« 省庁の次のごまかしは何だろう? | トップページ | 初詣の大惨事 VS 皇太子妃報道 »

2019年1月30日

何を言っているのか? 総理

国会が始まり、代表質問が行われています。

昨日の安倍総理に対し立憲民主党の風間直樹氏の↓

「2014年3月の予算委員会などで首相が‘毎月勤労統計’を基にアベノミクスの成果を主張していた」
「アベノミクスの成果が在ったという根拠は崩れた」

という質問と指摘を受けての総理答弁↓に呆れてしまった。

「今回の再集計により下方修正となった2018年の(名目賃金の)伸び率の数値のみを示して成果だと強調したことはない」

今回の不正統計が判ったのは「2004年~2018年」です。

つまり過去10年以上にさかのぼっても全て伸び率が誤ったもので、2018年がどうのこうのどころか、どの年のを参照にしても安倍政権が示した数値は不正確ということです。

そんなこと、素人でも判ること、最近の安倍総理の発言は支離滅裂なことが多く、腹がたつより呆れや不安ばかりです。

最高指揮官である総理が、自衛隊に「火器レーダーを韓国軍に照射返せ」などと言い出しかねない気がして、心配になってきました。

|

« 省庁の次のごまかしは何だろう? | トップページ | 初詣の大惨事 VS 皇太子妃報道 »

コメント

公明が見限るのが一番だが山口氏では無理?、でしょうね。

投稿: ましま | 2019年1月31日 10:45

ましまさんへ

山口氏、わたしにはなんとも胡散臭く感じる人物です

投稿: 玉井人ひろた | 2019年1月31日 13:43

代表質問は、形式的で嫌いです。
広く浅くではなく、もっと突っ込んで質問できないのでしょうかね~

投稿: もうぞう | 2019年2月 2日 19:01

もうぞうさんへ

そういうのは委員会でしかやらないですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年2月 3日 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何を言っているのか? 総理:

« 省庁の次のごまかしは何だろう? | トップページ | 初詣の大惨事 VS 皇太子妃報道 »