« マイケル・ジャクソン | トップページ | ジビエ »

2019年6月26日

こわい

昨日、6月25日放送のNHKテレビ小説「なつぞら」の放送内容は、ヒロインと一緒に北海道から東京に来て菓子職人になる修行していた小畑雪次郎が、役者になるとして修行先を飛び出したことを聞きつけた北海道の家族が上京して夏のところへやってきたシーンから始まりました。

夏が間借りするおでん屋の前での会話で、雪次郎の祖母の小畑とよ役の高畑淳子さんが次のようなセリフを言いました。

「なっちゃん、どっか座るところはないかね? もう‘こわい、こわい’・・・は~ぁ」

この「こわい」ということば、私も普通に使う言葉なので判りましたが、全国で視聴している人々でどのくらいの人が解かったろうか?と思って視ていました。

以前にも記したことが有りますが、「こわい」には二つの漢字が有ります(広辞苑参照)。

  1. 怖い・恐い(こわい)
    一般的に使われる「恐ろしい」という意味
  2. 強い(こわい)
    ごわごわしている。硬い。険しい。手ごわい。疲れる。骨が折れるという意味
    もち米を使う「さんさいおこわ」などの文字は「山菜お強」と言う風に「強い」を使う言葉である。

つまり、我が地域や山形等で使う「こわい」は「強い」のほうで、つらいなどの意味になり転じて「しんどい。疲れた」という意味です。

♪とうりゃんせ、とうりゃんせ・・・・行きはよいよい、帰りは強い・・・♪

この童謡の場合の「こわい」も「強い」です。

つまり、小畑とよばあちゃんは「疲れて、座りたかった」という意味で使用されたのですが、たぶん東京の人などは「東京は怖いところなんだ」というふうに誤解したことでしょうね。

 

|

« マイケル・ジャクソン | トップページ | ジビエ »

コメント

「こわもて」は強面、怖面、両方とも使うようですね

投稿: ましま | 2019年6月26日 18:24

ましまさんへ

それも、強でしたね。

投稿: 玉井人ひろた | 2019年6月26日 21:11

こんばんは、玉井人ひろたさん。
こわい は、怖いと、強いがあるのですねーー。
とうりゃんせ~~の~こわいは、疲れた と
言う意味なんですね~~。
知りませんでした。
勉強になりました。

投稿: 浜辺の月 | 2019年6月26日 21:51

「こわい」に「強い」の意味があるのを知りませんでした。「いきはよいよい、かえりはこわい」のこわいが強いだとは知りませんでした。童謡はひらがなですものね。勉強になりました。

投稿: 吉田かっちゃん | 2019年6月27日 11:09

浜辺の月さんへ

とうりゃんせ、の詩が誤解され恐ろしい歌になっていると言われるたびに残念ですし、苦笑しています


吉田かっちゃんへ

以前にも何度かここにアップしているのですが、知られていないようですね

投稿: 玉井人ひろた | 2019年6月27日 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイケル・ジャクソン | トップページ | ジビエ »