路です。

自動車が無く、移動手段が徒歩であった時代では最も生活に密着し、人々が利用した、いわば生活道路の主役だったのが「九尺道」です。
私の子どものころは、この縦横無尽に張り巡らされた道を利用し、近所に行くときや学校の登下校を楽しんだものでした。

ところが、畑作離れや移動手段が自動車になってくると九尺道=車が行けない道=使えない道、となって誰も通らない場所になってしまいました。

ですから、あるところは個人住宅の一部のようになったり、あるところは畑の持ち主が耕してしまったり、ただの草薮や林になったりして、道であったことすら忘れ去られ始めています。

その道路の存在が明らかになるのは、家を建てたり、新しく道路を造るため測量した時です。

見た目は無くなった小道ですが、行政ではちゃんと公道として記録されているのです。

日本国中で、そういう小道はどのくらいあるのでしょうかね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月13日

宵盆(よいぼん)

きょう、8月13日は‘月遅れお盆’の「迎え盆」の日で、墓参を済ませた夕方に先祖が帰るための目印となる「迎え火」を焚いたりする日でしょうか?

ただ、地域によってそのやり方は違いますのでそれは一概には言えません。

私の地域では、きょうは「宵盆(よいぼん)」と言います。

意味はお盆の前日または前夜ということですが、「宵盆」と呼ぶのは母親の世代だけになった気がします。
別に、呼び方は無くなっても支障はありませんが、わたしとしては残しておきたい言い方だと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月12日

台風は来なかったが

台風は来なかったのですが、きょうの昼近く甥と姪の一家がお盆の墓参のためやってきて、その子ら6人(11歳~3歳)が家の中を引っ掻き回していきました。

表紙が取れた図鑑やら、明るいのに点いたままの懐中電灯等々・・・が無惨に放り出されていました。
以前にも記しましたが、わが家にはエアコンが有りません。その暑い中であれだけ走り回れるパワー、そして食べる飲む、子供は凄い。

それ対し我が母は、来てくれたのは嬉しいのですがひ孫たちの勢いに圧倒されて食欲まで落ちていました

まるで屋内台風でした(coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年8月5日 - 2018年8月11日 | トップページ | 2018年8月19日 - 2018年8月25日 »