« ダブルのブラウザ | トップページ | 偶然の独立記念日 »

2019年7月 3日

カナチョロ

私の地域では「カナヘビ(愛蛇)」のことを「カナチョロ」と呼ぶのが一般的です。チョロチョロとすばしっこく動く様子は、ぴったりの名称だと私は思っています。

さて、今朝、我が家の玄関先のツツジにじっとしているそれを見つけて撮影しました↓
Img_3575

腹が太くたぶん産卵期のカナヘビのメスだと思ったのですが・・・

あちこち検索しているうちに、尾の長さから「これは、もしかすると『ニホントカゲ(日本蜥蜴)』ではないか?」という思いが沸々とわいてきたのです。

さて、これは「ニホンカナヘビ」or「ニホントカゲ」・・・はて、どっちなんだべが?

|

« ダブルのブラウザ | トップページ | 偶然の独立記念日 »

コメント

良く撮れましたね。すぐどこかに消えますからね。
さて、カナヘビかトカゲかは、さっぱり区別がつきません。

投稿: もうぞう | 2019年7月 4日 07:03

もうぞうさんへ

実は、かなり面前にカメラを置いたのですが、動かなかったのです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年7月 4日 07:22

ウェブの写真などを参考にしてカナヘビに一票。
わが家の庭先にもこれと同じものが沢山生息しています。

投稿: koji | 2019年7月 4日 09:30

kojiさんへ

尻尾は長いようですよね。それに光沢がないのもカナヘビの特徴だと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2019年7月 4日 10:46

「カナヘビ」初めて知りました。全部「トカゲ」かと思ってました。勉強になります。

投稿: 吉田勝也 | 2019年7月 4日 11:00

吉田かっちゃんへ

「愛らしい蛇」で「カナヘビ(愛蛇)」なんだそうです

投稿: 玉井人ひろた | 2019年7月 4日 16:16

この子はカナヘビですね、間違いありません。
トカゲはツルピカズングリとした感じです。
ご存知のように、鳥や猫などに襲われると、
どちらも尻尾切りをして逃げますので、時には
尻尾が短いカナヘビに会うこともあります。

そう言われてみれば、ちょっと尻尾の色が違うような?
生え替りの途中だったのかもしれませんね。

投稿: 山桜 | 2019年7月 6日 21:19

山桜さんへ

生え変わり、も考慮に入れれば迷わなかったかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2019年7月 7日 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダブルのブラウザ | トップページ | 偶然の独立記念日 »