« 2018年8月19日 - 2018年8月25日 | トップページ | 2018年9月2日 - 2018年9月8日 »

2018年8月26日 - 2018年9月1日の7件の記事

2018年9月 1日

日航機は撃墜された?!

わたしは知らなかったのですが、大変な問題を提起した衝撃の本があったんですね。

日航123便墜落 遺物は真相を語る』/青山透子・著/河出書房新社

↑がそれです。内容は

今から33年前の日航123便墜落事故は、機体の故障による事故ではなく、自衛隊の訓練用非炸薬ミサイルが日航機を誤って撃墜してしまったものだった

証拠として
・「日航123便」を2機の自衛隊のファントム・ジェット戦闘機が墜落現場まで追尾していたこと
・赤い飛行物体123便に張り付くように飛行していたこと
・まだ特定されていなかった事故現場をアメリカ軍と自衛隊が墜落直前まで探知し、墜落直後にはすでに現場へ行っていたこと

という、衝撃的なものです。

さらに、その本には撃墜の証拠を消すため火炎放射器を使い現場を焼き払たらしい事実があること(遺体がまるで二度焼きしたかのように完全に炭化し、現場にはガソリンとタールの混ざったような異臭がしていた)などの記載が有るようです。

もしこれが事実なら、雇用者水増しや公文書改ざんどころの話しじゃなく、昔に福島県であった未解決事件の「松川事件」に類似する国家の犯罪です。

ただ、真実が明るみになることは無いのでしょうね。また「国調(内閣情報調査室=日本のCIA)」の組織が動いたのでしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年8月31日

ヒジャブのランナー

昨日もアジア競技大会2018を視ていました。100×4の男子リレーでの日本のチームの圧勝は、別次元の速さに嬉しさより感嘆で目を丸くしてしまいました。

昨日はそのレースの前に視たのが、日本は残念ながらエントリー選手は無かったのですが『陸上女子1500m』決勝レースに見入りました。

正確にはイエメン代表の1人の選手に目を取られました。とてもかわいい子であることも一つではありますが、一番はそのユニフォームです。
https://en.asiangames2018.id/athletes/athlete/ALMADHFARI-Entesar-Mohsen-Ali-Saleh-3011886/

暑い中の長距離種目、暑さ対策で選手はほぼビキニ型のユニフォームなのですが、その一人の選手だけが頭から肩まで覆う「ヒジャブ」、そして黒い長そでに黒い長いタイツで、顔と手以外はおおわれた形、つまりイスラム女性のあの姿です。

真夏に真冬の格好で走っているようでした。最初は前の方を走っていたのですが、結局最下位に終わりました(19人中の19位)。
1位の選手とは1分以上も差が付きましたが自己新記録だったようです。

最後にヒジャブをモコモコさせながら懸命にゴールする彼女に、会場全体からは大きな、大きな拍手が鳴りやみませんでした。

ただ、我々はここで大きな誤解をしていることが有ります。彼女のユニフォームは暑さ対策がされていること、さらにヒジャブをまとうことは女性自らの意志が強いことです。

4年前の2014大会では、イスラム圏の女子バスケットチームがヒジャブ着用を認められず、怒って帰国するということがあったようですが、今回の大会では認められたようです。

女性スポーツは進化を続けているようです。男性のレースに女性が入るのが当たり前になる時が来るのかもしれません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月30日

金 銀 花

約2週間前に夏風邪を引いてしまったのですが、やっと治ってきた気がします。ただ、まだ気温差の毎日が続き頭重などの症状も軽く有り、不安です。

Img_3432さて今回の風邪はのどの痛みから始まり咳も出るというものでしたので病院ではトローチを処方されましたが、1日の使用量が決められていることもあり、なるべく市販ののど飴で対処しようと、近くのドラックストアーで見つけたのが左のものです。

求心製薬の「金銀花のど飴」というものです。

主成分の「金銀花(キンギンカ)」というのはスイカズラの薬名です。

スイカズラにはその他にも「忍冬(ニンドウ)」という薬名も有るんですが、こちらの薬名は「スイカズラ」にあてられることが多い漢字になりますが、本来の意味からすれば「スイカズラ」は「吸い蔓」のほうが正しいようです。

さて、こののど飴は、そこのドラックストアーの一押し商品になっていたので半信半疑で買って使ったのですが、これがなかなかの優れもので、少しの咳き込みやのどのイライラに想像以上に効いたのには驚きました。

