« 高齢者のトラブル | トップページ | 「誤審」は伝染するのか? »

2019年5月24日

韓国政府が最も恐れるもの・・・

2014年に韓国沖で起き、大勢の高校生らが犠牲になった旅客船「セウォル号」の沈没事故は未だ記憶に新しい海難事故でしょう。

この事故では救助法などで韓国政府や朴前大統領が激しい批判の嵐を浴びたことも、記憶に残っていることですが、その後のほうがもっとすごかったのです。
特に、邦人犠牲者が出ないと報道しない日本のマスメディアでは扱われていませんが、現在の文政権になってからの朴政権下での国策捜査への厳しさは激しかったようで現在も続いているようです。

あの事故での国内世論の政府攻撃は激しく、その凄さに危機感を覚えた国軍機務司令部は韓国軍の捜査・情報機関では、あろうことか犠牲者の遺族の身辺調査を断行し「反政府思考の持ち主」を選別して、軍部による何らかの処置をする計画が練られていたというのです。

その犠牲者遺族に対する違法な調査を指示した疑いで検察の取り調べを受けていた元国軍機務司令官の李載壽(イ・ジェス)という人物は2018年12月に飛び降り自殺したそうです。

さらに朴槿恵(パク・クネ)前政権下で朴氏の辞任を求めたデモ隊を弾圧するため、軍では『戒厳令の布告』を準備していた証拠が最近判明したということが一昨日のBS国際報道で韓国のテレビ局が放送していました。

韓国人のパワーと言うのは凄いことは知っていますが、その韓国人パワーでのクーデター、国内の反乱を何より熟知し恐れおののいているのが韓国政府(政治家)と言うことなのでしょう。
それゆえに、前任者の罪を異常なほど追究したり、反日を口にし、国民の目を現政権からなんとかそらそうとするのが、韓国大統領の常識となっているんだと思います。

この負の連鎖、いつか壊す大統領が出現するのでしょうか?

ただ、もし出現したとして日本には良い人となる可能性は高くない気がしますし、同時に日本人にもそのパワーが欲しい時なのかもしれません

 

|

« 高齢者のトラブル | トップページ | 「誤審」は伝染するのか? »

コメント

超一流のジャーナリスト並の論文?
すごいな~
北も不思議な国ですが、南も理解不能な国です。
日本から言い寄って仲良くしたいとは、思いませんね。

投稿: もうぞう | 2019年5月25日 07:13

もうぞうさんへ

同じ民族ですからね。同じ考えなのでしょうが、日本文化も根強くあると思いますので、より複雑になっているのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2019年5月25日 07:49

北朝鮮には「過剰なほどの」自負心がある。韓国にはそれがない。考えれば気の毒な国です。

投稿: ましま | 2019年5月25日 10:51

ましまさんへ

なるほど、そう言う見方もできますね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年5月25日 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者のトラブル | トップページ | 「誤審」は伝染するのか? »