« 2018年8月26日 - 2018年9月1日 | トップページ | 2018年9月9日 - 2018年9月15日 »

2018年9月2日 - 2018年9月8日の7件の記事

2018年9月 8日

男の60代は骨折が少ない!?

自然災害や交通事故での負傷でも、重症となるの骨折でしょう。私は幸いなことに経験が無いのですが、母は2度ほどあります。

調査を仕事とする「しらべぇ」が、今回は骨折の経験につて調査した結果が発表されました。

骨折経験者の割合を全国の20~60代の男女600名を対象に行った結果全体ではこうなりました。

  • 経験がある→29.5%
  • 経験が無い→70.5%

つまり、3割の人は骨折を経験しているということになるようですが、この調査で最も注目されたのは‘男性’に限った調査結果なのです。

性で骨折経験の割合が多い年代順に並べると↓

  1. 50代 →51.7%
  2. 40代 →45.0%
  3. 30代 →35.4%
  4. 20代 →32.3%
  5. 60代 →28.0%

年代が上がると骨がもろくなるのは男女とも同じだそうですが、調査結果では50代まではその理論があっていますが、60代は20代より低い位置にあるという結果になっています。

調査したしらべぇ編集者達もどうしてこうなったか不明で驚いているそうです。

実は、その骨折率が低い年代に入る私、この調査結果がなんだかちょっと嬉しくてほくそえんでしまいました。

ただ、その上の70代の結果が無いので複雑なところでもあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 7日

また あの光景が蘇る

凄い地震災害が北海道で起こりましたが・・・・・またあの時の現実が蘇る

土台から大きく傾いた家、

崩れた石塀、

ガソリンスタンドの長い長い列、

スーパーやコンビニの空の棚、

大きくひび割れた道路

数多くの消防車両、自衛隊の車両

ひっきりなしに空を飛ぶヘリコプター

電気が来ない生活

5分から15分おきに来る震度3~4の大きな地震

したり顔でテレビに出てくる専門学者

現場の作業を邪魔する政治家やマスコミ

すべて東日本大震災に実際に自分の目で見た光景と同じ、そして国や行政の同じ対応と、マスコミの同じ放送が繰り返されています。

なにも変わらない、やはり自然災害は起きて経験しないと何も変わらないんですね。

TV  「なにが欲しいですか?」

被災者 「これから何が必要か?それはこちらが教えてほしい」

そんな中、災害対応を優先の立場から自民党総裁選の延期を訴えた石破候補を無視し、このどさくさを利用し安倍総理は大勝利とほくそ笑んでいるらしい。

それが本当なら、汚ねぇというか。さすがに‘昭和の妖怪’と称された岸信介総理の孫だと、吐き気が出るほど感心させられます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年9月 6日

医療現場で イラッ とした言動とは?

こんどは北海道で震度7の大地震、ここまで続発する大災害、それなのになぜ未だに日本政府は自然災害に特化し、各省庁を越えた権限を持つ専属省庁を設けないのでしょうか?そして、野党も強く要求しないのでしょうか?
凡人には理解できません。

結局、地方自治体職員や消防団、消防署員、そして自衛隊が現場で話し合って救助やふっ教活動をするという、臨機応変(泥縄方式)の判断に頼る結果になっている気がします。

実に、遅れた‘先進国’であります。

そんななかで、災害ではまず忙しくなるのは負傷者を請け負う医療関係者でしょう。その医療関係者への興味深いアンケートが発表されていました。

  • 患者にイラットしたことがあるか?
    「ある」と答えた医療関係者=77
  • 自身が患者として、医療関係者にイラっとしたことがあるか?
    「ある」と答えた医療関係者=86

この数値を見ると、医療現場の違った意味でも大変さが解かる気がしました。

続きを読む "医療現場で イラッ とした言動とは?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 5日

一過

我が屋では、一晩中の大雨と、一時的な突風が吹き屋根が不気味な音を立てましたが、21号の被害は無かった・・ようです。

関西の被害は凄いですね。台風被害で火災が頻発するというのを始めてみた気がします。都会ならではの被災結果なのでしょうね。

それにしても、東日本震災から、熊本震災、中国四国豪雨など等々など続発する自然災害による保険や共済金の支払いは膨大になっているはずですが(?)、

この先、支払いが過剰で倒産する保険会社などは出ないのでしょうか?きょうの台風の映像を視ながら、心配がわき出てしまいました。

そしてこういう自然災害で判ることが有ります。それは自分が欠けていた保険や共済の‘補償範囲’です。

住宅の場合は多くの人が「火災保険・共済」だと思いますが、これでは自然災害の補償が無いのがほとんどです。
被災した時、我が家では「建物‘総合’共済」だったので助かりましたが、一部は「火災」だけだったので保証されなかった経験をしました。

国や自治体の自然災害に対する保証は「無し」と思っていて正解です。こういう時をきっかけに自宅の保険や共済の確認をするべきでしょう。

それよりも早朝の地震は久しぶりにでかかったな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 4日

チェービー・JEBItyphoon台風21

台風21号こと『チェービー』(JEBI)が接近、午後4時を過ぎたあたりから空の分厚い雲は川のように流れ、山の裏からは風音が地鳴りのように聞こえ始めました。

夜中に風が強くなるようですが、眠れない夜にならないことを願いたいです。

屋根がまたやられないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 3日

地蔵盆

きょうは旧暦では7月24日になります。

つまり「地蔵盆」というもので、昔なら7月7日の七夕から始まる、長い長いお盆が終わる日だった地域もあった日になります。

つまり、本格的に秋になっていくころと言うことでしょう。

そう言えば夕方から夜にかけての外はカエルの声から、虫の音に変りました。

またまた、服装に迷う季節です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 2日

ついに来襲か?

今年は何度も台風被害を警戒する防災無線がなされた村でしたが、幸いなことにその被害は殆ど無くて済みました。

しかし、今度の台風は起きそうです。すでに稲穂が重くなり始めた田んぼの稲が強風で倒れる可能性が非常に高くなっています。
気になるのは、伊勢湾台風とよく似ているという点です

「今度はのめっつお」(こんどは(稲)が前のめりにベタ~っと倒れるぞ)

という言葉がきょうの集会(飲み会)での挨拶代りとなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年8月26日 - 2018年9月1日 | トップページ | 2018年9月9日 - 2018年9月15日 »