« 法衣交通違反の問題が・・・ | トップページ | 何を言っているのか? 総理 »

2019年1月29日

省庁の次のごまかしは何だろう?

厚生労働省は、毎月勤労統計の手抜き調査をしていた問題で、分からなくなっていた2004~11年分の調査データにつて、補正作業に必要なデータ再集計を断念する方針を固めたらしいですね。

不明のデータは一部報道では廃棄などしたとしていますが、再度探したが見つからなかったようで、この期間に関しては他の資料などで推計できるかどうか検討するようです。

実は、この時期に妻は務めていた会社が倒産し雇用保険を受け取っていた、まさに不適切な受給をしていた当人になるわけで、他人事ではないのです。

このころと言うのは消えた年金問題関連で大騒ぎし、結果として総理退任と言う形で安倍政権は総退陣になりました。

またもや安倍政権は、厚労省関連で窮地に陥った感があります。安倍総理には厚労省は鬼門なのでしょうか?。

エイズ問題、年金問題、改ざん問題、勤労統計問題(他の省でも発覚)、大蔵省の名を変えただけで不始末を隠してしまった財務省、次はなんだろう。

それでも天下りなどして多額の税金関連金銭をいただける人々上級公務員には「背任罪」が適用されにくいのはなぜでしょう?

やはり「親方日の丸」の考えが根底に流れる日本国民が悪いのかな。

|

« 法衣交通違反の問題が・・・ | トップページ | 何を言っているのか? 総理 »

コメント

こんにちは♪
肝心のところがちゃんとお仕事していないなんて!
どういうことでしょう。
そしていつもうやむやにしてしまう。
私は去年~一昨年か、年金少なく払っていたと通知あり
手続きして不足分振り込まれ、
後でしっかり課税されていました!

玉井人ひろた さんの奥様の件はどうなるんでしょうね。

投稿: マコ | 2019年1月29日 10:14

マコさんへ

それって、年金機構のミスじゃないのですか?

投稿: 玉井人ひろた | 2019年1月29日 17:24

大久保利通は内務省の統計調査と国民の福祉については天皇の責任に帰すとしました。背任罪どころか国家反逆罪です。

投稿: ましま | 2019年1月29日 20:50

勤労統計の意図的ともいえる組織的な誤集計。
今に始まったことでないこの隠ぺい、欺瞞、
政府がこわれている、政府の形をなしていない。
それでいて、年金受給額4万3千円の人は
国防費に同じ額を払っている。
こんな政府を選んでいる人たちはどんな人たち
かと疑りたくなります。

投稿: へこきあねさ | 2019年1月29日 21:05

ましまさんへ

都合の悪い事は天皇に押し付けた事例ですね


へこきあねささんへ

むしろ、選挙に参加しなかった50%以上も有権者の方々に責任が有る気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2019年1月30日 08:33

言うべきことも見つかりません。
このような人たちが国を動かしていたのかと思うとね。

投稿: もうぞう | 2019年2月 1日 19:46

もうぞうさんへ

頭は使うが体を動かすのを避ける人々の集まりと言うことでしょうか。
親方日の丸日本国でしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2019年2月 2日 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 省庁の次のごまかしは何だろう?:

« 法衣交通違反の問題が・・・ | トップページ | 何を言っているのか? 総理 »