« NHK大失態放送・元号が見えない | トップページ | スーツの袖からシャツを出す意味 »

2019年4月 3日 (水)

まだ続くんだよ{平成}

年度が変ったので、今年度のゴミの収集予定表を知るべく我が村が所属する安達地方広域行政組合のサイトのアクセスし、収集・休日の予定表を確認しました。

今年は新天皇が即位するため5月などの祝日が増え、祝日収集の日が増えたりと、ちょっと日程が多様になっていました。ここで気になったのが公文書の‘年度名’です。

組合のは↓のようになっていました。

  • 平成31年度 ごみ収集・・・・予定表
    平成31年4月1日~平成32年31日

来月の5月1日からは新年号の「令和」にはなりますが、省庁や都道府県市町村での公文書の年号の扱いに関しては、どこも平成31年度のままで替えない方針のところがほとんどのようですから、結局のところ「平成」の年号は来年まで生きることになるようです。

なんだか、大騒ぎしていることが滑稽に見えてきました

|

« NHK大失態放送・元号が見えない | トップページ | スーツの袖からシャツを出す意味 »

コメント

ちょっと面倒ですね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2019年4月 4日 (木) 11:08

吉田かっちゃんへ

そうですね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年4月 4日 (木) 18:44

だんだんと西暦の使用が多くなって行くことでしょう。
ちなみに運転免許証の期限は、今月はまだ平成で来月から令和になるようですね。
もちろん西暦とダブル表記ですが。

投稿: もうぞう | 2019年4月 4日 (木) 19:12

もうぞうさんへ

わたしは平成35年が更新日ですから、そのころは令和に慣れきっていることでしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2019年4月 4日 (木) 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK大失態放送・元号が見えない | トップページ | スーツの袖からシャツを出す意味 »