値段も300円以下というもので薬剤メーカーの商品としては手ごろだし、味も良く、中身の数もかなり入っており、お得感が有ります。

さすが薬の老舗の商品だと感心しました。無くなってから、直ぐに買い足しました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年8月29日

サン・チャイルド・・・退場

今月、8月3日(金)にJR福島駅近くの教育文化複合施設「こむこむ」入り口に高さ約6メートル(6.2m)という巨大モニュメントが展示されその除幕式の様子は県内でも大きく取り上げられました。

Photo←モニュメントはの「サン・チャイルド」。

ヘルメットを外した防護服姿の子どもが放射線不安が解消された様子を表現しているらしく、現代美術作家「ヤノベケンジさん」が平成23年(2011)10月に初公開した内の一体で、ヤノベさんが『一般財団法人ふくしま未来研究会』を通じて市に寄贈したものでした。

寄贈された福島市の木幡浩市長は、「作品を歓迎しようとしてくれる人々との出会いが、皆様に喜んでいただけるのではないか」などのかんがえから、議会や市民へにはかることなく展示したのですが、これがまずかった。

8979

続きを読む "サン・チャイルド・・・退場"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月28日

アジア大会・・・日本選手名の場内放送

現在ジャカルタを中心に開催されている、‘アジアのオリンピック’とも称される「第18回アジア競技大会」は、日本と中国のメダル争いになっていますが、やはり中国は強いです。
https://www.joc.or.jp/games/asia/2018/japan/winnerslist/

バーレーンは陸上選手の殆どがアフリカからの国籍移動者で、そのいみでも本当にオリンピックのようです。

私も興味のある競技や選手が出るところを時々視ているのですが、一昨日の男子陸上100m決勝で日本代表で決勝に1人だけ残った「山縣亮太選手」がスタートに着き場内アナウンスで紹介されたときに気が付いたのです。

場内放送は地元の言葉に次いで英語でアナウスされますが、そのときに山縣亮太選手の名前が!↓

「・・・YAMAGATA RYOTA  from JAPAN」

国際大会で耳慣れた‘名字と名前‘が逆になる日本人の名の言い方ではなく、日本国内と同じく、ちゃんと名字・名前の順でアナウスされたので「あれ!聞き間違いだったか?」と思いました。

そこで、昨日のサッカーの試合と陸上競技の場内アナウンスを集中し耳を澄ませて聞いていましたら・・・
やはり日本選手はもとより名字が有る中国や北・韓国の選手についても‘逆名前‘じゃなく、ちゃんと名字・名前という正しい順序の言い方で場内アナウスがされていました。

でも、地元メディアが作製するテレビのテロップは従来通り‘逆名’表記になっていました。

これはどういうこと?
いつからなのか?アジア大会本部が判断してなのでしょうか?それとも地元協議会の考えなのか?不明ですが、どのサイトを見ても場内アナウスのことは一切ありませんでした。

それはさておき、日本人がちゃんとした名前で紹介されるのは新鮮で気分が良いものです。
これが国際の場で常識になることを期待します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月27日

カラスアゲハが

今朝、掃出し窓を開けるとこ上がりの丸太に何やらあるのを見つけました。

Img_3427
近づくと、パタパタと羽を動かしカラスアゲハだと判りましたが、よく見るとサナギが付いていました。

続きを読む "カラスアゲハが"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月26日

えんぴつ

母が小学生のころは戦前で、鉛筆と言うのは当然に貴重品であり短くなると‘しの竹’や細い竹を挿し継ぎ足して使った物だと聞かされています。

ただ、貧乏だった私の子どものころも鉛筆は貴重品で粗末にすると叱られたものですし、そのころは粗悪品が多く売られていましたので安いのを買って失敗もしました。

そんな昔話はともかく、ある鉛筆のサイトを見たらその濃さ太さによっての使い訳が載っていました。

それによると、小学生の内でもまだ文字を覚え始めの低学年は「2B」、少し慣れたころのその上の3~4年で「B」になり、5~6年からは「HB」と鉛筆を使い分けるのが望ましいというものでした。

私の子どもの頃、そんなことなど考える人などいないし、だいたい親たちで鉛筆の種類を知る人自体がいなかったと思います。

なるほど、その通りだと感じ入りましたが、今の若い親たちはそんな気遣いまでしているんですかね?

大変だな~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2018年8月19日 - 2018年8月25日 | トップページ | 2018年9月2日 - 2018年9月8日 »